商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , , 商品タグ: , ,

クラビット(レボフロキサシン250mg・500mg)

在庫状況: 在庫切れ


From: ¥1,800


クラビットは有効成分レボフロキサシンを含み、様々な細菌感染を治療するために使用される「キノロン系抗生物質」という医薬品のクラスに属するお薬です。有効成分レボフロキサシンは細菌の増殖を止めることによって様々な細菌感染症を治療します。
クラビットは細菌感染症のみを治療し、一般的な風邪、インフルエンザなどのウイルス感染は治療しません。
クラビットはニキビなどの皮膚炎を治療する時に病院で処方されるお薬です。
またクラビットは、クラミジアや淋病などの性感染症を治療することができるお薬でもあります。

生産国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
250mg 40錠 ¥3,420 85 円
250mg 20錠 ¥1,800 90 円
500mg 30錠 ¥4,860 162 円
500mg10錠 ¥1,800 180 円

1. クラビット 商品説明

クラビットは有効成分レボフロキサシンを含み、様々な細菌感染を治療するために使用される「キノロン系抗生物質」という医薬品のクラスに属するお薬です。有効成分レボフロキサシンは細菌の増殖を止めることによって様々な細菌感染症を治療します。

クラビットは細菌感染症のみを治療し、一般的な風邪、インフルエンザなどのウイルス感染は治療しません。

クラビットはニキビなどの皮膚炎を治療する時に病院で処方されるお薬です。

またクラビットは、クラミジアや淋病などの性感染症を治療することができるお薬でもあります。

クラビットはその他、副鼻腔系疾患、腎臓病、膀胱炎、または前立腺の細菌感染を治療するために使用されます。

クラビットは、気管支炎や肺炎の原因となる細菌感染症の治療、炭疽(たんそ)病や疫病に罹患した人々の治療にも使用されています。

手術の後に切開した傷が感染したなどの症状、傷が化膿してしまったり、感染潰瘍など症状が表れた時にクラビットを服用することが出来ます。

○ クラビットが治療することができる症状には以下のようなものがあります。

・皮膚感染症
・ニキビ
・クラミジア
・淋病
・性感染症
・慢性前立腺感染症
・尿路感染症
・副鼻腔系疾患
・膀胱炎
・腎盂腎炎(腎臓感染)
・炭疽病
・ペスト 等

クラビットは、併用療法の一部として使用することができます。これは他の薬と一緒にクラビットを服用して治療する必要があるかもしれないことを意味します。

性感染症に関しては、クラミジアや淋病などの性感染症は治療することは出来ますが、ウイルス製の性病に関しては治療を行うことが出来ませんので、その場合は医師に相談してください。

 

2. クラビット 効果効能

有効成分レボフロキサシンは、グラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に対して活性な広域抗生物質です。
有効成分レボフロキサシンはDNAジャイレースとトポイソメラーゼIVを阻害することによって作用をもたらします。
トポイソメラーゼIVは、細菌細胞分裂の前に複製されたDNAを分離するために必要な酵素です。 DNAが分離されないので、プロセスは停止し細菌は分裂できなくなります。
一方、DNAジャイレースはDNAの二本鎖の両鎖を切断することにより鎖を回転させねじれさせ、新しく形成された細胞に適合させます。
DNAジャイレースとトポイソメラーゼIVを阻害することで、細菌を殺すことが可能になり、有効成分レボフロキサシンは殺菌剤として作用するしょうになります。

クラビット(有効成分レボフロキサシン)は、感染を引き起こしている細菌を殺すことによって症状を治療します。したがって、細菌感染症を治療するためにのみこの薬を使用する必要があります。ウイルス性の疾患を治療することはできません。

必要としない時に抗生物質を服用すると、将来の感染症に感染した時に抗生物質が効かなく可能性がありますので注意が必要です。

 

3. クラビット 服用方法

1) 服用のタイミング

医者の指示に従って、通常は毎日1回1錠を食べ物の有無にかかわらず、この薬をコップ1杯の水と共に経口で服用してください。

服用期間は、症状によって5日から14日までとなります。
服用用量と日数に関しては医師に指示に従ってください。

この薬を毎日同じ時間に服用すると最良の効果が得られます。

数日後に症状が消えても、処方量が終わるまでこの薬を服用し続けてください。投薬をあまりにも早く止めれば、感染症が戻ってくる可能性があります。

ご自身の症状が持続しているか悪化しているかを医師に伝えてください。

2) 服用用量

通常の成人の服用用量は1錠(500mg)になります。
服用の用量と治療期間の長さは、それぞれの患者の病状と治療に対する反応に基づきます。小児の投与量は体重に基づいていますので必ず医師の指示に従い服用するようにしてください。

 

4. クラビット 副作用

1)一般的な副作用
・吐き気
・頭痛
・下痢
・不眠症
・便秘
・めまい

2)稀にでる深刻な副作用
重篤な副作用がある場合は、すぐに医師に相談してください。

・腹部の痙攣または痛み
・重度の下痢
・熱
・腱の破裂または腫脹(腱炎を含む)
・脚のふくらはぎ、肩または手のの痛み、炎症または腫脹
・皮膚の赤みと腫れ
・幻聴や幻覚
・肌の灼熱感
・気分や精神的な変化
・皮膚の発疹、かゆみ、赤み
・震え

 

5. クラビット 使用上の注意

1) 持病のある方

○ クラビットを服用する前に、医師または薬剤師にアレルギーがあるかどうかを伝えてください。
他のキノロン系抗生物質(シプロフロキサシン、モキシフロキサシン、オフロキサシン)にアレルギーがある場合も医師に相談してください。
クラビットには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

○ 以下のような症状を患っていたり、患った経験のある方はクラビットを服用する前に、医師または薬剤師に必ず相談してください。

・糖尿病
・関節炎/腱の問題(腱炎、滑液包炎など)
・腎臓疾患
・精神/気分障害(うつ病など)
・特定の筋肉疾患
・神経障害(末梢神経障害など)
・発作障害

2)クラビットの併用禁忌薬

クラビットを服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

・フルチカゾン
・サルメテロール
・アルブテロール
・アスピリン
・シプロフロキサシン
・ワルファリン
・サインバルタ(デュロキセチン)
・エリキュース(アピキサバン)
・メトロニダゾール
・フロセミド
・ガバペンチン
・グレープフルーツ(果物)
・イブプロフェン
・フロセミド
・レボチロキシン
・リピトール(アトルバスタチン)
・リシノプリル
・メトホルミン
・メサドン
・メトプロロール
・グアイフェネシン
・ネキシウム(エソメプラゾール)
・オメプラゾール
・プレドニゾン
・モンテルカスト
・レボチロキシン
・トラマドール
・タイレノール(アセトアミノフェン)
・ビタミンD3(コレカルシフェロール)

上記の他にも、クラビットと相互作用する可能性がある薬がありますので、現在服用しているすべての薬(市販薬、サプリメント、ハーブ薬品、漢方薬を含む)について医者に伝えてください。

3) クラビットの併用注意薬

以下のリストにあるお薬は、クラビットと服用すると十分な効果をもたらさない可能性がありますので、クラビットを服用する前の少なくとも2時間前または2時間後に時間を空けてからお薬を服用してください。

・キナプリル
・スクラルファート
・ビタミン/ミネラル(鉄、亜鉛を含む)
・マグネシウム
・アルミニウム
・カルシウム
・制酸剤
・ジダノシン

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“クラビット(レボフロキサシン250mg・500mg)” の口コミを投稿します