商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

ウルチセプト(シプロフロキサシン)


¥2,550 ~


ウルチセプトは淋病、クラミジアなどの幅広い性感染症に利用されるお薬です。

ウルチセプトは細菌増殖を抑制する効果に特化しています。そのため抗菌力が強いにもかかわらず副作用は少なく、前立腺炎、膀胱炎、淋病性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎、チフス、子宮内感染、中耳炎、火傷などの治療に幅広く利用されている、信頼あるお薬です。

1錠あたりの最低価格: 120円(750mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
750mg30 ¥3,600 120 円
-
+
spinner
500mg 30 ¥4,860 162 円
-
+
spinner

1.ウルチセプト 商品説明

主要有効成分:シプロフロキサシン

ウルチセプトはバクテリア感染症に対して広く使われているお薬です。感染源となる細菌に対して効果を発揮することで、細菌の増殖を抑制し、原因となる細菌を死滅させます。性行為の前に服用することで、性感染症予防の効果も見込めます。クラミジアの場合は1週間程度の継続した服用が必須です。

 

2.ウルチセプト 効果効能

ウルチセプトは下記のような様々な感染症に対して、高い効果を発揮します。

•皮膚の感染症
•気管支系感染症
•淋病性尿道炎
•前立腺炎
•膀胱炎
•コレラ
•サルモネラ腸炎
•腸チフス
•子宮内感染
•中耳炎
•骨関節の感染症

 

3.ウルチセプト 服用方法

1) 服用のタイミング

ウルチセプトの服用に関して、他のお薬のように厳密に守るべきことは特にありません。食前、食後問わずお飲みいただけます。一つ注意すべきなのは乳製品です。牛乳やヨーグルト、またはカルシウムを大量に含む食べ物、飲み物との服用は避けましょう(料理の材料として乳製品が使われている場合は大丈夫です。あくまで乳製品だけを取る場合に注意してください。乳製品を摂取した場合は、少なくとも4時以上の間隔を空けてから、ウルチセプトを服用してください)。

オススメの服用方法は、服用時間を一定にすることです。例えば、今日ウルチセプトを午後3時に摂取したなら、翌日も同じ時刻である午後3時に摂取するようにしましょう。そうすることでウルチセプトの効果をより感じられるようになります。もしかかりつけのお医者さんに服用する時間を指定されている場合には、その時間に摂取するようにしましょう。

2) 服用用量
1日に1回、500mg(250mgx2錠)を水、またはぬるま湯で、決まった時間に服用してください。もし症状が深刻な場合は、1日1回750mgを3日間服用してください。

具体的な量は下記を参考にしてください。

•淋病性尿道炎:半日おきに250g〜500gを1週間から2週間服用
•皮膚の感染症:半日おきに500g〜750gを1週間から2週間服用
•気管支系感染症:半日おきに500g〜750gを1週間から2週間服用
•サルモネラ腸炎:半日おきに500gを約5日から7日間服用
•腸チフス:半日おきに500gを約10日間服用
•骨関節の感染症:半日おきに500g〜750gを4週間から8週間服用

 

4.ウルチセプト 副作用

1)一般的な副作用
最も一般的な副作用としましては頭痛やめまい、吐き気、腹部の痛み、下痢などがあります。

2)稀に出る重篤な副作用
ウルチセプト服用中に下記のような症状が出ましたら、すぐにウルチセプトの服用を中止し、担当医にご相談ください。

•発作や痙攣
•重度の頭痛
•視界異常
•胸の痛みを伴う頭痛、めまい、不整脈
•幻覚、混乱、悪夢、うつ症状
•知覚過敏
•アキレス腱の異常(アキレス腱の硬さ、痛み、腫れなど)
•肝臓の異常(黄疸、異常な色の尿や便)
•神経系の異常(気温や光に対する神経経過敏、ヒリヒリするような痛み)
•肌の異常(痛み、赤み、皮剥け等)
•アレルギー反応(じんましん、呼吸困難、鼓動、頻脈、顔や唇、喉などの腫れ等)

 

5.ウルチセプト 使用上の注意

使用時、注意すべきことについての具体的な細目は下記を参照ください。

服用する前に、その時に使用しているすべての薬品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について、医師または薬剤師にご相談ください。

•アルコールとの飲み合わせ:ウルチセプトとアルコールの飲み合わせで、特に深刻な副作用等は報告されておりません。

•妊娠期の服用について:ウルチセプトの服用は妊婦に影響を与える可能性があります。動物実験では動物の胎児に対する影響が確認されています。妊娠期の人体に対する副作用はまだ解明されていない点が多いため、使用前にはかかりつけ医に相談することをお勧めいたします。

