商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

レビトラ


¥7,980 ~


在庫切れです

レビトラはED治療薬の中でバイアグラに続いて世界で2番目にドイツのバイエル製薬会社より開発販売された医薬品です。バイアグラと比較すると有効成分が水に溶けやすい性質を持っているので速効性があり、食事の影響を受けにくいという特長があります。3つのED治療薬の中でも勃起の力強さでは一番という定評があります。

1錠あたりの最低価格: 1,314円(20mg / 24錠)

生産国 : トルコ

出荷国 : シンガポール


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
20mg 28 ¥36,790 1314 円
-
+
spinner
20mg 24 ¥33,600 1400 円
-
+
spinner
20mg 20 ¥32,000 1600 円
-
+
spinner
20mg 16 ¥26,640 1665 円
-
+
spinner
20mg 12 ¥19,980 1665 円
-
+
spinner
20mg 8 ¥13,680 1710 円
-
+
spinner
20mg4 ¥7,980 1995 円
-
+
spinner

1.レビトラ 商品説明

レビトラはED治療薬の中でバイアグラに続いて世界で2番目にドイツのバイエル製薬会社より開発販売された医薬品です。バイアグラと比較すると有効成分が水に溶けやすい性質を持っているので速効性があり、食事の影響を受けにくいという特長があります。3つのED治療薬の中でも勃起の力強さでは一番という定評があります。

レビトラは、有効成分バルデナフィルを含むPDE-5阻害薬という医薬品のクラスに属するED治療薬です。
バイアグラに続いて開発されたED治療薬ということだけあって、あらゆる面でバイアグラの欠点を改良したお薬です。

有効成分バルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っていますので、速効性があり、服用してからおよそ15分ほどで効果を感じ始めることができ、服用してから45分ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。
レビトラのロゴマークのマッチに点火した火のマークは、レビトラの速効性を象徴しています。

レビトラは、バイアグラに比べると食事の影響を受けにくいとされ、700キロカロリーまでのあっさりとした食事なら、食事の後に服用しても影響が少ないとされています。

レビトラの特長として、刺激に対して鈍感になるために射精までの時間が長くなり、挿入時間が長引く傾向があります。そのため、早漏の傾向がある男性はレビトラを服用することが推奨されています。

レビトラはまた、糖尿病や高コレステロール症などの生活習慣病、うつ病や脂質異常症など、他の病状が影響してEDを患っている男性に最も効果的なED治療薬として知られています。これらの病気を患っている方は、是非一度レビトラをお試しください。

2. レビトラ 効果効能

レビトラは有効成分バルデナフィルを含み、PDE-5阻害薬という医薬品のクラスに属するED治療薬です。

PDE5阻害薬は、勃起を起こし持続させるために放出される成分である環状グアノシン一リン酸(cGMP)と呼ばれる物質を分解してしまうホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を阻害し、勃起不全の症状を改善する医薬品です。 cGMPは血管を拡張する作用をもたらし、陰経の平滑筋を弛緩させて血管を広げ、より多くの血液を組織内に流すことで勃起を起こす成分です。cGMPはまた、陰茎内部の血流を増加させ、 陰茎内部の勃起組織の海綿体と呼ばれるスポンジ状の部屋を、勃起時に血液で満たすように作用します。
通常、性行為が終わる頃にホスホジエステラーゼ-5(PDE5)という酵素が放出されて環状グアノシン一リン酸(cGMP)が破壊され、勃起が萎えることになります。
EDを患っている男性の多くはこのホスホジエステラーゼ-5(PDE5)が何らかの理由により性行為を行っている最中に放出されてしまっていることがあります。PDE5阻害薬はホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を阻害することができるので、性行為を行っている間中、陰茎の血管が拡張され続け、勃起を維持することができるようにサポートします。

3. レビトラ 服用方法

1) 服用のタイミング

性行為のおよそ45分前に、レビトラを服用してください。

1日1錠以上服用しないでください。

レビトラの1日の最大許容用量は20mgであり、レビトラを1錠服用してから次に1錠服用するまで少なくとも24時間の間隔を空けて服用してください。

レビトラは食事の影響を受けにくいとされていますが、レビトラが最も効果を良く表す服用のタイミングはやはり空腹時になります。

食後に服用する場合は、700キロカロリー以下のあっさりとした食事の後で、少なくても30分ほど空けて服用してください。できれば1〜2時間ほど時間を空けると尚良いでしょう。

レビトラは吸収の速度が早いために、食事の前に服用しても良いでしょう。
その場合は、少なくても食事の30分前に服用して食事をすると、有効成分が体内に吸収された後に食事をすることになりますので問題はありません。

