商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:

タスティリア


¥1,980 ~


タスティリアは、飲みやすく携帯性に優れたODフィルムタイプのシアリス・ジェネリックです。ODフィルムとは水なしで飲めて舌上で溶かすシートタイプのお薬です。
薄いシート状になっているODフィルムは財布の中にこっそりと忍ばせて携帯することができ、水なしでも服用することができるために、いざという場面にも慌てることなく対応することが出来ます。

1錠あたりの最低価格: 166円(20mg / 30錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
20mg 30 ¥4,980 166 円
-
+
spinner
20mg 20 ¥3,480 174 円
-
+
spinner
20mg10 ¥1,980 198 円
-
+
spinner

1. タスティリア 商品説明

主要有効成分:タダラフィルの働き

タスティリアは、飲みやすく携帯性に優れたODフィルムタイプのシアリス・ジェネリックです。ODフィルムとは水なしで飲めて舌上で溶かすシートタイプのお薬です。
薄いシート状になっているODフィルムは財布の中にこっそりと忍ばせて携帯することができ、水なしでも服用することができるために、いざという場面にも慌てることなく対応することが出来ます。
シアリスは最も新しいED治療薬であり、24時間〜36時間まで続く長い効果持続時間と、副作用がでにくいところ、食事の影響を受けにくいところが特徴です。その便利さから海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれ多くの男性たちに親しまれています。2013年からは世界のED治療薬のシェアにおいて1位になった人気の商品です。日本では2007年7月から厚生労働省の認可を得て発売されるようになりました。

バイアグラは世界で最初に発売されたED治療薬であり、レビトラがその次の2番目に発売されるようになったED治療薬です。バイアグラの効果持続時間は4〜5時間とされており、レビトラの効果持続時間は5〜6時間となっています。この2種類のED治療薬と比較しするとおわかりのように、シアリスの長い効果持続時間は、服用するタイミングや効果持続時間などを気にせずに安心して性行為を行うことを可能にするために、多くの男性たちの支持を得ています。

タスティリアはPDE5阻害薬という医薬品のクラスに属するお薬です。

タスティリアは、陰茎の血管の壁を緩ませて血管を拡張させながら血流の流れを促進させることで勃起を得ることができるようにサポートします。また、勃起が萎える時に体内で放出される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を阻害し、勃起を長持ちさせることができるようにサポートします。

全てのPDE5阻害薬と同様に、タスティリアは性的刺激がない場合は勃起を起こしません。タスティリアは性的刺激を受けた時に勃起を起こすサポートをする効果をもたらします。タスティリアの効用により、男性は性行為の間に身体をコントロールしやすくなります。

タスティリアは、シアリスと同じ有効成分タダラフィルを含むジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に、あらかじめ確かめられた有効成分の効果と安全性を元に、より短い開発期間と低い費用で開発されるために、安価で提供することが可能になったお薬です。

タスティリアを製造販売しているヒーリング・ファーマ社(Healing Pharma)はインドのムンバイに本社を置いて設立された製薬会社です。

インドで開発販売されているジェネリック医薬品は、高品質で安価なことが世界中に知られており、公的医療保険制度がないためにジェネリック医薬品の需要高いアメリカや、新薬の価格に手が届かない多くの発展途上国の医療を支えている重要な資源になっています。国際的人道機関である「国境なき医師団」がインドで製造されているジェネリック医薬品を用いて救命活動を行っていることはよく知られています。

ヒーリング・ファーマ社は錠剤、カプセル、液体、粉末、軟膏、注射剤など、様々なタイプの医薬品を製造販売しています。ヒーリング・ファーマ社は、世界中の患者に安心して安全で手頃な薬を提供し、より健康的な生活を送ることができるようにサポートすることをミッションにしています。品質管理システム(QMS)を継続的に導入することにより、完成した製品がリリースされるまで厳しく製品の安定性を監視し続けています。
ヒーリング・ファーマ社は抗生物質、抗癌剤、抗真菌薬、片頭痛治療薬、血圧治療薬、皮膚炎治療薬、点耳剤、目薬やサプリメントなど幅広い分野の医薬品を製造販売し、輸出しています。

