商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

リプバス


¥1,800 ~


リプバスは、シプラ社が開発した脂質異常症(肥満解消・コレステロール減少・高脂血症• 脂質異常症)の治療薬で、服用を続けることによって血中脂質量が調整され、高コレステロールによってもたらされる脂質異常症を改善する効果があります。

脂肪異常症とは、血液中に余裕なコレステロールが溜まったり、中性脂肪の詰りにより、血管を詰まらせたり狭くなってしまう疾患のことで、リプバスの主成分であるアトルバスタチンカルシウムは、肝臓でのコレステロールの合成を抑える作用があるので、血液中のコレステロールを減少させることができるのです。

1錠あたりの最低価格: 105円(40mg / 30錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
40mg30 ¥3,150105 円
-
+
spinner
20mg30 ¥2,25075 円
-
+
spinner
10mg30 ¥1,80060 円
-
+
spinner

1.商品説明

主要有効成分:アトルバスタチンカルシウム

リプバスは、シプラ社が開発した脂肪異常症の治療薬です。

脂肪異常症(高コレステロール血症、家族性高コレステロール症)とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が必要以上に多くなる病気です。これにより、血管が詰まりやすくなったり、狭くなったりしてしまうのです。

調査によると、日本人の男性27%、女性33%、つまり日本人の約3割が、何らかの脂肪異常症に該当するという結果が示されています。つまりそれだけ身近な生活習慣病となっているのです。

リプバスの主成分である「アトルバスタチンカルシウム」は、スタチン系HMG-CoA阻害薬で、肝臓でのコレステロールの合成を抑える作用があります。これにより、血液中のコレステロールを減少させることができるのです。

服用を続けることで、血中脂質量が調整され、高コレステロールによってもたらされる脂質異常症を改善する効果が見込めます。また、脂質異常症に由来する疾患である動脈硬化・脳梗塞・虚血性心疾患・膵臓疾患なども呼予防可能です。

コレステロール数値を下げるということは、体脂肪率の減少も意味しますので、これ一つで2度お得です。

 

2.効果効能

次のような症状に高い効果を発揮します。

ダイエット・脂質異常症治療

 

3.服用方法

リプバスの飲み方は、脂肪異常症の二つの疾病により異なります。

•高コレステロール血症の場合
1日1回10mg(1錠)を服用してください。症状が重度の場合には、1日1回20mg(2錠)まで服用してください。

•家族性高コレステロール血症の場合
1日1回10mg(1錠)を服用してください。症状が重度の場合は、1日1回40mg(4錠)まで服用できます。1箱10錠なので、最大10日間に渡って服用することができます。

 

4.服用のタイミング

食前、食後等の指定はございません。飲み忘れた場合は気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の服用時間が近いときは、忘れた分を飲まないで、次の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

 

5. 副作用

副作用に関してこの項目をよく読み、服用中に少しで異常を感じた場合には、直ちに服用を中止して医師に相談してください。

1) 一般的な副作用
主な副作用としては次のような症状が報告されています。このような症状が現れた場合には、服用を止め、直ちに担当の医師または薬剤師に相談してください。

•胃の不快感
•発疹
•手指の痺れ
•不眠
•下痢
•胸やけ
•便秘
•頭痛
•全身倦怠感

2) 重大な副作用

•横紋筋融解症、ミオパチー 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれ、急性腎障害等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、自分の体調をよく観察し、もしこのような症状があらわれた場合には直ちに服用を中止してください。

•免疫介在性壊死性ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、自分の体調をよく観察し、もしこのような症状があらわれた場合には直ちに服用を中止してください。

•劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には服用を中止し適切な処置を受けてください。

•過敏症、血管神経性浮腫、アナフィラキシー反応、蕁麻疹を 含む過敏症状があらわれたとの報告があるので、もしこのような症状があらわれた場合には直ちに服用を中止してください。

•無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症 無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど十分な観察を行い、もしこのような症状があらわれた場合には直ちに服用を中止してください。

•中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis: TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、 多形紅斑中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑等の水疱性発疹があらわれたとの報告があるので、 もしこのような症状があらわれた場合には直ちに服用を中止してください。

•高血糖、糖尿病 高血糖、糖尿病があらわれることがあるので、口渇、 頻尿、全身倦怠感等の症状の発現に注意するとともに、定期的に検査を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には直ちに服用を中止してください。

•間質性肺炎間質性肺炎があらわれることがあるので、長期服用であっても、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等が認められた場合には服用を中止し、副腎皮質ホルモン剤の服用等の適切な処置を行なってください。

 

6. 使用上の注意

1)一般的な注意
•併用に注意が必要な治療薬があるので、他の治療薬を服用されている方は、使用前に医師にご相談ください。
•本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
•妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
•本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

2) 用法及び用量に関連する使用上の注意
次のカテゴリーに当てはまる方は、カッコ内の重大な症状を引き起こす可能性がありますので、慎重に服用をするようにしてください。

•肝障害又はその既往歴のある方、アルコール中毒の方(本剤は主に肝臓において作用し代謝されるので、 肝障害を悪化させるおそれがあります。また、アルコール中毒の方は、横紋筋融解症があらわれやすいとの報告があります。)

•腎障害又はその既往歴のある方(横紋筋融解症の報告例の多くが腎機能障害を有する方であり、また、 横紋筋融解症に伴って急激な腎機能の悪化が見られています。)

•フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等)、免疫抑制剤(シクロスポリン等)、 ニコチン酸製剤(ニセリト ロール等)、 アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール 等)、エリスロマイシンを服用中の方(一般にHMGCoA還元酵素阻害剤との相互作用により横紋筋融解症があらわれやすいとされています。)

•糖尿病の方(糖尿病を悪化させることがあります。)

•甲状腺機能低下症の方、遺伝性の筋疾患(筋ジスト ロフィー等)又はその家族歴のある方、薬剤性の筋障害の既往歴のある方(横紋筋融解症があらわれやすいとの報告があります。)

3) 高齢者の服用
高齢者は次の点に注意し,少量から服用を開始するなど、自分の身体の状態をよく観察しながら慎重に服用してください。

•脳梗塞の恐れがあるため、高齢者では一般に過度の降圧は好ましくないとされています。

•休薬を要する場合には,徐々に薬の量を減量してください。

4) 妊婦、産婦、授乳婦等の服用
•妊婦又は妊娠している可能性のある方は,やむを得ない場合以外は服用しないことが望ましいとされています。妊娠中の服用により新生児の発育遅延,血糖値低下,呼吸抑制が認められたとの報告があります。また,動物実験で胎仔に対して,母体より長時間β遮断作用を示すことが報告されていますので注意をしてください。
なお服用中は授乳を避けてください。薬の成分が母乳中へ移行することが報告されています。

 

7.保管する際の注意点

•子供の手の届かないところに保管してください。
•直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

 

レビュー

レビューはまだありません。

“リプバス” の口コミを投稿します