商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ: ,

マイダクラ (MyDacla)

在庫状況: 在庫切れ


¥33,349


マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)は、慢性C型肝炎ジェノタイプ1型および3型の感染の治療に用いられる直接作用性の抗ウイルス薬です。新薬は「ダクルインザ」の名称で市販されており、マイダクラは「ダクルインザ」のジェネリック医薬品になります。
マイダクラは、単独では服用することが出来ず、ソフォスビル(商品名:ソバルディ)と時にはリバビリンと併用されます。
マイダクラは、インターフェロンまたはリバビリンの同時投与を必要とせずに、ジェノタイプ1型と3型の治療において安全性および治療効果が実証された医薬品です。
有効成分ダクラタスビルはHIVウイルスに同時感染している患者に使用されることがあります。

1錠あたりの最低価格: 1,191円(60mg / 28錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
400mg28錠 ¥33,3491191 円

1. 商品説明

マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)は、慢性C型肝炎ジェノタイプ1型および3型の感染の治療に用いられる直接作用性の抗ウイルス薬です。新薬は「ダクルインザ」の名称で市販されており、マイダクラは「ダクルインザ」のジェネリック医薬品になります。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に、あらかじめ確かめられた有効成分の効果と安全性を元に、より短い開発期間と低い費用で開発されるために、安価で提供することが可能になったお薬です。

マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)は、単独では服用することが出来ず、ソフォスビル(商品名:ソバルディ)と時にはリバビリンと併用されます。
マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)は、インターフェロンまたはリバビリンの同時投与を必要とせずに、ジェノタイプ1型と3型の治療において安全性および治療効果が実証された医薬品です。
有効成分ダクラタスビルはHIVウイルスに同時感染している患者に使用されることがあります。

ソフォスビル(商品名:ソバルディ)と有効成分ダクラタスビルを服用した臨床試験では、治癒率がジェノタイプ1型では99%、ジェノタイプ2型では96%、ジェノタイプ3型では89%の高い治療率を記録しました。

2017年米国肝臓病学会(AASLD)によると、肝硬変の有無にかかわらず、60mgのダクロラタビルと400mgのソフォスビルを併用する治療方法がジェノタイプ1型の患者に推奨されています。
同じ治療方法が、肝硬変のない、或いは補償型肝硬変を有するジェノタイプ3型の患者において、使用されることが出来ます。

有効成分ダクラタスビルを含む併用療法は、HIV-1の同時感染、進行性肝硬変、またはC型肝炎ウイルスの肝臓移植後再発を有する患者に対抗するために使用することができます。

12週間の治療期間後に、持続的なウイルス学的応答(SVR12)の治癒または達成することが高い確率で成功しています。

マイラン製薬はアメリカのペンシルバニア州に本社を置く大手ジェネリック製薬会社です。日本にも支社を置き、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイスなど、たくさんの国々でグローバルな事業を展開しています。マイラン製薬は、世界で2番目に大きなジェネリック医薬品会社です。

2. 効果効能

C型肝炎はウイルスの感染によって引き起こされる肝臓病です。C型肝炎ウイルスは非常に小さな細菌であり、複製と呼ばれるプロセスによって生存します。 C型肝炎ウイルスは6つの異なるジェノタイプを有し、これも遺伝子型として知られています。

マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)は直接作用型抗ウイルス薬(DAA)です。直接作用型抗ウイルス薬は、C型肝炎ウイルスが自身のコピーを複製する能力を直接ブロックする医薬品のグループに属するお薬です。

マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)はNS5A阻害剤です。肝細胞のC型肝炎ウイルスのライフサイクルを完了するために必要なタンパク質を妨害することによって作用します。

一緒に併用して服用するソフォスビル(商品名:ソバルディ)はヌクレオチドポリメラーゼ阻害剤です。 有効成分ソフォスビルはウイルスの遺伝物質の複製を妨げ、新しいC型肝炎ウイルスの生産を停止させます。

