性病(性感染症)

性病・性感染症とは?

1. 性病・性感染症とは?

性病・性感染病(STD)は、「性的接触において感染する症状」のことを指します。性器の接触のみならず、肛門性交並びに口腔における性行為も含まれます

最近では非常に身近になってきている症状で、ほとんどの感染症は初期に症状が目に見えてあらわれることが少なく、忘れかけた頃にあらわれる症状が多いのも一つの特徴です

性的行為による感染症は、細菌性・真菌性・ウィルス性・原虫・寄生虫などのカテゴリーに分ける事ができますが、その種類は30種類以上にものぼります。

細菌性では、クラジミア・淋病真性細菌性には梅毒ウィルス性では尖圭コンジローマ・性器ヘルペス・HIV(AIDS)原虫ではトリコモナス症などが一般的に知られている症状です。

その他にも、B型肝炎・C型肝炎なども性行為によって感染する症状です。

 

性器に悪臭を感じる、性器の臭いがいつもと違う、性器から嫌な臭いがする、他人にも異臭がバレそうで不安なくらい臭いがする方などは、何かしらの性病に感染しているかもしれません。

一般細菌をのぞいた性病は自然治癒することがないため、早めの処置が必要となります。

性感染症は性行為のみならずタオルやコップの使い回しでも感染経路となる場合があります

2. 性病・性感染症の種類と対策

1) 淋病

細菌性で、潜伏期間は2日から7日ほどです。「淋菌(ナイセリア・ゴノレア)」の感染によって発症します。免疫ができる感染症ではないため、一度感染しても再感染をする可能性があります。

排尿痛・性器の腫れ・膿のような分泌物などの症状があらわれます。放っておくと、女性ならば卵管炎や腹膜炎さらには不妊症の原因となり、男性であれば精巣上体炎などの症状に進行してしまう場合があります。淋菌を持っているパートナーからのオーラルセックスでも感染します。

淋病は放置すると菌が体内の奥の方まで行き渡り、どんどん症状が悪化する「自然治癒」することがない症状です。淋菌は、気温の変化や乾燥などでは生き延びることができない繊細な菌でもあります。これにより、一時的に自覚症状がなくなったのを「自然治癒」と判断するのは危険です。病原菌は死滅せず、潜伏している可能性があるので、疑う症状がある場合は放置せずに受診しましょう。

抗生物質を服用する事で治療することができます。一般的に治療期間は2週間から3週間とされています。

 

2) クラジミア

細菌性で潜伏期間は約1週間〜3週間です。「クラジミア・トラコマティス」という細菌によって感染します。

クラジミアは症状がほとんどあらわれず、感染に気づかないことがよくある症状の一つです。尿道炎・性器から膿のような分泌物・性交時の出血・下腹部の痛み・排尿痛などの症状があり、女性であればおりものの増加、不正出血などがよく見られ、男性であれば精巣上体の腫れなどが見られることがあります。

空気感染はせず、性行為によって感染する性病ですが、感染経路に心当たりがないといった人もたまにいます。

クラジミアには「咽頭クラミジア」といって、喉に感染する場合もあります。この場合は、オーラルセックスやディープキスなどが感染経路になっている可能性があります。

クラジミアは喉からの感染もよくみられ、風邪と似たような症状を引き起こします。

抗生物質の服用で治療していきます。

 

3) 尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウィルス」のウィルス性の性病で、潜伏期間は3週間から8ヶ月ととても長いのが特徴です。

ポツポツと先の尖ったいぼが現れ、どんどん巨大化してカリフラワーのようないぼに変形していきます。いぼは硬めで、かゆみや痛みがなく、ウィルスに感染したからといって、必ずしも症状があらわれるとは言い難い性感染症で、肛門内や膣内に症状が現れた場合は、気づかないまま症状が進行してしまいます。症状に気づかずに放置してしまい、いぼがかなり大きくなってから受診される人もいます。

正確には、良性型のものは「尖圭コンジローマ」、悪性型のものは子宮頸がんの原因とされていますが、 尖圭コンジローマから子宮頸がんに進行することはありません。

ワクチンでも予防できますが、軟膏で治療をしていきます。

いぼが大きい場合はレーザー治療によっていぼを切り取ってから、軟膏で治療していきます。

 

4) 梅毒

真性細菌性で潜伏期間は約3週間です。「梅毒トレポネーマ」の感染によって発症します。

梅毒においては、治療薬が開発されるまでは、不治の病とされていた症状でもあります。初期症状として、感染部分に小豆ほどの固いしこりが現れます。病変部に痛みはなく、梅毒だと気づかない場合もあります。一度このような初期段階の症状が消滅した後に、中期症状が現れます。

中期症状を「第2梅毒期」と呼び、初期の頃より症状が少し重くなっていきます。発疹・脱毛・膿などが広範囲にみられます。この頃には「丘疹性梅毒疹」「梅毒性乾癬」「梅毒性バラ疹」「扁平コンジローマ」などの症状が現れてきます。

