商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

ヤスミン


¥2,630


ヤスミンはバイエル製薬が開発販売している、排卵を防止する新世代の超低用量避妊薬です。
ヤスミンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)である有効成分エチニルエストラジオールが0.03mgと黄体ホルモン(プロゲステロン)である有効成分ドロスピレノンが3mgの2つのホルモンが組み合わせられた低用量避妊用ピルです。毎日同じ時間に1錠を1回服用することで、一般的に非常に安全に妊娠を99%以上予防するとされています。
ヤスミンは子宮頸管粘液や子宮内膜に変化を引き起こし、精子が子宮に到達することをより困難にし、受精卵が子宮に付着することを防ぎます。
従来の低用量ピルよりも用量が少なく、卵胞ホルモンに加えて黄体ホルモンも含まれているために、それまでの副作用であったむくみや体重の増加などの副作用が軽減されています。

1錠あたりの最低価格: 116円(21錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
21錠1 ¥2,630 2630 円
-
+
spinner

1. ヤスミン 商品説明

ヤスミンはバイエル製薬が開発販売している、排卵(卵巣からの卵の放出)を防止する新世代の超低用量避妊薬です。
ヤスミンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)である有効成分エチニルエストラジオールが0.03mgと黄体ホルモン(プロゲステロン)である有効成分ドロスピレノンが3mgの2つのホルモンが組み合わせられた低用量避妊用ピルです。
毎日同じ時間に1錠を1回服用することで、一般的に非常に安全に妊娠を99%以上予防するとされています。
女性ホルモンは卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの2種類があり、それぞれバランスをとりながら多くなったり少なくなったりして分泌されています。
ヤスミンは子宮頸管粘液や子宮内膜に変化を引き起こし、精子が子宮に到達することをより困難にし、受精卵が子宮に付着することを防ぎます。
従来の低用量ピルよりも用量が少なく、卵胞ホルモンに加えて黄体ホルモンも含まれているために、それまでの副作用であったむくみや体重の増加などの副作用も軽減されています。

女性は月経周期の間、ピルを服用すると、卵(排卵)の放出を防ぐことによって妊娠を防ぐことができます。避妊用低用量ピルは、精液が卵子に受精することを防ぐために膣液をより厚くし、受精卵の付着を防ぐために子宮の内層を変えます。受精卵が子宮に付着しないと、そのまま体外へ放出されます。

低用量避妊用ピルは妊娠を防ぐ機能に加えて、月経の周期をより規則的にし、出血や痛みを伴う期間を減らし、卵巣嚢胞のリスクなどを低下させる効果があります。

ヤスミンはHIV、淋病、クラミジアなどの性感染症から守ることができませんので、性感染症予防のためにはコンドームなどを使用する必要があります。

医者の指示に従って、通常は毎日1回、食べ物の有無にかかわらず、ヤスミンを服用してください。

1日の中で覚えやすい時間を選び、24時間ごとに毎日同じ時間に1錠を服用してください。

夕食後または就寝前などにヤスミンを服用すると、胃の不調や吐き気を軽減させるために役立ちます。

パッケージの指示に従って最初のタブレットを見つけ、シートの最初のタブレットから服用し始め、順序に沿って取り出し服用し続けます。

1日でも服用をスキップしたり、24時間よりも多く時間の間隔が空いてしまったりすると妊娠する確率も高くなってしまいます。

ヤスミンの錠剤1パックには21錠が入っています。

2. ヤスミン 効果効能

ヤスミンに含まれている女性ホルモンはまず、子宮の入口にある粘液を濃くします。この作用により、精子が卵子に向かうことができなくなります。このメカニズムがうまくいかなかったとしても、ヤスミンは排卵を抑制する働きをもたらすので、妊娠を防止することができます。

ヤスミンを服用すると、子宮内の壁の質感が変化します。最初の2つのメカニズムがうまくいかなくても、受精卵は子宮内に埋め込まれて発達することができなくなります。

3. ヤスミン 服用方法

1)避妊のための通常の成人のヤスミンの投薬方法

– 1日に1回経口で1錠を21日間、服用してください。
21錠を服用し終えたら7日間休薬をし、次の日からまた新しいシートを服用し始めてください。

-毎日に同じ時間に服用してください。
好ましくは夕食後または就寝時に服用することが推奨されています。
できれば服用時間の誤差は6時間以内にするように心がけてください。