3. 服用方法

1) 服用のタイミング

マイダクラ(有効成分ダクラタスビル)60mgはソフォスビル(商品名:ソバルディ)と組み合わせて服用しなければならず、単独では服用してはいけません。

マイダクラは通常、1日1回12週間服用します。
マイダクラは食べ物の有無にかかわらず服用できます。

毎日同じ時間にお薬を服用すれば、最良の結果が得られます。

詳しい服用方法については医師に相談して、指示に従い服用してください。

2) 服用用量

投薬量については、必ず医師の処方に従ってください。
処方された用量よりも少ないまたは多い用量を服用することは、薬剤の有効性を低下させる可能性があります。

全ての医薬品は、処方され指示された通りに治療が行われたときに最も効果的です。これは、治療が持続する全期間にわたり適切な量と適時に薬を摂取することを意味します。服用を忘れたり、または治療を中止することは、治療がうまくいく可能性が少なくなることを意味します。

突然お薬の服用を停止すると、C型肝炎を抗ウイルス薬で治療することが難しくなります。

4. 副作用

1) 一般的な副作用

マイダクラの一般的な副作用は以下のようなものがあります。

頭痛
吐き気
衰弱感
疲れ

2)稀に出る重篤な副作用

・蕁麻疹、呼吸困難、顔・唇・舌または喉の腫れなどのアレルギー反応の徴候がある場合は緊急に医療のサポートを受けてください。

・低赤血球(貧血)

・新しいまたは悪化する肝臓の症状
食欲不振、上胃の痛み、暗い色の尿、粘土色の便、皮膚や目が黄色く変化など

これらの症状が出た場合は、すぐに医師に連絡してください

5. 使用上の注意

1) 持病のある方

以下の条件に当てはまる方はマイダクラ の服用を医師と相談する必要があります。

・マイダクラはリバビリンと組み合わせて使用​​されることがあります。リバビリンは、胎児の先天異常や死を引き起こす可能性があります。

・女性の場合、妊娠している場合はリバビリンを使用しないでください。

・男性の場合、性的パートナーが妊娠している場合はリバビリンを使用しないでください。リバビリンを服用中に妊娠中の女性とセックスすると、生まれていない赤ちゃんが傷ついてしまう可能性があります。

・マイダクラをリバビリンと一緒に服用している時は、男性か女性かにかかわらず、妊娠を防ぐために少なくとも2種類の有効な避妊方法を使用してください。両親のリバビリンの使用は先天性欠損症を引き起こす可能性があります。リバビリンを最後に服用した後、少なくとも6ヶ月間、2種類の避妊薬を使用し続ける必要があります。

・授乳中の方
幼児を抱えマイダクラを服用している人は、医者に相談してください。

・マイダクラは18歳未満の方の使用は認められていません。

2)マイダクラの併用禁忌薬および併用注意薬

服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

バクトリム(スルファメトキサゾール/トリメトプリム)
バクトリムDS(スルファメトキサゾール/トリメトプリム)
ベナドリル(ジフェンヒドラミン)
カルドゥラ(ドキサゾシン)
フェンタニル経皮システム(フェンタニル)
発作薬 (カルバマゼピン、フェニトインなど)
魚油(オメガ3)
フレキセリル(シクロベンザプリン)
タムスロシン
イブプロフェン
イミトレックス(スマトリプタン)
塩化カリウム
プレバシド(ランソプラゾール)
プログラフ(タ​​クロリムス)
ラパミン(シロリムス)
テマゼパム
リバパク(リバビリン)
リバビリン
シメプレビル
シンプレ(アセトアミノフェン、クロルフェニラミン、シュードエフェドリン)
ソフォスビル
ソヴァルディ(ソフォスブビール)
リファキシミン
ゾフラン(オンダンセトロン)

上記の他にも、マイダクラ と相互作用する可能性がある薬がありますので、現在服用しているすべての薬について医者に伝えてください。

レビュー

レビューはまだありません。

“マイダクラ (MyDacla)” の口コミを投稿します