商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ: , ,

ヘプシナットLP


¥87,800


ヘプシナットLPは新型のC型肝炎治療薬である「ハーボニー」の ジェネリック医薬品です。
「ハーボニー」は、日本のC型肝炎の70〜80%と大多数を占めるジェノタイプ1型のC型肝炎を12週間の治療期間で100%治療することができたことが確認された、画期的な新型のC型肝炎治療薬です。
長年にわたり、C型肝炎を治療するためには重篤な副作用を伴い、常に治療されるとは限らないインターフェロンやリバビリンのような薬物しかありませんでした。新しいタイプのC型肝炎治療薬である「ハーボニー」は「直接作用型抗ウイルス剤」(DAA)と呼ばれる新薬であり、C型肝炎ウイルスを直接攻撃してウイルスの複製を防止することができます。
「ハーボニー」のジェネリック医薬品であるヘプシナットLPはこれまでに高額なために「ハーボニー」を服用することが出来ない患者の方のために、はるかに安価で提供されています。

1錠あたりの最低価格: 3,136円(28錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
数量 価格 1錠あたり数量
28錠 ¥87,8003136 円
-
+
spinner

1. 商品説明

ヘプシナットLPは新型のC型肝炎治療薬である「ハーボニー」の ジェネリック医薬品です。
「ハーボニー」は、日本のC型肝炎の70〜80%と大多数を占めるジェノタイプ1型のC型肝炎を12週間の治療期間で100%治療することができたことが確認された、画期的な新型のC型肝炎治療薬です。
長年にわたり、C型肝炎を治療するためには重篤な副作用を伴い、常に治療されるとは限らないインターフェロンやリバビリンのような薬物しかありませんでした。新しいタイプのC型肝炎治療薬である「ハーボニー」は「直接作用型抗ウイルス剤」(DAA)と呼ばれる新薬であり、C型肝炎ウイルスを直接攻撃してウイルスの複製を防止することができます。
「ハーボニー」のジェネリック医薬品であるヘプシナットLPはこれまでに高額なために「ハーボニー」を服用することが出来ない患者の方のために、はるかに安価で提供されています。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に、あらかじめ確かめられた有効成分の効果と安全性を元に、より短い開発期間と低い費用で開発されるために、安価で提供することが可能になったお薬です。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)は、有効成分レジパスビルと有効成分ソホスビルが含まれている配合錠です。
ソホスビルは核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬であり、レジパスビルはNS5A阻害剤です。
これらの薬物は、C型肝炎ウイルス(HCV)の増殖に必要なタンパク質の作用を妨害することによってC型肝炎ウイルス(HCV)の増殖を防ぎます。
ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)は、ジェノタイプ1、2、4、5、6を有する人々を治療するために使用されます。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)はインターフェロンおよびリバビリンを併用せずに治療を行うことができる、新しいタイプの治療薬です。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)は、食物の有無にかかわらず、1日1回服用する経口錠剤です。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)を服用する典型的な治療コースは12週間かかり、肝硬変を患っている患者へは、治療が24週間続くことがあります。医師の診断により8週間の治療コースが適切だと判断される場合もあります。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)を服用している間も、別の人にC型肝炎ウイルスを感染させることができるので注意が必要です。医師は、ウイルスが排除されたかどうかを判断するために、治療中に頻繁な血液検査を命じることがあります。

ヘプシナットLPは高品質のジェネリック医薬品を製造することで定評のあるNatco製薬が製造販売しています。Natco製薬は1981年にインドのハイデラバードに設立されて以来、急成長を遂げている製薬会社です。Natco製薬は特に高品質なジェネリック医薬品を製造していることで知られており、アメリカやヨーロッパ諸国など、世界40カ国以上に製品を輸出販売しているグローバル製薬会社です。

インドで開発販売されているジェネリック医薬品は、高品質で安価なことが世界中に知られており、公的医療保険制度がないためにジェネリック医薬品の需要高いアメリカや、新薬の価格に手が届かない多くの発展途上国の医療を支えている重要な資源になっています。国際的人道機関である「国境なき医師団」がインドで製造されているジェネリック医薬品を用いて救命活動を行っていることはよく知られています。