適度な飲酒はリラックス効果をもたらしますが、過度の飲酒は薬の効果を下げ勃起不全に繋がりますので避けましょう。

2) 服用用量

レビトラが日本の医療機関で認可されている用量は5mg、10mg、20mgになります。

レビトラの一般的な開始服用用量は5mgになります。

レビトラの20mgを購入した際には、ピルカッターなどを利用して半分か4分の1に切ってから用量を調整して服用することができます。

3) 効果持続時間

レビトラの効果持続時間は10mgで4時間ほど、20mgで8時間ほどとなっています。

4. レビトラ 副作用

1) 一般的な副作用

レビトラの一般的な副作用は以下のようなものがあります。

・頭痛
・ほてり
・鼻づまり
・鼻水
・めまい
・光に対する感受性の増加

2)稀に出る重篤な副作用

・視力のぼけ
・青と緑の色の区別の問題など、視力の変化
・重度のめまい
・失神
・胸部、顎、左腕の痛み
・吐き気

・片眼または両眼(NAION)の視力障害
・突然の聴力の低下や難聴
・耳なり
・めまい
・勃起が4時間以上持続する長期持続勃起症

これらの重大な症状が発生した場合は、レビトラの服用をやめ、医師の手当てを受けてください。

5. レビトラ 使用上の注意

1) 持病のある方

○ アレルギー体質の方

レビトラを服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。レビトラには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

以下のような症状を患っていたり、患った経験のある方は、レビトラを服用する前に、医師または薬剤師に相談してください。

○ 心臓の疾患
・過去6ヶ月以内の心臓発作
・生命を脅かす不規則な心拍
・胸痛、狭心症
・心不全など

○ 過去6ヶ月以内の腎臓病
・人口透析など

○ 肝臓病

○ 高血圧または低血圧

○ 体水分の重度な減少(脱水症状)

○ 陰茎の疾患
・陰茎湾曲
・陰茎硬化症(ペロニー病)など

○ 長期勃起症の病歴

○ 鎌状赤血球貧血

○ 白血病

○ 多発性骨髄腫

○ 眼の疾患
・色素性網膜炎
・突然の視力低下(NAIONなど)

○ 出血障害

○ 活動性胃潰瘍   など

レビトラは通常、女性には使用されていません。
女性の方はラブグラやセンフォースFMなど女性用に作られたお薬を服用することを推奨します。

2)レビトラ の併用禁忌薬および併用注意薬

服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

○ 硝酸薬

レビトラを硝酸薬と併用すると、重度の急激な血圧低下や低血圧を引き起こす可能性があります。

心臓の問題や胸痛のために硝酸薬の処方薬を服用している男性は、レビトラ(有効成分バルデナフィル)を服用すべきではありません。

・ニトログリセリン
・二硝酸イソソルビド
・一硝酸イソソルビド など

○ リオシグアト(アデムパス)などグアニル酸シクラーゼ刺激剤

○ アルファ遮断薬(高血圧治療薬、排尿障害治療薬、前立肥大症治療薬)

アルファ遮断薬とレビトラの併用は、血圧の低下または失神を招く可能性がありますので併用は避けて医師に相談してください。

・テラゾシン(商品名:バソメット錠)
・タムスロシン塩酸錠
・ドキサゾシンメシル酸塩錠
・プラゾシン(商品名:ミニプレス)
・アルフゾシン
・デュタステリド
・シロドシン(商品名:ユーリフ) 等

○ ED治療薬

バルデナフィルまたは他のPDE5阻害薬を含む治療薬

・バイアグラ(有効成分:シルデナフィル)
・レビトラのジェネリック医薬品(有効成分:バルデナフィル)
・シアリス(有効成分:タダラフィル)

○ アゾール抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾールなど)

○ マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシンなど)

○ HIVプロテアーゼ阻害薬(フォスプレナビール、リトナビルなど)

○ C型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害薬

○ 不静脈治療薬

・アミオダロン
・プロカインアミド
・キニジン
・ソタロール     など

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

3)グレープフルーツとそのジュースを避ける

グレープフルーツの中に含まれているフラノクマリン酸という成分は、レビトラの有効成分であるバルデナフィルが体外に代謝されることを阻害するので、副作用が強く出ることがあります。レビトラや他のPDE5阻害薬を服用する時はグレープフルーツとそのジュースを一緒に食べないでください。

レビュー

レビューはまだありません。

“レビトラ” の口コミを投稿します