2. タスティリア 効果効能

タスティリアはPDE5阻害薬という医薬品のクラスに属するお薬です。

有効成分タダラフィルは前立腺と膀胱の筋肉をリラックスさせるため、前立腺肥大症を治療するためにも使用されます。

勃起不全の症状を改善するために、タスティリアは陰茎への血流を増加させ勃起を起こし、維持するサポートをします。タスティリアが勃起力をサポートするためには、男性が性的に興奮している必要があります。

勃起は男性が性的刺激を受け後、陰茎の細胞内で一酸化窒素の放出される時に始まります。この時、環状グアノシン一リン酸(cGMP)は、陰経の血管の拡張を引き起こし、その結果、陰経への血液の流れが増加します。この作用により、勃起を引き起こすことを可能にさせます。

男性の身体の自然な反応のプロセスにおいて、性行為が終わる頃に環状グアノシン一リン酸(cGMP)を低下させるためにホスホジエステラーゼ-5(PDE5)が放出されます。これにより、血管が収縮し血流が減少します。その結果、勃起が萎えるようになります。

ED(勃起不全)を患っている男性の多くは、何らかの理由で性行為を行っている最中にこのホスホジエステラーゼ-5(PDE5)が放出されてしまっていることがあります。

タスティリアは、ホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を阻害することで、男性が勃起を長く維持することを可能にさせます。性行為を行っている間中、陰経の血管を開いたままに保ち、陰茎への血液の流れを確実にします。

3. タスティリア 服用方法

1) 服用のタイミング

必要に応じて、性行動の少なくとも1時間〜30分前にタスティリアを1シート服用してください。
ODフィルムを服用直前に開封し、舌の上に置いて溶かして服用してください。水と一緒に服用することもできます。

タスティリアの効果持続時間は、24〜36時間まで続きます。

タスティリア(シアリス)は他の2種類のED治療薬と比較すると食事の影響を受けにくいお薬ですが、最も効果が良く表れるタイミングはやはり空腹時になります。
タスティリアは効果持続時間が長いですので、食事のおよそ2時間ほど前に服用して食事をすると、大きな影響を与えないで、良い効果を体験することが出来ます。

タスティリアを服用する前に食事をする必要がある場合は、800カロリー以下の油分が少ないあっさりとした食事をするようにしてください。

2) 服用用量

日本の医療機関で認可されているシアリスの用量は5mg、10mg、20mgになります。

シアリス(タスティリア)を必要に応じて服用する場合の一般的な開始服用用量は10mgになります。
医師はそれぞれの患者の身体の反応を確かめた上で、用量を20 mgに増やしたり、5 mgまで減らしたりすることがあります。

有効成分タダラフィルの1日の最大許容用量は20mgとなっています。

10mgを服用したい場合で、タスティリア20mgを購入した時は手で半分にちぎるなどして服用することができます。

ODフィルムタイプは、半分に切って服用することは出来ますが、残りの半分の保存が難しいタイプになっています。タスティリアを購入する際には、この点に注意して購入するようにしてください。

タスティリアを1シート服用してから次に服用するまでの間隔は24時間となっています。

3) 効果持続時間

タスティリアは服用してからおよそ30分後から効果が表れはじめ、24〜36時間後まで効果持続時間が続きます。

用量によって効果持続時間が異なり、10mgでおよそ24時間まで、20mgでおよそ36時間までとなっています。

4. タスティリア 副作用

シアリス(タスティリア)は、他の2種類のED治療薬に比べて副作用が少ないとされています。その理由として、バイアグラとレビトラの化学構造式が類似しているのに対し、有効成分タダラフィルはかなり異なる化学構造式を有しています。タダラフィルは水に溶けにくい性質を持っているためにじっくりと体に効いてくる性質を持っています。

