商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

ダイアン35


¥3,390


ダイアン35は、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールという成分が配合されている、小柄なアジア人向けに開発・発売された低用量ピル(OC:oral contraceptives)です。

ダイアン35を、毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。低用量ピルにはコンドームよりも高い避妊効果があり、正しく服用すれば、ほぼ100%確実に避妊できます。

この低用量ピルに含まれているホルモンの働きにより、脳下垂体は「妊娠した」と感知します。実際には妊娠していなくても、体が勘違いを起こしている状態を作り上げます。この結果、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されます。卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。 ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と、感知し、再び卵巣を刺激して排卵を促します。

ダイアン35は低用量ピルの中でも配合している成分が低い方であるため、副作用などの影響を受けづらいとされています。
他の低用量ピルの服用で副作用がきつくて続けられなかった方でも、ダイアン35は無理なく使っていただける優しいピルです。

1錠あたりの最低価格: 71円(35μg / 21錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
21錠1箱 ¥3,390 3390 円
-
+
spinner

1. ダイアン35 商品説明

ダイアン35は、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールという成分が配合されている、小柄なアジア人向けに開発・発売された低用量ピル(OC:oral contraceptives)です。

ダイアン35を、毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。低用量ピルにはコンドームよりも高い避妊効果があり、正しく服用すれば、ほぼ100%確実に避妊できます。

この低用量ピルに含まれているホルモンの働きにより、脳下垂体は「妊娠した」と感知します。実際には妊娠していなくても、体が勘違いを起こしている状態を作り上げます。この結果、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されます。卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。 ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と、感知し、再び卵巣を刺激して排卵を促します。

ホルモン量が低容量で含まれていることから、 ダイアン35は避妊以外で使われることも多く、脂漏、ニキビや炎症、多毛症、男性ホルモン型の脱毛症といった男性ホルモンからくる疾患の改善に用いられています。また、エチニルエストラジオールは、前立腺および精嚢重量を減少させ、血中テストステロン値を低下させることで、前立腺癌の治療薬にも利用されている成分です。また、脳内の視床下部にエストロゲンが作用することで、排卵を抑える効果もあります。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。ダイアン35に含まれている成分、エチニルエストラジオールはエストロゲンで、酢酸シプロテンはプロゲステロンの成分です。

ダイアン35の服用において、下記のようなメリットをもたらすことが期待できます。

  • 生理痛、出血量などの軽減
  • 生理周期が安定する
  • 生理前のイライラ(PMS)
  • 肌荒れ、ニキビ
  • 子宮体がん、卵巣がんの予防効果
  • 子宮内膜症の改善
  • 乳房の良性腫瘍の発生率の低下

排卵と生理のサイクルに大きな影響を及ぼしているのが、この2つの女性ホルモンです。生理後から排卵まではエストロゲンが活発になり、「卵胞期」と呼ばれ、排卵後から次の生理まではプロゲステロンが活発になり「黄体期」と呼ばれているます。
生理前にニキビなどができやすいというのは、このプロゲステロンが活発になるためです。

ダイアン35は低用量ピルの中でも配合している成分が低い方であるため、副作用などの影響を受けづらいとされています。
他の低用量ピルの服用で副作用がきつくて続けられなかった方でも、ダイアン35は無理なく使っていただける優しいピルです。

2. ダイアン35 効果効能

有効成分酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールの働き
女性ホルモンに似た成分が体の中を調整してくれる事より、女性の体に起こりがちなトラブルを抑えてくれます。体内のホルモンが安定するので、生理痛・PMSを軽減、経血量も減少させ、生理トラブルを回避する仕組みです。生理も予定日通りに来るので生理周期も整います。「ピルの服用時には生理がこず、止めるとくる」です。
「排卵が休止する」「子宮内膜を厚くしない」「受精卵が子宮内膜に着床しにくくなる」「子宮頸管から分泌される粘液の濃度が変化し精子が通り抜けにくくなる」などの効果があり、妊娠しにくくさせ避妊を可能にさせます。

  • 卵巣の働きを抑えます
    女性の体内で、月の一度は排卵が起こります。これは、更年期が来るまで必ず毎月起こる現象で、これにより卵巣は疲弊してしまうのです。ダイアン35を服用することにより、排卵を抑制させ卵巣の働きが休まり、卵巣の老化の進行を遅らせることが期待できるのです。
  • ホルモンバランスの調整
    ホルモンバランスが整い、子宮環境が良くなるため不妊の原因になる病気を予防することができます。生理前のイライラ(PMS)の改善においてもダイアン35は有効的とされています。
  • 重症のニキビの改善
    抗生物質などの治療薬で治らなかったニキビにも、効果を発揮します。 女性のニキビは、男性ホルモンの分泌が多いことが関係しているといわれており、男性ホルモンの働きを抑えることで、ニキビを改善します。

3. ダイアン35 服用方法

毎日同じ時間に服用し、女性ホルモンを一定値に保つ必要がありますので、忘れないように気をつけなければなりません。1日分飲み忘れてしまった場合、使いかけのシートは処分し、次の生理1日目から、新しいシートで再度服用を開始します。

1) 服用のタイミング

毎日同じ時間に服用。21日間の服用を続けたら、7日間の休薬期間を設けます。この7日間が生理時期になります。

2) 服用用量

1日1錠

3) 効果持続時間

飲み忘れが起きてしまった場合、12時間~24時間以内なら効力は失われていないと考えられますので、気がついた時に服用しましょう。

4. ダイアン35 副作用

体質により異なりますが、下記の副作用が報告されています。

  • 吐き気
  • だるさ
  • 頭痛
    など、つわりに似た症状。

5. ダイアン35 使用上の注意

35歳以上、1日15本以上の喫煙は血栓症のリスク高まると考えられていますので、禁煙を心がけましょう。

1) 持病のある方

下記に当てはまる症状をお持ちの方は、必ず医師に相談してから低容量ピルを服用してください。

  • コレステロール値の高い人
  • 肝臓に重篤な障害のある人
  • 過去に女性器性の疾患があった人

2)ダイアン35の併用禁忌薬および併用注意薬

持病があり、常用薬がある場合はダイアン35の服用前に医師と相談してください。

  • アセトアミノフェン系のお薬
  • ペニシリン・テトラサイクリン系抗生物質
  • バルビツール酸系のお薬
  • 三環系抗うつ薬

併用注意薬

  • 抗ヒスタミン薬
  • セントジョーンズワート
  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬

レビュー

レビューはまだありません。

“ダイアン35” の口コミを投稿します