商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:

クラリフォード(クラリスロマイシン250mg・500mg)


From: ¥2,700


クラリフォード有効成分クラリスロマイシンを含む新薬「クラリス」のジェネリック医薬品です。
有効成分クラリスロマイシンマクロライド系の抗生物質です。

有効成分クラリスロマイシンはタンパク合成を阻害する効果により、様々な細菌による一般感染症の治療に広く使用されています。有効成分クラリスロマイシンは対応菌種が多い薬のため、内科や耳鼻科などで一般薬として幅広く使用されています。また風邪の時などにも処方されることがあります。
インフルエンザ感染症においては、クラリスロマイシンが細菌による二次感染防予防の目的で使用される場合があります。有効成分クラリスロマイシンの剤型は、錠剤のほかにドライシロップ(DS)でも販売されてています。

1錠あたりの最低価格: 270円(500mg / 24錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
500mg 24錠 ¥6,480 270 円
-
+
spinner
500mg 16錠 ¥4,860 304 円
-
+
spinner
500mg8錠 ¥2,700 337 円
-
+
spinner
250mg 40錠 ¥7,200 180 円
-
+
spinner
250mg 20錠 ¥4,050 202 円
-
+
spinner
250mg 12錠 ¥2,700 225 円
-
+
spinner

1.クラリフォード 効果効能

クラリフォード有効成分クラリスロマイシンを含む新薬「クラリス」のジェネリック医薬品です。
有効成分クラリスロマイシンマクロライド系の抗生物質です。

有効成分クラリスロマイシンは様々な細菌に対して高い効果を発揮し、細菌が原因となる一般感染症、非結核性抗酸菌症、ヘリコバクター・ピロリ感染症などの各疾患に対しても非常に高い効果を発揮します。

1) 下記バクテリアを原因とする一般感染症

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ属、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、マイコプラズマ属

2) 症例

•表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
•外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
•肛門周囲膿瘍
•咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
•尿道炎
•子宮頸管炎
•感染性腸炎
•中耳炎、副鼻腔炎
•歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

3) 非結核性抗酸菌症

•適応菌種:本剤に感性のマイコバクテリウム属
•適応症:マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症

4) ヘリコバクター・ピロリ感染症

•適応菌種:本剤に感性のヘリコバクター・ピロリ
•適応症:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

2.クラリフォード 服用方法

有効成分クラリスロマイシンの用法、および用量は使用する疾患によって異なります。また年齢や症状によっても用量を調整する必要がありますので、下記説明は一般的なものとしてご理解ください。服用前に、かかりつけ医に必ず服用方法について相談をするようにしてください。

1) 一般感染症に使用する場合

通常、有効成分クラリスロマイシンを1日400mg、2回に分けて服用します。

2) 非結核性抗酸菌症に使用する場合

通常、有効成分クラリスロマイシンを1日800mg、2回に分けて服用します。

3) ヘリコバクター・ピロリ感染症に使用する場合

通常、有効成分クラリスロマイシンを1回200mg、アモキシシリン水和物として1回750mg、およびプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間服用します。

なお、有効成分クラリスロマイシンは必要に応じて用量を調整することができますが、1回800mg、1日2回を使用上限としてください。

3.クラリフォード 服用のタイミング

食前、食後等の指定はございません。

4.クラリフォード 効果持続時間

有効成分クラリスロマイシンの服用後、血中での薬の濃度が最も高くなる時間は、200mg服用時が1.9時間後、400mg服用時が2.7時間後となっています。
有効成分クラリスロマイシンの服用後、血中での薬の濃度が半分になる時間は、200mg服用時が4.04時間後、400mg服用時が4.36時間後となっています。

5.クラリフォード 副作用

重篤な副作用はこれまでのところ確認されておりません。しかし適応する疾患によっては、発現しやすい副作用があります。

•一般感染症の場合
主な副作用としては発疹、下痢、意識障害、耳鳴、口渇、悪心、嘔吐、筋肉痛、発熱、倦怠感などが報告されています。

(後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の場合には、主な副作用として腹痛、肝機能検査異常などが報告されています。)

重篤な副作用は報告されていませんが、下記のような疾患を引き起こす可能性がありますので、もし体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診し、使用している薬剤名を医師に伝えて診察を受けてください。

・ショック、アナフィラキシー
・QT延長、心室頻拍(Torsades de pointesを含む)、心室細動
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全
・血小板減少、汎血球減少、溶血性貧血、白血球減少、無顆粒球症
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑
・PIE症候群・間質性肺炎
・偽膜性大腸炎、出血性大腸炎
・横紋筋融解症
・痙攣
・急性腎障害、尿細管間質性腎炎
・アレルギー性紫斑病
・薬剤性過敏症症候群

