商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

デュタス


¥3,350


デュタスは有効成分デュタステリドを含む男性のAGAを治療する医薬品であり、イギリスの グラクソ・スミスクライン社より発売されている「ザガーロ」または「アボダート」のジェネリック医薬品です。
有効成分デュタステリドは男性ホルモンであるテストステロンが、体内でジヒドロテストステロン(DHT)へ変換させることを防ぐことで男性のAGAを治療する医薬品です。
プロペシアは5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬であるのに対し、デュタスは5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬なため、Ⅰ型とⅡ型両方の5α-還元酵素を阻害することができるので、より大きな脱毛治療効果を示すとされています。臨床実験の結果によると、プロペシア1mgを服用するよりデュタステリド0.5mgを服用するほうが1.6倍の発毛効果があったと報告されています。

1錠あたりの最低価格: 112円(0.5mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
0.5mg30 ¥3,350 112 円
-
+
spinner

1.デュタス 商品説明

デュタスは有効成分デュタステリドを含む男性のAGAを治療する医薬品であり、イギリスの グラクソ・スミスクライン社より発売されている「ザガーロ」または「アボダート」のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に、あらかじめ確かめられた有効成分の効果と安全性を元に、より短い開発期間と低い費用で開発されるために、安価で提供することが可能になったお薬です。

有効成分デュタステリドは男性ホルモンであるテストステロンが、体内でジヒドロテストステロン(DHT)へ変換させることを防ぐことで男性のAGAを治療する医薬品です。

プロペシアは5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬であるのに対し、デュタスは5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬なため、Ⅰ型とⅡ型両方の5α-還元酵素を阻害することができるので、より大きな脱毛治療効果を示すとされています。臨床実験の結果によると、プロペシア1mgを服用するよりデュタステリド0.5mgを服用するほうが1.6倍の発毛効果があったと報告されています。

「ザガーロ」は日本の厚生労働省より2015年に承認を得て、2016年から販売されるようになりました。

同じ有効成分デュタステリドを含む「アボルブ」というお薬は、男性の良性前立腺肥大(BPH)の治療も使用されます。「アボルブ」は保険が適用されますが、「ザガーロ」には保険は適用されていません。

デュタステリドは、5α-レダクターゼ阻害剤という医薬品のクラスに属する薬物です。
5α-レダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)として知られるアンドロゲン(男性ホルモン)に代謝する酵素の一種です。 ジヒドロテストステロン(DHT)は男性の脱毛症を引き起こす成分として知られているホルモンであり、頭皮に蓄積するにつれて脱毛を引き起こします。
過剰なジヒドロテストステロン(DHT)が頭皮に集中して集まったら、毛包の血液供給を遮断し始め、毛包は新しい髪を育成しなくなってしまいます。

幸いにも、この症状は、身体系におけるジヒドロテストステロン(DHT)の量を低下させることによって、しばしば治療することができます。
デュタステリドなどの5α-レダクターゼ阻害剤は、5α-レダクターゼがアンドロゲンをDHTに変換する作用を阻害します。
この薬物療法を通して体内のジヒドロテストステロン(DHT)の量を減らすことは、DHTが頭皮内に高濃度で集まることを防ぎ、毛包が健康な髪を再び生成することを可能にすることができます。

「ザガーロ」の勃起不全、性欲減退などの副作用の出方は、日本国内での臨床試験においておよそ5%となっており、プロペシアの3%と比較してやや高めになっています。

デュタスは、インドの製薬会社であるDr. Reddy’s 社により製造販売されています。Dr. Reddy’s 社は、インドおよび海外で医薬品、診断キット、救命救急医療用品、バイオテクノロジー製品など、190以上の医薬品、60種類の医薬品原料(API)など、幅広い医薬品を製造、販売しています。Dr. Reddy’s 社の製造工場は米国食品医薬品局(FDA)によって承認されている高水準を保っています。
日本のエーザイ株式会社は2016年にDr. Reddy’s 社に開発中の抗がん剤の日本とアジアを除く全世界における、独占的な開発および販売権を譲渡しました。

インドで開発販売されているジェネリック医薬品は、高品質で安価なことが世界中に知られており、公的医療保険制度がないためにジェネリック医薬品の需要高いアメリカや、新薬の価格に手が届かない多くの発展途上国の医療を支えている重要な資源になっています。国際的人道機関である「国境なき医師団」がインドで製造されているジェネリック医薬品を用いて救命活動を行っていることはよく知られています。