中期症状に治療を行わなかった場合には、3ヶ月から3年に渡って再発を繰り返しながら、自然消滅していきます。現代ではあまりみられませんが、この期間を通過してしまうと、末期症状へと進行していきます。

末期症状では「ゴム腫」と呼ばれる、梅毒特有の症状が現れ、鼻が陥没し鼻がなくなったように見えてしまいます。感染10年目を経過した頃より、脳や神経が犯され最終的には死に至る怖い症状です。

現代医学では初期段階で発見でき、早めの治療によって改善できる症状です。ペニシリン系のお薬で対応していきます。

 

5) トリコモナス症

ゾウリムシのような原虫性で、潜伏期間は3日から10日とされていますが、遅い人であれば1ヶ月ほどかかる人もいます。

この原虫が膣内に入り込み炎症を起こします。性行為による感染が重ですが、下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性もあります。性行為の経験のない人や子供にも感染することがあります。

男性と比べ、女性の方が発症率が高く、性器の腫れや痒み・尿道痛・女性であればおりものの増加や悪臭、不正出血がみられます。男性の場合はほとんど症状が出なく、尿道炎の治療で発見されることもあります。

女性の膣内には、膣の粘膜細胞内にあるグリコーゲンを乳酸に代謝し、膣内に悪い菌が侵入したり繁殖したりするのを防いでくれているのですが、このトリコモナスはグリコーゲンを大好物としているので、これにより乳酸が減少し、膣内の酸性度が上昇するためそれまで繁殖が制圧されていた、菌が増えてしまいます。

潜伏期間のみで自然消滅してしまうこともありますが、潜伏期間中も感染力はあるため、潜伏期間中に無自覚のまま他の人に感染させてしまうこともあるのです。抗原虫薬で治療していきます。

 

6) 性器ヘルペス

ウィルス性で、潜伏期間は2日から10日とされています。

病原部に水ぶくれや、赤いブツブツが現れ、発熱やリンパの腫れの他、排尿痛などが起こります。明らかに病変が現れていなくても、無症状でも性器の粘膜や分泌液にウィルスが存在し、感染する場合もあります。

性病でなくてもヘルペスは発症します。

 

口唇ヘルペス

症状としては、口の周りがムズムズ、チクチクする・赤く腫れる・水ぶくれ・顎の下のリンパ筋に腫れを感じるなど、口元にウィルスが感染することで発症します

口唇ヘルペスは、最初はただのかぶれのように見え、見分けがつきにくいことがあります。そのまま放っておくと症状が進行してしまうので、疑いがあるようであれば必ず受診しましょう。

キスや頬ずりでも感染し、ペットボトルなどの飲み回しや、タオルの使い回しでも感染するため、幼児にも移行します。

一度発症してしまうと、何度も再発してしまうのが特徴です。抗ウィルス剤によってウィルスの繁殖を阻害し、症状をお改善していきます。

ヘルペスのお薬には、症状を改善させる効果はありますがヘルペスを完治させることはできません。症状が出るたびに、症状を抑えるといった治療法になります。

 

7) カンジダ

真菌性で自己感染してしまう症状なため、正確な潜伏期間はありません。

主な症状としては、カッテージチーズ状のおりもの・性器からの悪臭・ヒリヒリとした痛みなどが主な症状です。カンジダ菌は体内に常時潜伏している菌が原因なため、誰もが発症する可能性があり女性性器の症状でもよくみられる症状です。

カンジダはホルモンバランスの変化、ストレスや糖尿病、ステロイド剤使用による免疫の低下、抗生物質の使用で常在菌がバランスを崩してしまった時に大量繁殖してしまい、症状が出てきます。その他性的接触、下着の締め付けなどでも発症します。カンジダの簡単な見極め方としては、下着にヨーグルトのようなおりもの後が残るのを、一つの目安とするとわかりやすいでしょう。また、性行為時に痛みを伴うこともあり炎症を起こしてしまう場合もあります。カンジダは、女性の5人に1人は発生する身近な症状ですので、症状が現れたからといって慌てることはありませんが、やはり感染させてしまう前に対処をするべき症状でもあります。

男性においても、カンジダは発症します。男性の症状として、性器の違和感・痒みなどが目安となります。いつでも起こりやすい症状なため、カンジダとはわかりにくい場合もあります。包茎の男性は、カンジダを発症する確率が高くなります。

カンジダの症状のには、軟膏やクリーム、経口内服薬、膣錠などで対応していきます。

まとめ

一度性感染症にかかると、同じ性感染症にかかるといった方も少なくありません。

該当する薬を常備しておき、症状が現れた場合には早急に処置をし、医師の元へ受診しましょう。性感染症の場合、早めに対処をすることにより、二次感染を防ぐことができます。幼児にも感染してしまうような症状の感染症であれば、なおさら常備薬として置いておいた方が良いのかもしれません。

その他、痒くてたまらない・痛くてムズムズするなどといった場合には、ゴシゴシこすって洗ってしまわず、まずは小さな鏡などで確認しましょう。