6.クラリフォード 使用上の注意

1) 一般的な注意事項

下記に当てはまる方はクラリフォードを服用することができません。

・これまでにクラリシッドに対しアレルギー反応を起こしたことのある方
・肝臓または腎臓に障害のある方で、コルヒチンを服用中の方

また下記に当てはまる方は、有効成分クラリスロマイシン使用後の経過に特に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合には、有効成分クラリスロマイシンの使用を中止し、直ちにかかりつけ医に相談してください。

・他のマクロライド系薬剤に対してアレルギー反応をおこしたことのある方
・肝機能障害のある方
・腎機能障害のある方
・心疾患のある方
・低カリウム血症のある方

(高齢者は生理機能が低下している場合が多く、有効成分クラリスロマイシンの服用後に血中濃度が高い状態が持続する場合があります。なので慎重に薬を使用するようにしてください)。

2) 妊婦や授乳期のクラリフォードの服用について

•妊娠中のクラリフォードの服用は、可能な限り差し控えることが推奨されています。しかし、止むを得ずクラリフォードを服用する必要がある場合には、必要最小限度の範囲内で使用してください。またその場合にはかかりつけ医に妊娠の有無を必ず伝えてください。

•授乳期のクラリフォードの服用は、可能な限り差し控えることが推奨されています。しかし、止むを得ずクラリフォードを服用する必要がある場合には、必要最小限度の範囲内で使用してください。またその場合にはかかりつけ医に必ず伝え、服用後は一定期間授乳を控えてください。

•低出生体重児と生後4ヶ月未満の子供について使用した臨床結果は少ないですが、医師の判断で使用するケースがあります。

7.クラリフォード 使用上の注意

飲み合わせについて
下記の薬を使用している方は、クラリフォードを使用することができませんので注意してください。

・ピモジド〔オーラップ〕
・エルゴタミン(エルゴタミン酒石酸塩、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩)含有製剤〔クリアミン、ジヒデルゴット〕
・スボレキサント〔ベルソムラ〕
・ロミタピドメシル酸塩〔ジャクスタピッド〕
・タダラフィル〔アドシルカ〕
・チカグレロル〔ブリリンタ〕
・イブルチニブ〔イムブルビカ〕
・アスナプレビル〔スンベプラ〕〔ジメンシー〕
・バニプレビル〔バニヘップ〕

また下記の薬を使用している方は、クラリフォードの服用に際して注意が必要です。下記の薬を併用して使用する場合には、医師や薬剤師にあらかじめよく相談して指示をあおいでください。

・ジゴキシン
・スルホニル尿素系血糖降下剤(グリベンクラミドなど)
・カルバマゼピン
・テオフィリン
・アミノフィリン水和物
・シクロスポリン
・タクロリムス水和物
・エベロリムス
・アトルバスタチンカルシウム水和物
・シンバスタチン
・ロバスタチン
・コルヒチン
・ベンゾジアゼピン系薬剤(CYP3A4 で代謝される薬剤、トリアゾラム、ミダゾラムなど)
・非定型抗精神病薬(CYP3A4で代謝される薬剤、クエチアピンフマル酸塩など)
・ジソピラミド
・エプレレノン
・エレトリプタン臭化水素酸塩
・カルシウム拮抗剤(CYP 3A4 で代謝される薬剤、ニフェジピン、ベラパミル塩酸塩など)
・ジエノゲスト
・ホスホジエステラーゼ5阻害剤(シルデナフィルクエン酸塩、タダラフィル〔シアリス、ザルティア〕など)
・クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウムなど)
・ドセタキセル水和物
・オキシコドン塩酸塩水和物
・フェンタニル/フェンタニルクエン酸塩
・抗凝固剤(CYP3A4で代謝されP-糖蛋白質で排出される薬剤、アピキサバン、リバーロキサバン、P-糖蛋白質で排出される薬剤、ダビガトランエテキシラート、エドキサバントシル酸塩水和物)
・イトラコナゾール
・HIV プロテアーゼ阻害剤(サキナビルメシル酸塩、リトナビルなど)
・リファブチン
・エトラビリン
・リファンピシン
・エファビレンツ
・ネビラピン

レビュー

レビューはまだありません。

“クラリフォード(クラリスロマイシン250mg・500mg)” の口コミを投稿します