– 最初の1錠を生理の始まる初日に服用することが推奨されています。このように服用することで、服用1日目から避妊効果を得ることが出来ます。

– ヤスミンを生理初日以外の日から服用し始めた場合は、服用し始めてから7日間連続で服用すると、初めて避妊の効果が現れ始めます。それまではコンドームなどで避妊を正しく行うようにしてください。

– ヤスミンの服用時間を変更したい場合、12時間以内であれば時間を変更しても問題ありません。

– 詳しい服用方法は、医師または薬剤師に相談してください。

2) 服用し忘れた場合

– ヤスミンを服用し忘れてしまった場合で、48時間以内であれば、すぐに1錠を服用してください。そして、通常の決められている時間にまた1錠を服用してください。1日に2錠服用することがあるかもしれませんが、問題ありません。

– 服用後、36時間を経過すると避妊効果が確実でなくなるとされていますので、医師に相談し、他の避妊方法、コンドームなどを使用して避妊してください。

– 第1週目、または第2週目に連続してピルを2日以上服用し忘れてしまった場合は、2日間2錠を連続して服用し、残りのパックの部分は1日1錠服用するという方法があります。この場合は、服用を再開してから7日間は他の避妊方法、コンドームなどで避妊をしてください。

– 3週目にも続けて2錠のピルを連続して服用し忘れてしまった場合は、残りのパックを破棄し、同じ日に新しいパックの服用を開始してください。

– 36時間以上服用を忘れると、完全な避妊効果がなくなるとされているため、最低でも7日間は他の避妊方法、コンドームなどを使用して避妊を行ってください。

– 上記以外のケースについては、医師または薬剤師に相談してください。

4. ヤスミン 副作用

ヤスミンは従来の低用量ピルに比べると副作用が少ないと報告されています。多くの場合は副作用は軽度のものでしょう。

しかし、次のような症状が表れたり、悪化した場合は、すぐに医師にご相談ください。

1) 一般的な副作用

・乳房の痛みや圧痛
・頭痛
・むくみ
・肌荒れ
・体重増加
・重い非月経膣出血
・不規則な月経期間
・吐き気
・正常な月経出血が早期に起こり、予想以上に長く続く

2) 稀な副作用

・より長い月経
・より重い月経
・珍しい疲労や虚弱感
・嘔吐
・血栓症

5. ヤスミン 使用上の注意

1) 使用上の注意

・ ヤスミンを服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。ヤスミンには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

・授乳育児をしている場合はヤスミンを服用しないでください。

・ヤスミンは妊娠中に使用すべきではありません。あなたが妊娠していたり​​、妊娠していると思われる場合は、すぐに医師に相談してください。

・ヤスミンはカリウム濃度を上昇させる可能性があります。カリウムサプリメントまたはカリウムを含む代替品を使用する前に、医師または薬剤師に相談してください。

2) 持病のある方

以下のような症状を患っていたり、患った経験のある方はヤスミンを服用できない可能性がありますので、ヤスミンを服用する前に、医師または薬剤師に必ず相談してください。

・副腎腺の疾患
・脳卒中を起こしたことのある方
・血栓(脚、眼、肺など)
・高血圧
・異常な乳房検査結果をお持ちの方
・がん(特に子宮内膜または子宮内膜症)
・腎臓
・眼
・神経
・血管疾患
・重度の頭痛または片頭痛
・糖尿病
・心臓病
・目の皮膚(黄疸)が黄色に変化したことがある方
・原因不明の膣出血
・腎臓病
・高コレステロールまたはトリグリセリド(血液脂肪)のレベル
・うつ病、腫脹(浮腫)
・胆嚢疾患
・肥満

3) ヤスミンの併用禁忌薬および併用注意薬

ヤスミンを服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

・カリウムサプリメント
・アモキシシリン
・アスピリン
・シタロプラム
・クロナゼパム
・葉酸
・イブプロフェン
・ラミクタル(ラモトリギン)
・レクサプロ(エスシタロプラム)
・メトホルミン
・レボノルゲストレル
・ドロスピレノン、エチニルエストラジオール
・パナドール(アセトアミノフェン)
・パラセタモール(アセトアミノフェン)
・プロザック(フルオキセチン)
・スピロノラクトン
・レボチロキシン
・トラゾドン(アメル)
・アルプラゾラム
・ゾロフト(セルトラリン)

上記の他にも、ヤスミンと相互作用する可能性がある薬がありますので、現在服用しているすべての薬(市販薬、サプリメント、ハーブ薬品、漢方薬を含む)について医者に伝えてください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ヤスミン” の口コミを投稿します