商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

チャンピックス


¥8,980


チャンピックスはニコチン受容体に対する部分作動薬です。2つの作用があり、それが禁煙効果を高めてくれます。

1錠あたりの最低価格: 321円(1mg / 28錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
1mg28 ¥8,980 321 円
-
+
spinner

1. チャンピックス 商品説明

主要有効成分:バレニクリン酒石酸塩

脳内のα4β2ニコチン受容体に対し、ニコチンの代わりに結合して部分作動薬作用(刺激作用と拮抗作用)を示します。刺激作用により少量のドーパミン遊離を促進し、禁煙に伴う離脱症状やタバコへの切望感を軽減します。
また、拮抗作用により、服用中に喫煙するとα4β2ニコチン受容体にニコチンが結合するのを阻害するので、喫煙から得られる満足感を抑制します。通常、チャンピックスはニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助として用いられます。

チャンピックスの使用により、65.4%の喫煙者が禁煙に成功しました。チャンピックスの使用を継続をすることで、禁煙効果を一層高めます。

2.チャンピックス 効果効能

禁煙に伴う各種の不快感、不安などの解消、緩和に高い効果を発揮します。

3.服用方法

1) ガイドライン

通常、成人は第1〜3日目に1回0.5mgを1日1回食後に、第4〜7日目に1回0.5mgを1日2回朝夕食後に、第8日目以降は1回1mgを1日2回朝夕食後に服用します。服用期間は12週間が一つの目安です。

2) 注意点

チャンピックスは1錠中にバレニクリン1mgを含みます。必ず医師に指示された服用方法に従ってください。

医師と相談の上、禁煙開始日を設定し、禁煙開始日の1週間前から服用を開始し、12週間服用します。

薬を飲む事に困難を感じる場合には、1錠あたりのバレニクリンを0.5mgに減量されることがあります。また、重度の腎機能障害がある場合は、1回0.5mgを1日1回の服用から開始し、その後必要に応じて1日2回まで増量できます。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

なお禁煙は、治療の有無を問わず様々な症状(不快、抑うつ気分、不眠、いらだたしさ、欲求不満、怒り、不安、集中困難、落ち着きのなさ、心拍数の減少、食欲増加、体重増加等)を伴うことが報告されています。合わせて、基礎疾患として有している精神疾患の悪化を伴うこともあります。

また禁煙に伴う抑うつ気分、不安、焦燥、興奮、行動又は思考の変化、精神障害、気分変動、攻撃的行動、敵意、自殺念慮及び自殺も報告されています。チャンピックスとの因果関係は明らかではありませんが、これらの症状があらわれることもあるので、チャンピックスを服用する際には自分の状態をよく観察してください。

なお、チャンピックス服用中止後も、これらの症状があらわれることがあります。また、これらの症状、行動があらわれた場合には、チャンピックスの服用を中止し、速やかに担当医に相談をしてください。
めまい、傾眠、意識障害等があらわれ、自動車事故に至った例も報告されているので、服用中に自動車の運転等危険を伴う機械の操作は控えてください。

3) 次のカテゴリーに該当する方は、事前に医師に相談をしてください。

•統合失調症、双極性障害、うつ病等の精神疾患のある方(症状を悪化させることがあります)
•重度の腎機能障害のある方(重度の腎機能障害のある方は血中濃度が高くなるおそれがあります)
•血液透析を受けている方(臨床実験の結果の十分な蓄積がないため、予期せぬ副作用が起こる場合があります)

4.チャンピックス 服用のタイミング

基本的には食後の服用となりますが。飲み始めてからの日数により異なりますので、注意してください。飲み忘れた場合は、気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の服用時間が近いときは、忘れた分を飲まないで、次の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

5.チャンピックス 服用用量

上記の症例に応じた服用量に従ってください。誤って多く飲んだ場合には、医師または薬剤師に必ず相談してください。

6.チャンピックス 副作用

副作用に関しては、この項目をよく読み、服用中に少しで異常を感じた場合には、直ちに服用を中止して医師に相談してください。なおチャンピックスでは、副作用発現頻度が明確となるような調査は実施されていません。

1) 主な副作用

主なものとして下記のような副作用が報告されています。

•嘔気:1,033例(28.5%)
•不眠症:591例(16.3%)
•異常な夢:472例(13.0%)
•頭痛:419例(11.6%)
•鼓腸:302例(8.3%)

2) 重大な副作用(頻度不明)

次のような副作用が認められた場合には、直ちに服用を中止し、かかりつけ医に相談してください。

•皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑(頻度不明)

•皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑等があらわれることがあるので、皮疹等の症状があらわれた場合には服用を中止し、適切な処置を受けてください。

•血管浮腫(頻度不明)

•顔面、舌、口唇、咽頭、喉頭等の腫脹を症状とする血管浮腫があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には服用を中止し、適切な処置を受けてください。

•意識障害(頻度不明)

•意識レベルの低下、意識消失等の意識障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には服用を中止し、適切な処置を受けてください。

•肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明)

•AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP等の上昇を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には服用を中止し、適切な処置を受けてください。

7.チャンピックス よくある質問

•ニコチンパッチで禁煙を開始したのですが、皮膚が赤く腫れてしまいました。途中からチャンピックスに変更できますか?

開始後12週の間であれば、チャンピックスに変更可能です。健康保険も適用されます。ただし、チャンピックスの処方は12週目までに限られますのでご了承ください。

•チャンピックスにニコチンが含まれていない点は安心できるのですが、神経細胞より少量のドーパミンが放出されるとのこと。依存症などの心配はありませんか?

依存症の報告はなく、その心配はないと考えられます。ご安心ください。

•チャンピックスの副作用にはどのようなものがありますか?

最も多くみられた副作用は吐き気です。約1割強の方に認められましたが、程度は軽く、吐き気のために服用中止を余儀なくされたのはごく僅かでした。いずれも処置を要することなく回復しています。

•初めの1週目はタバコを吸ってもかまわないということですが、どのような意味があるのでしょうか?

チャンピックスには、脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合することで、タバコを吸った際にタバコに含まれるニコチンが受容体に結合するのを妨げる作用があります。
普段タバコを吸うことで神経細胞からドーパミンが放出され、これが依存症(満足感と切望感)に繋がるのですが、まず1週目はタバコを吸っても「おいしくない」ということを脳に感じさせる期間と考えていただきたいと思います。これにより、2週目からスムーズに禁煙に移行することが可能となります。
もちろん、1週目からすぐに禁煙されてもなんら問題はありません。

•ニコチンパッチとチャンピックスでは、どちらのほうが禁煙の成功率は高いのでしょうか?

直接の比較試験では、チャンピックスを使用した方が、禁煙成功率は13%ほど高いと報告されています。もちろん、貼付薬と内服薬という使用方法の違い等もあり、また個々の好みもあると考えられますので、自分が良いと思う、あるいは使いやすい薬を選択されるのがよいのではないでしょうか。

•妊婦ですが、チャンピックスは使用することができますか?

添付文書には「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合に服用すること」と書かれています。原則的にはお勧めしません。

8.チャンピックス 使用上の注意

1) 一般的な注意

•併用に注意が必要な治療薬があるので、他の治療薬を服用されている方は、使用前に医師にご相談ください。
•チャンピックスの服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
•妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、チャンピックス服用前に必ず医師にご相談ください。
•チャンピックスや、チャンピックス含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

2) 保管する際の注意点

•子供の手の届かないところに保管してください。
•直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“チャンピックス” の口コミを投稿します