2. デュタス 効果効能

デュタスは5α-レダクターゼ阻害剤という医薬品のクラスに属するお薬です。

5αレダクターゼは、体内でとても重要な役割を担う男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)というAGAを引き起こす男性ホルモンに変換します。
ジヒドロテストステロン(DHT)は男性性器や睾丸の成長に大きく関わっている重要なホルモンです。
一方、ジヒドロテストステロン(DHT)は、頭皮の脱毛または男性のパターン性脱毛に関係すると考えられるテストステロンの活性型男性ホルモンです。 5アルファレダクターゼのレベルが上昇すると、男性の自然な毛周期が乱され、毛包の微細化を引き起こし、より細く細い毛髪になったり、毛髪が薄くなったりします。長年に渡って、毛包は永続的な休眠状態に入り、毛髪の生産を停止することができ、したがって脱毛が生じることがあります。

脱毛を止めるために、デュタスのような5アルファ還元酵素阻害剤を服用することができます。
有効成分デュタステリドはこの5アルファレダクターゼをブロックし、頭皮の表面上のジヒドロテストステロン(DHT)を中和することによって男性の脱毛を治療します。

3. デュタス 服用方法

1) 服用のタイミング

医師の指示どおりにデュタスを1日1回を服用してください。

デュタスは食べ物の有無にかかわらず服用することができます。
毎日同じ時間にお薬を服用すれば、最良の結果が得られます。

コップ一杯の水と一緒にデュタスを服用してください。

2) 服用用量

日本で処方されている「ザガーロ」(有効成分デュタステリド)の用量は0.1mg、或いは0.5mgになります。

一般に、医師は0.1mgをまずは処方し、その後1ヶ月経ってから効果を観察し、0.5mgまで用量を増やしていきます。

一般に、デュタスの効果が観察されるには6カ月以上の服用し続けることが必要になります。

医師に指示された量よりも多く、または少なく服用しないでください。

3) 効果持続時間

24時間周期で服用することが望ましいとされています。

4. デュタス 副作用

1) 副作用

デュタスの副作用は以下のようなものがあります。

・性欲減退
・精液量の減少
・勃起不全
・乳房の圧痛または拡大

*勃起不全、性欲減退、オーガズム障害、射精障害などの副作用は臨床試験に置いておよそ5%ほどの稀に出る副作用ではありますが、服用を止めても症状が改善しないことが稀にありますので、これらの副作用が懸念される場合は、医師に相談してください。

2)稀に出る重篤な副作用

・蕁麻疹、呼吸困難、顔・唇・舌・喉の腫れなどのアレルギー反応が表れた場合は緊急の医療サポートを受けてください。

・乳房の塊、痛み、乳頭の痛み、または他の乳房の変化に気付いた場合は、すぐに医師に相談してください。これらの症状は男性の乳がんの徴候である可能性があります。

5. デュタス 使用上の注意

1) 使用上の注意

○ デュタスは決して女性や子供に使用されるべきではありません。フィナステリドは皮膚を通して吸収されることがあるために、女性や子供はフィナステリド錠剤を触れないようにする必要があります。

○ 安全にデュタスを服用できることを確認するために、次のような症状があれば医師に相談してください。

・肝疾患
・異常な肝臓酵素検査値
・前立腺癌
・膀胱筋障害
・尿道の狭窄症
・排尿することが困難な場合
・プロペシア(有効成分フィナステリド)でアレルギー反応を起こしたことがある場合

○ デュタスを使用すると、前立腺がんを発症するリスクが高くなる可能性があります。医師は通常、患者が安全にデュタステリドを服用することができるかを確認するための検査を行います。

○ 妊娠中に女性がデュタスに触れると、胎児の先天性欠損を引き起こす可能性があります。デュタスは、妊娠している、または妊娠している可能性のある女性によって触れられるべきではありません。
女性が誤って破損した錠剤に接触した場合は、直ちに石鹸と水でよく洗い流してください。

○ 噛み砕いたり、切ったりしないでそのまま服用してください。

○ 服用を中止した後も、6ヶ月は献血をしないでください。

2)デュタスの併用禁忌薬および併用注意薬

・CYP3A4阻害薬剤(リトナビル など)

・イマチニブ

・結核治療薬(イソニアジドなど)

・抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシン、テリトロマイシンなど)

・抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾール、ミコナゾール、またはボリコナゾールなど)

・抗うつ薬(ネファゾドンなど)

・心臓または血圧治療薬(ニカルジピン、キニジンなど)

・HIV 治療薬(デラビルジン、インジナビル、ネルフィナビル、サキナビル、リトナビルなど)

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“デュタス” の口コミを投稿します