•授乳期の服用について:授乳期のウルチセプトの服用は、一般的には安全とされています。これまでの臨床実験の結果では、授乳期にある人に対する深刻な副作用は報告されていません。服用にあたっては。授乳をしている幼児の様子をよく確認し、もし食欲不振や下痢などの異常が見られた場合には、すぐにかかりつけ医に相談してください。

•車の運転時の服用について:ウルチセプトの服用により、頭痛や眠気、疲労感などが起こる場合があります。もし少しでも異常を感じた場合は、運転を控えるようにしてください。

•腎臓に持病がある方の服用について:腎臓に持病のある方がウルチセプトを服用する場合には、細心の注意が必要となります。ウルチセプトの摂取量の調整が必要となる場合がありますので、かかりつけ医に相談するようにしてください。

•肝臓に持病がある方の服用について:肝臓に持病のある方の服用については、一般的に安全とされています。これまでの臨床実験によりますと、ウルチセプトの摂取量の調整が必要とはされていませんが、服用前にかかりつけ医に相談するようにしましょう。服用中に眼球や皮膚といった部位が黄染(黄色く染まる)した場合や他に何か異常を感じた場合は、すぐに服用を中止し、かかりつけ医に診察をお願いしましょう。

 

6.ウルチセプトに関してよくある質問

•レンサ球菌感染症に対してウルチセプトは効果がありますか?
レンサ球菌系の感染症に対しては、ウルチセプトは効果を発揮しません。かかりつけ医に相談し、レンサ球菌に効果のある抗生物質を配合した薬を処方してもらいましょう。

•胃酸分泌抑制作用のあるパントプラゾールとウルチセプを一緒に服用しても大丈夫ですか?
これまでのところ、ウルチセプトとパントプラゾールの飲み合わせによる健康被害は報告されていません。しかしながら、十分は臨床結果が蓄積されてはいませんので、事前にかかりつけ医に相談をしてください。

•メトロニダゾールとウルチセプを一緒に服用しても大丈夫ですか?
これまでのところ、ウルチセプトとメトロニダゾールの飲み合わせによる健康被害は報告されていません。しかしながら、十分は臨床結果が蓄積されてはいませんので、事前にかかりつけ医に相談をしてください。

•経口避妊薬ピルとウルチセプトを一緒に服用しても大丈夫ですか?
ウルチセプトと経口避妊薬ピルを同時に服用しても問題はなく、ウルチセプトが経口避妊薬ピルの効果に影響を与えることはありません。しかしながら、不測の事態を避けるために、事前にかかりつけ医に相談をするようにしましょう。

•ウルチセプトはペニシリン系薬物ですか?
ウルチセプトはペニシリン系薬物ではありません。ウルチセプトはニューキノロンと呼ばれる抗生物質系の薬に分類されているお薬です。

•ウルチセプトはバクテリア殺菌活性作用(バクテリアを死滅、もしくはバクテリアの活動を抑制)のある薬ですか?
ウルチセプトはバクテリア殺菌作用のある薬です。ウルチセプトはニューキノロンと呼ばれる抗生物質系の薬に分類されているお薬で、バクテリアDNAジャイレース作用を阻害します。

•ウルチセプトは安全ですか?
ウルチセプトは比較的安全な薬ですが、薬物の一種ですので、副作用や不測の事態を避けるために、医師による服用量、服用期間などの適切な指導、および処方の下に入手できる薬となっています。

•ウルチセプトはセファロスポリン系の薬ですか?
ウルチセプトはセファロスポリン系の薬ではありません。ウルチセプトはニューキノロンと呼ばれる抗生物質系の薬に分類されているお薬です。

•イブプロフェンとウルチセプトを一緒に服用しても大丈夫ですか?
イブプロフェンとウルチセプトを一緒に服用した場合、ウルチセプトが神経系に対する作用の効果を強める場合がまれにあります。なので、かかりつけ医にあらかじめ相談してから服用するようにしてください。

•アセトアミノフェンとウルチセプトを一緒に服用しても大丈夫ですか?
これまでの臨床実験では、アセトアミノフェンとウルチセプトの飲み合わせによる重篤な健康被害は報告されていません。しかしながら、不測の場合に備え、事前にかかりつけ医に相談するようにしましょう。

•ヒドロコドンとウルチセプトを一緒に服用しても大丈夫ですか?
これまでの臨床実験では、ヒドロコドンとウルチセプトの飲み合わせによる重篤な健康被害は報告されていません。しかしながら、不測の場合に備え、事前にかかりつけ医に相談するようにしましょう。

レビュー

レビューはまだありません。

“ウルチセプト(シプロフロキサシン)” の口コミを投稿します