商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

フィンカー


¥2,700


フィンカーは良性前立腺肥大症(BPH)を治療するための医薬品である「プロスカール(5mg)」のジェネリック医薬品です。
フィンカーは「飲む育毛剤」とも呼ばれているAGA治療薬である「プロペシア(0.2mg、1mg)」と同じ有効成分であるフィナステリドを5mg含んでいます。
「プロペシア」は男性ホルモンであるテストステロンが、体内でジヒドロテストステロン(DHT)へ変換させることを防ぐことで男性のAGAを治療します。日本では2005年より厚生労働省からの承認を得て販売されています。
「プロペシア」は、頭頂部および前頭部の頭皮領域における男性パターン脱毛症の治療に使用されます。男性のこのパターンの脱毛は、頭皮の毛が薄くなる一般的な症状です。ほうっておくと進行していく一方のAGAの症状に、毎日服用するだけで簡単に脱毛症状を治療することができるとして人気の医薬品です。

1錠あたりの最低価格: 90円(0.5mg / 30錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
5mg30 ¥2,700 90 円
-
+
spinner

1. フィンカー 商品説明

フィンカーは良性前立腺肥大症(BPH)を治療するための医薬品である「プロスカール(5mg)」のジェネリック医薬品です。
フィンカーは「飲む育毛剤」とも呼ばれているAGA治療薬である「プロペシア(0.2mg、1mg)」と同じ有効成分であるフィナステリドを5mg含んでいます。
「プロペシア」は男性ホルモンであるテストステロンが、体内でジヒドロテストステロン(DHT)へ変換させることを防ぐことで男性のAGAを治療します。日本では2005年より厚生労働省からの承認を得て販売されています。
「プロペシア」は、頭頂部および前頭部の頭皮領域における男性パターン脱毛症の治療に使用されます。男性のこのパターンの脱毛は、頭皮の毛が薄くなる一般的な症状です。ほうっておくと進行していく一方のAGAの症状に、毎日服用するだけで簡単に脱毛症状を治療することができるとして人気の医薬品です。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に、あらかじめ確かめられた有効成分の効果と安全性を元に、より短い開発期間と低い費用で開発されるために、安価で提供することが可能になったお薬です。

フィンカー(プロスカール・ジェネリック)は男性のみに使用するため、女性や子供が使用することはできません。

フィンカー(プロスカール・ジェネリック)には有効成分フィナステリド(Finasteride)が含まれています。有効成分フィナステリドは、主に男性の前立腺肥大症と、AGA(男性型脱毛症)を治療するために使用される薬剤です。

有効成分フィナステリドは5α-レダクターゼ阻害剤という医薬品のクラスに属するお薬です。

「プロペシア」の副作用は一般的に軽度であるとされており、前立腺癌の特定の形態のリスクを稀に増加させたりする他、およそ3%ほどの低い確率で勃起不全や性欲減退などの症状があらわれたり、稀にうつ病、不安症、または乳房の肥大を経験する男性もいるとされています。

フィンカー(プロスカール・ジェネリック)の原料であるノコギリパルメットは、最大で2〜3mの高さまで成長する小さなヤシであり、アメリカの南東部と、南大西洋の湾岸の平原と砂丘に沿って生息しています。アメリカの先住民は、ノコギリパルメットの果物を食物のために使用し、さまざまな泌尿器系および生殖器系の症状を治療しました。ノコギリパルメットは、伝統的なハーブ薬品のいくつかの形態で使用されています。

フィンカーを製造販売しているシプラ社は1935年にインドのマハラシュトラ州にあるムンバイに本社を置き、設立されました。厳しい審査基準があることで知られているアメリカのFDA(米国食品医薬品局)から認可された工場を有し、高品質の医薬品を世界中に輸出販売しているインドでも最高水準のグローバル製薬会社です。

インドで開発販売されているジェネリック医薬品は、高品質で安価なことが世界中に知られており、公的医療保険制度がないためにジェネリック医薬品の需要高いアメリカや、新薬の価格に手が届かない多くの発展途上国の医療を支えている重要な資源になっています。国際的人道機関である「国境なき医師団」がインドで製造されているジェネリック医薬品を用いて救命活動を行っていることはよく知られています。

2. フィンカー 効果効能 

有効成分フィナステリドは5α-レダクターゼ阻害剤という医薬品のクラスに属するお薬です。

5αレダクターゼは、体内でとても重要な役割を担う男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)というAGAを引き起こす男性ホルモンに変換します。
ジヒドロテストステロン(DHT)は男性性器や睾丸の成長に大きく関わっている重要なホルモンです。
一方、ジヒドロテストステロン(DHT)は、頭皮の脱毛または男性のパターン性脱毛に関係すると考えられるテストステロンの活性型男性ホルモンです。 5アルファレダクターゼのレベルが上昇すると、男性の自然な毛周期が乱され、毛包の微細化を引き起こし、より細く細い毛髪になったり、毛髪が薄くなったりします。長年に渡って、毛包は永続的な休眠状態に入り、毛髪の生産を停止することができ、したがって脱毛が生じることがあります。

