商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:

パキシル


¥2,700 ~


パキシルはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される、抗うつ剤になります。日本では2011年に販売が開始されたパキシルは、セロトニンを高める働きを持ち、不安や落ち込み、パニック障害、強迫性障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害などの改善効果が期待できるお薬です。

パキシルはこの「三大神経伝達物質」の中の、セロトニンに絞ってアプローチする治療薬です。セロトニンなどのこれらの物質は、役目を果たすと不要になるため、再取り込みという形で脳内で回収されていきます。パキシルはこの働きを阻止し、セロトニンの働きを強める作用があります。

このセロトニンが不足してしまうと、ストレスの影響を受けやすくなってしまったり、疲れやすくなる、寝つきが悪くなってしまいます。
この他にも、心のバランスが崩れて感情にブレーキをかけられなくなってしまったり、心のバランスが崩れて精神が不安定になってしまい、怒りっぽくなったり、不安や落ち込みを感じやすくなったり、集中力がなくなったりしやすくなります。

パキシルは効果の切れ味が良く、だらだらとだるい状態にもなりにくいとされていて、様々な不安障害に効果や適応のある治療薬です。


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
20mg 60錠 ¥4,860 81 円
-
+
spinner
20mg 30錠 ¥2,700 90 円
-
+
spinner
40mg30錠 ¥4,500 150 円
-
+
spinner

1. パキシル 商品説明

パキシルはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される、抗うつ剤になります。日本では2011年に販売が開始されたパキシルは、セロトニンを高める働きを持ち、不安や落ち込み、パニック障害、強迫性障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害などの改善効果が期待できるお薬です。

抗うつ剤はモノアミン(神経細胞と神経細胞の間を橋渡しをする物質)を調整する働きを持っており、脳内のバランスを整えます。
モノアミンへのアプローチには、3つの方法があり

  • ドパミンへのアプローチ
  • ノルアドレナリンへのアプローチ
  • セロトニンへのアプローチ

パキシルはこの「三大神経伝達物質」の中の、セロトニンに絞ってアプローチする治療薬です。セロトニンなどのこれらの物質は、役目を果たすと不要になるため、再取り込みという形で脳内で回収されていきます。パキシルはこの働きを阻止し、セロトニンの働きを強める作用があります。

気分の安定や睡眠に影響を与えるセロトニンは、脳に約5%あるといわれています。自律機能や、歩行、姿勢、眼球運動を司る神経がある脳幹にセロトニン神経があります。感情や記憶を左右する大脳に、セロトニンが伝達される事によって、不安や恐怖感が抑えられ精神が安定させられます。セロトニンは睡眠にも深く関係しており、睡眠中に分泌されたセロトニンが目覚めの良い朝を迎えてくれるともいえます。このことよりセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれています。

このセロトニンが不足してしまうと、ストレスの影響を受けやすくなってしまったり、疲れやすくなる、寝つきが悪くなってしまいます。
この他にも、心のバランスが崩れて感情にブレーキをかけられなくなってしまったり、心のバランスが崩れて精神が不安定になってしまい、怒りっぽくなったり、不安や落ち込みを感じやすくなったり、集中力がなくなったりしやすくなります。

パキシルは効果の切れ味が良く、だらだらとだるい状態にもなりにくいとされていて、様々な不安障害に効果や適応のある治療薬です。

2. パキシル 効果効能

有効成分パロキセチンの働き

有効成分パロキセチンの働きで、脳内の神経伝達をつかさどるセロトニンの働きを強めることにより、憂うつな気持ち、突然の激しい不安、強迫観念、人前での過度な緊張などの症状を改善します。
気分が晴れず落ち込んだり、悲観的になる、集中できないなど軽い症状から、うつ病のほか、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害(社交不安障害)、外傷後ストレス障害(PTSD)など様々な症状に効果をあらわします。

パキシルの服用で、脳内シナプスのセロトニン濃度を高めることが可能になり、神経伝達をよくします。これにより、鬱の症状が改善されると定義されています。

パキシルは、セロトニンに絞って効果を発揮するため他の物質への影響が少ない抗うつ剤です。その他、抗コリン作用もあり、気持ちを落ちつけ、不安症にも効果が期待できます。わずかながらノルアドレナリンの効果もあるとされています。

パキシルの主な特徴として、服用後に治療薬の効果が実感できるといわれていることから、効果の高い抗うつ剤として知られています。このため、出てしまう副作用が強くなってしまう確率も高いとされています。

*うつ病*
うつ病は気分障害の1つともされており、様々な事に対して意欲・興味の低下、食欲低下、不眠、止まらない不安や悲しみなどが主な特徴とされている精神障害ですが、これには軽度、中度、重度があり、軽い不安症や気分の浮き沈みの場合もあれば、そうでない場合もあります。

3. パキシル 服用方法

1) 服用のタイミング

食後に水またはぬるま湯で服用します。

2) 服用用量

1日1回とされていますが、症状によって異なる場合もありますので医師とご相談ください。

3) 効果持続時間

一般的に14時間から15時間とされています。

4. パキシル 副作用

パキシルの飲み始めには、セロトニンを刺激してしまうことによる副作用が認められることが多いと言われています。
これらの症状が強く出てしまった場合は、速やかに受診しましょう。

  • 吐き気
  • 眠気
  • めまい
  • 不安や興奮が強まってしまった
  • 不眠
  • 性機能障害
  • 興奮や手の痺れ
  • 筋肉のこわばり
  • 頭痛
  • 体がだるく思うように動かない
  • 黄疸

5. パキシル 使用上の注意

  • パキシルの服用は必要最小限にし、慎重に調節しながら服用してください。
  • 肝障害及び高度の腎障害のある方は、血中濃度が上昇することがあるので特に注意すること。
  • 眠気やめまいを起こすことがあります。車の運転をふくめ危険を伴う機械の操作や作業には十分注意してください。

1) 持病のある方

下記に当てはまる症状をお持ちの方は、医師と必ず相談してから服用しましょう。

  • 妊婦または妊娠を予定している方
  • 精神障害(過去に自殺念慮、自殺企図またはてんかんがあった等)
  • 以前に同じ成分が含まれた治療薬によって、アレルギー症状や発疹が出てしまった方
  • 緑内障
  • 高齢者

2)パキシル の併用禁忌薬および併用注意薬

併用禁忌薬

下記の治療薬を服用されている方のパキシルの服用は禁止されています。

  • MAO阻害剤(セレギリン塩酸塩、エフピー)
  • ピモジド(オーラップ)

併用注意薬

下記の治療薬を併用注意薬となります。医師にご相談ください。

  • セロトニン作用を有する治療薬
  • フェノチアジン系抗精神病剤
  • 三環系抗うつ剤
  • 抗不整脈剤
  • β-遮断剤
  • アトモキセチン
  • タモキシフェン
  • キニジンまたは、シメチジン
  • フェニトイン、フェノバルビタール、カルバマゼピン、リファンピシン
  • ホスアンプレナビルとリトナビルの併用時
  • ワルファリン
  • 止血・血液凝固を阻害する薬剤(非ステロイド性抗炎症剤、アスピリン、ワルファリン等)

レビュー

レビューはまだありません。

“パキシル” の口コミを投稿します