1) 一般的な副作用

タスティリアの一般的な副作用は以下のようなものがあります。

・頭痛
・鼻づまり
・ほてり
・動悸
・目の充血
・めまい
・胸焼け
・胃のむかつき
・消化不良
・下痢
・関節痛    等

2)稀に出る重篤な副作用

・めまい
・吐き気
・しびれ
・うずき
・あご、腕、胸、または首の痛み
・勃起が4時間以上続く勃起持続症

・まれに、タスティリアは眼の視神経への血流を弱め、突然の視力低下を引き起こすことがあります。これは、高血圧、糖尿病、高コレステロール、既存の眼の問題、または心臓病を有する患者においてより起こりやすいとされています。

上記のような重篤な副作用が表れた場合、直ちに医師に助けを求めてください。

5. タスティリア 使用上の注意

1) 持病のある方

○ アレルギー体質の方

タスティリアを服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。タスティリアには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

医師が同意する場合を除き、次の条件を満たしている人はタスティリアを服用すべきではありません。

・不静脈
・狭心症
・あらゆる種類の心臓病
・高血圧
・低血圧
・過去6ヶ月以内のうっ血性心不全または脳卒中
・過去3ヶ月以内の心筋梗塞
・鎌状赤血球貧血
・多発性骨髄腫
・血友病
・白血病または他の血液疾患
・肝臓疾患
・腎臓疾患
・胃潰瘍
・色素性網膜炎
・視力の急激な低下(NAIONなど)
・陰茎の構造的変形症(ペイロニー病など)
・出血障害
・性行為をしないように告げられている健康状態にいる方

2)タスティリアの併用禁忌薬

○ 硝酸薬

タスティリアを硝酸薬と併用すると、重度の急激な血圧低下や低血圧を引き起こす可能性があります。

心臓の問題や胸痛のために硝酸薬の処方薬を服用している男性は、タスティリア(有効成分タダラフィル)を服用すべきではありません。

・ニトログリセリン
・二硝酸イソソルビド
・一硝酸イソソルビド など

○ リオシグアト(アデムパス)などグアニル酸シクラーゼ刺激剤

○ アルファ遮断薬(高血圧治療薬、排尿障害治療薬、前立肥大症治療薬)

アルファ遮断薬とタスティリアの併用は、血圧の低下または失神を招く可能性がありますので併用は避けて医師に相談してください。

・テラゾシン(商品名:バソメット錠)
・タムスロシン塩酸錠
・ドキサゾシンメシル酸塩錠
・プラゾシン(商品名:ミニプレス)
・アルフゾシン
・デュタステリド
・シロドシン(商品名:ユーリフ)

○ シアリスと同じ有効成分タダラフィルを含む、アドシルカ(Adcirca)と呼ばれる医薬品は、肺動脈性高血圧(PAH)の治療に使用されています。

アドシルカ(Adcirca)を服用している場合は、タスティリアを服用しないでください。

○ ED治療薬

タダラフィルまたは他のPDE5阻害薬を含む治療

・バイアグラ(有効成分:シルデナフィル)
・レビトラ(有効成分:バルデナフィル)
・シアリス(有効成分:タダラフィル)

3)タスティリアの併用注意薬

・アゾール抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾールなど)
・マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシンなど)
・HIVプロテアーゼ阻害薬(フォスプレナビール、リトナビルなど)
・C型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害薬

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

4)グレープフルーツとそのジュース

グレープフルーツの中に含まれているフラノクマリン酸という成分は、タスティリアの有効成分であるタダラフィルが体外に代謝されることを阻害するので、副作用が強く出ることがあります。タスティリアや他のPDE5阻害薬を服用する時はグレープフルーツやそのジュースと一緒に服用しないでください。

レビュー

レビューはまだありません。

“タスティリア” の口コミを投稿します