脱毛を止めるために、ノコギリパルメットのような原料から生産される5アルファ還元酵素阻害剤を服用することができます。
有効成分フィナステリドはこの5アルファレダクターゼをブロックし、頭皮の表面上のジヒドロテストステロン(DHT)を中和することによって男性の脱毛を治療します。

3. フィンカー 服用方法

1) 服用のタイミング

医師の指示どおりにフィンカー(プロスカール・ジェネリック)1日1回を服用してください。

フィンカーは食べ物の有無にかかわらず服用することができます。
毎日同じ時間にお薬を服用すれば、最良の結果が得られます。

コップ一杯の水と一緒にフィンカーを服用してください。

2) 服用用量

医師に指示された量よりも多く、または少なく服用しないでください。

フィンカー(プロスカール・ジェネリック)を良性前立腺肥大症(BPH)を治療する目的で服用する際は1回、1錠(5mg)を服用してください。

有効成分フィナステリドをAGAの治療の目的で服用する際の推奨用量は1日1回1錠(1mg)です。
一般に、医師は0.2mgをまずは処方し、その後1ヶ月経ってから効果を観察し、1mgまで用量を増やしていきます。
フィンカー(プロスカール・ジェネリック)をAGAの治療の目的で服用する際には用量に注意して、医師に相談して服用してください。

フィンカー(5mg)をピルカッターなどでカットして服用するとコストパフォーマンスも上がり良いという評判もありますが、カットする際に妊娠中の女性、或いは妊娠の可能性のある女性は触れてはいけないなどの注意点がありますので十分に注意して購入するようにしてください。妊婦が触れると有効成分が体内に入り、男性胎児の性器の発育に悪影響を及ぼすリスクがあります。

一般に、フィンカーの効果が観察されるには3カ月以上の服用し続けることが必要になります。

3) 効果持続時間
24時間周期で服用することが望ましいとされています。

4. フィンカー 副作用

1) 副作用

フィンカーの副作用は以下のようなものがあります。

・勃起不全
・性欲減退
・オーガズム障害
・射精障害
・手や足の腫れ
・胸の腫れや圧痛
・めまい
・衰弱
・頭痛
・鼻水
・皮膚発疹

*勃起不全、性欲減退、オーガズム障害、射精障害などの副作用は臨床試験に置いておよそ3%ほどの稀に出る副作用ではありますが、服用を止めても症状が改善しないことが稀にありますので、これらの副作用が懸念される場合は、医師に相談してください。

2)稀に出る重篤な副作用

・蕁麻疹、呼吸困難、顔・唇・舌・喉の腫れなどのアレルギー反応が表れた場合は緊急の医療サポートを受けてください。

・乳房の塊、痛み、乳頭の痛み、または他の乳房の変化に気付いた場合は、すぐに医師に相談してください。これらの症状は男性の乳がんの徴候である可能性があります。

5. フィンカー 使用上の注意

1)使用上の注意

○ フィンカーは決して女性や子供に使用されるべきではありません。フィナステリドは皮膚を通して吸収されることがあるために、女性や子供はフィナステリド錠剤を触れないようにする必要があります。

○ 安全にフィンカーを服用できることを確認するために、次のような症状があれば医師に相談してください。

・肝疾患
・異常な肝臓酵素検査値
・前立腺癌
・膀胱筋障害
・尿道の狭窄症
・排尿することが困難な場合
・デュタステリド(アボダードあるいはザガーロ)でアレルギー反応を起こしたことがある場合

○ フィンカーを使用すると、前立腺がんを発症するリスクが高くなる可能性があります。医師は通常、患者が安全にフィナステリドを服用することができるかを確認するための検査を行います。

○ 妊娠中に女性がフィンカーに触れると、胎児の先天性欠損を引き起こす可能性があります。フィンカーは、妊娠している、または妊娠している可能性のある女性によって触れられるべきではありません。
女性が誤って破損した錠剤に接触した場合は、直ちに石鹸と水でよく洗い流してください。

○ 噛み砕いたり、切ったりしないでそのまま服用してください。

○ 服用を中止した後も、1ヶ月は献血をしないでください。

2)フィンカーの併用禁忌薬および併用注意薬

・アンフェタミン
・ゾルピデム
・アスピリン
・シアリス(タダラフィル)
・クレストール(ロスバスタチン)
・サインバルタ(デュロキセチン)
・魚油(オメガ3)
・レクサプロ(エスシタロプラム)
・リピトール(アトルバスタチン)
・リシノプリル
・ネキシウム(エソメプラゾール)
・オメプラゾール
・ミノキシジル
・ロゲイン(ミノキシジル)
・モンテルカスト
・レボチロキシン
・テストステロン
・トラゾドン
・バイアグラ(シルデナフィル)
・ビタミンD3(コレカルシフェロール)
・ビタミン(マルチビタミン)
・アルプラゾラム
・ゾロフト(セルトラリン)
・ジルテック(セチリジン)

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“フィンカー” の口コミを投稿します