2. 効果効能

C型肝炎はウイルスの感染によって引き起こされる肝臓病です。C型肝炎ウイルスは非常に小さな細菌であり、複製と呼ばれるプロセスによって生存します。 C型肝炎ウイルスは6つの異なるジェノタイプを有し、これも遺伝子型として知られています。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)は直接作用型抗ウイルス薬(DAA)です。直接作用型抗ウイルス薬は、C型肝炎ウイルスが自身のコピーを複製する能力を直接ブロックする医薬品のグループに属するお薬です。

ヘプシナットLP( ハーボニー・ジェネリック)は2つの直接作用型抗ウイルス薬を組み合わせた配合錠です。 1つはヌクレオチドポリメラーゼ阻害剤である有効成分ソフォスビルであり、もう1つはNS5A阻害剤である有効成分レジパスビルです。 有効成分ソフォスビルはウイルスの遺伝物質の複製を妨げ、新しいC型肝炎ウイルスの生産を停止させます。 有効成分レジパスビルは、肝細胞のC型肝炎ウイルスのライフサイクルを完了するために必要なタンパク質を妨害することによって作用します。

3. 服用方法

1) 服用のタイミング

ヘプシナットLP は1日1回、1錠を服用します。
ヘプシナットLP は食べ物の有無にかかわらず服用できます。
特定のウイルス遺伝子型または肝臓損傷のレベルを有する人々は、リバビリンと併用してヘプシナットLP を服用することがあります。

毎日同じ時間にお薬を服用すれば、最良の結果が得られます。

2) 服用用量

投薬量については、必ず医師の処方に従ってください。
処方された用量よりも少ないまたは多い用量を服用することは、薬剤の有効性を低下させる可能性があります。

全ての医薬品は、処方され指示された通りに治療が行われたときに最も効果的です。これは、治療が持続する全期間にわたり適切な量と適時に薬を摂取することを意味します。服用を忘れたり、または治療を中止することは、治療がうまくいく可能性が少なくなることを意味します。

突然お薬の服用を停止すると、C型肝炎を抗ウイルス薬で治療することが難しくなります。

ヘプシナットLP の服用が決められた時間に間に合わなかった場合は、18時間以内であればできるだけ早く1錠を服用してください。18時間以降であれば、通常の服用時間を待って1錠を服用してください。1度に2錠は決して服用しないでください。

処方箋と指示に従って服用を続けられないことが判明した場合は、すぐに医師に相談してください。

4. 副作用

ヘプシナットLP の最も一般的な副作用は次のとおりです。

疲労
頭痛
吐き気

ほとんどの場合、これらの副作用は軽度または中程度です。

5. 使用上の注意

1) 使用上の注意

以下の条件に当てはまる方はヘプシナットLP の服用を医師と相談する必要があります。

・ ヘプシナットLP を服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。バイアグラには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

・授乳中の方
幼児を抱えヘプシナットLP を服用している人は、授乳をしてはいけません。

・B型肝炎
C型肝炎とB型肝炎を患っていてB型肝炎の治療を受けていない場合、DAA治療は治療中または治療後にB型肝炎を再開させる可能性があります。

・妊娠中または妊娠予定の方

・C型肝炎以外の肝臓の疾患がある場合

・腎機能障害(透析中など)

・HIVに感染した方

・膵炎

・血友病(例えば鎌状赤血球貧血)

2)ヘプシナットLP の併用禁忌薬および併用注意薬

服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

・アミオダロンのような不静脈治療薬
・コレステロール低下薬(ロスバスタチン)
・カルバマゼピン
・フェノバルビタール
・抗発作薬(オキシカルバゼピン、フェニトインなど)
・C型肝炎治療薬(シメプレビル)
・結核薬(リファンピンまたはリファブチンなど)
・セントジョーンズワート
・ハイパーフォリンまたはハイペリシン
・HIV投薬チプラナビル +リトナビル
・制酸薬またはバッファード医薬品
・カルシウムサプリメント
・ファモチジン
・消化不良、胸やけのお薬(ラニチジン、エソメプラゾール、ランソプラゾール、オメプラゾール、パントプラゾールなど)
・ジゴキシン
・テノホビルDFなどの治療薬

上記の他にも、ヘプシナットLP と相互作用する可能性がある薬がありますので、現在服用しているすべての薬について医師に伝えてください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ヘプシナットLP” の口コミを投稿します