商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

ロニタブ


¥4,820


ロニタブ(有効成分ミノキシジル)は、元々は高血圧治療薬としてアメリカなどで販売されていた医薬品ですが、近年になりAGA(エージーエー)と呼ばれている「男性型脱毛症」を治療する効果があることが判明し、世界中の男性たちから注目を集めている医薬品です。
ロニタブ(有効成分ミノキシジル)はAGAの早期および中等度の段階で、毛幹の直径、毛包を刺激させ成長期を延長させることによって、発毛を促進する作用をもたらします。
ロニタブはファイザー製薬の「ロニテン」のジェネリック医薬品として開発された医薬品です。

1錠あたりの最低価格: 161円(10mg / 30錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
10mg30 ¥4,820161 円
-
+
spinner

1. 商品説明

ロニタブ(有効成分ミノキシジル)は、元々は高血圧治療薬としてアメリカなどで販売されていた医薬品ですが、近年になりAGA(エージーエー)と呼ばれている「男性型脱毛症」を治療する効果があることが判明し、世界中の男性たちから注目を集めている医薬品です。

ロニタブ(有効成分ミノキシジル)はAGAの早期および中等度の段階で、毛幹の直径、毛包を刺激させ成長期を延長させることによって、発毛を促進する作用をもたらします。

AGAとはAndrogenetic Alopecia(アンドロゲン性脱毛症)の略であり、男性および女性の両方における一般的な脱毛の形態です。男性においてこの状態は「男性型脱毛症」としても知られています。髪は、両方のこめかみの上から脱毛が始まり、徐々に髪の毛が薄くなっていきます。

男性のAGAは、冠状動脈性心疾患、前立腺肥大症、糖尿病、高血圧、肥満などを含むいくつかの他の症状と関連していることがあります。

ミノキシジルはもともと高血圧を治療することを意図して開発され、最初の臨床研究の間、経口薬として実験されていました。しかしながら、予想外の発毛作用が多くの被験者の中で観察されました。
ミノキシジルは血管を拡大するため、微小なレベルで毛包への酸素および栄養素の利用可能性を高めることができます。これらの研究の初期の結果は、なぜミノキシジルの経口投与が脱毛治療のために考慮されているのかを説明することに役立ちます。

発毛塗布薬としてのミノキシジルは日本の厚生労働省から認可が下りていますが、経口投薬としてのミノキシジルは現在日本では、脱毛治療薬としても高血圧治療薬としても承認されていません。ミノキシジルは高血圧を治療するために1980年代にアメリカなどの国々で服用されていました。

高血圧の症状を治療するために典型的な用量は1日1回5mgを服用する治療方法です。
この治療方法は副作用が出る可能性があり、めまい、低血圧、体液貯留による体重増加、高い心拍数、心拍数の異常などの症状が現れることがあります。
また、全身で育毛が起こることがあります。

そのため、5mgよりも低用量で経口ミノキシジルを服用することがより安全であり、効果も十分に表れる可能性があります。副作用が気になる場合は5mgのタブレットを半分か4分の1などにピルカッターなどを利用して切って服用するなどの方法がありますので、医師と相談し、医師の指示に従い服用するようにしてください。

経口薬のミノキシジルは、AGAを治療するためのより安全な選択肢を探すにつれ、ますます人気が高まっている医薬品です。しかし、副作用を慎重に考慮して、経験のある医師の指示の元で服用方法に注意しながら服用する必要があります。

フィナステリドやデュタステリドは脱毛抑制薬なので、発毛効果は期待できません。経口薬のミノキシジルは発毛効果がありますので、併用して服用することも推奨されています。

ロニタブはインドの製薬会社であるインタスファーマ製薬によって5mgおよび10mgの強度で製造販売されています。

インドで開発販売されているジェネリック医薬品は、高品質で安価なことが世界中に知られており、公的医療保険制度がないためにジェネリック医薬品の需要高いアメリカや、新薬の価格に手が届かない多くの発展途上国の医療を支えている重要な資源になっています。国際的人道機関である「国境なき医師団」がインドで製造されているジェネリック医薬品を用いて救命活動を行っていることはよく知られています。

2. 効果効能

長年の使用にもかかわらず、ミノキシジルが髪の成長をサポートする正確なメカニズムは完全には分かっていません。ミノキシジルは頭皮の血流を増加させ、毛包内部のイオンチャネル(カリウムチャネル)に影響を与えることによって、毛包のメカニズムに直接影響を及ぼすと考えられています。ミノキシジルは血管を広げ、カリウムチャネルを開くことにより、より多くの酸素、血液、栄養が毛包へ行き渡ることを可能にします。これにより、休止期の小胞が流出し、新しい発育期の毛がより厚くなるのではないかと考えられています。

3. 服用方法

1) 服用のタイミング

通常は1日1回1錠(または半分か4分の1錠)が服用用量ですが、投薬量については必ず医師の処方に従ってください。

ロニタブは食べ物の有無にかかわらず服用できます。
毎日同じ時間にお薬を服用すれば、最良の結果が得られます。

ロニタブを服用している間は、脈拍をチェックして心拍数を測定する必要があります。

ロニタブを服用している間、毎日体重を測定してください。急に2キロ以上太るような事がありました、医師に相談してください。

ロニタブを服用している間、血圧を頻繁にチェックする必要があります。

2) 服用用量

ロニタブを高血圧治療用に服用する場合は、5mgを1日1回服用する方法が一般的です。

発毛用に服用する場合は1日に0.25mgから2.5mgまでの範囲で服用する方法があります。5mgのタブレットを半分か4分の1などにピルカッターなどを利用して切って服用するなどの方法がありますので、医師と相談し、医師の指示に従い服用するようにしてください。

3) 効果持続時間

通常は1日1回の服用です。

場合によっては少量を1日2回に分けて服用することもありますが、服用方法については医師に相談して指示に従い服用するようにしてください。

4. 副作用

1) 一般的な副作用

ロニタブの一般的な副作用は以下のようなものがあります。

・身体または顔の毛の色、長さ、または太さの​​変化
・吐き気、嘔吐
・発疹
・胸痛    等

2)稀に出る重篤な副作用

・激しい胸痛
・顎または肩に広がる胸の痛み
・速い心拍
・足や足首の腫れ
・急速な体重の増加、
・息切れ
・気を失いそうになるような感覚
・呼吸時の痛み
・横になっている間の息切れ
・呼吸の息苦しさ
・咳
・重度の皮膚反応
・発熱
・喉の痛み
・顔や舌の腫れ
・目の炎症
・皮膚の痛み
・赤色または紫色の皮膚発疹

上記のような重篤な副作用が表れた場合、直ちに医師に助けを求めてください。

5. 使用上の注意

1) 持病のある方

ロニタブを服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。ロニタブには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

医師が同意する場合を除き、次の条件を満たしている人はロニタブを服用すべきではありません。

・褐色細胞腫(副腎の腫瘍)
・うっ血性心不全
・狭心症(胸痛)
・最近心臓発作を患った方
・腎臓病、または透析中の方
・喘息
・片頭痛
・てんかん発作または他の発作障害を有する方

2)ロニタブの併用禁忌薬および併用注意薬

アルブテロール
アロプリノール
アテノロール
炭酸カルシウム
クロニジン
クロピドグレル
グアネチジン
カルベジロール
フィナステリド
フロセミド
ヒドララジン
フロセミド
レボチロキシン
メトホルミン
メトクロプラミド
ニフェレックス
ノルバスク(アムロジピン)
ペリンドプリル
スピロノラクトン
テノーミン(アテノロール)

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ロニタブ” の口コミを投稿します