商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

セファデックス(セファレキシン250mg・500mg)


¥3,600 ~


セファデックスは有効成分セファレキシンを含むセフェム系の抗生物質であり、「ケフレックス」のジェネリック医薬品です。
セファデックスはセファロスポリン系の抗生物質で、細菌の細胞壁合成を阻害することにより、強い抗菌作用を示します。セファデックスは皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に広く用いられています。

1錠あたりの最低価格: 200円(500mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
500mg30 ¥6,000 200 円
-
+
spinner
250mg 30 ¥3,600 120 円
-
+
spinner

1. セファデックス 商品説明

主要有効成分:セファレキシン

セファデックスは有効成分セファレキシンを含むセフェム系の抗生物質であり、「ケフレックス」のジェネリック医薬品です。

感染症とは一般的に、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、時には化膿して、痛みや発熱によって私たちに苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあります)。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。そして、この薬が有効なのはこの「細菌」による感染症に対してなのです。グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌に対しても有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれて、また熱がある場合には解熱します。

セファデックスはいろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。のどの痛みや発熱をともなう風邪の患者にも処方されています。本来はインフルエンザを含めた一般的なウイルス性の風邪には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のためにセファデックスを用いることがあります。

2.セファデックス 効果効能

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、インフルエンザ菌に対し高い抗菌作用を持ちます。
これまでに行われた21万例の臨床例のうち、副作用症例として報告されたのは1411例(0.67%)です。その主なものは、軟便・下痢が671例(0.32%)、胃不快感・腹部膨満感等が239例(0.11%)、食欲不振が174例(0.08%)です。

次のような症状に高い効果を発揮します。

•表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
•外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎
•骨髄炎、筋炎
•咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
•膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)
•淋菌感染症、子宮頸管炎
•バルトリン腺炎、子宮内感染
•涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)
•外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎
•歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染

3.セファデックス 服用方法(服用のタイミング、服用容量など)

通常、成人もしくは体重20kg以上の小児は、1回1錠(250m)を6時間ごとに服用します。もし症状が重い場合は1回2錠(500mg)を6時間の間隔を空けて服用します。
これはあくまで一般的なガイドラインで、摂取する方の症状の程度、年齢、体重により適切な量は異なります。なので服用前に必ずかかりつけ医に相談し、指示された服用方法に従ってください。

幼小児にはセファレキシンを体重1キログロムあたり1日25~50mgに分割して6時間ごとに服用してください。重症の場合には体重1キログラムあたり50~100mgに分割して6時間ごとに服用してください。これは年齢、体重、症状により適宜増減させる必要があるので、かかりつけ医に相談の上慎重に服用を行なってください。

飲み忘れた場合、飲み忘れに気がついた時にできるだけ早く服用してください。ただし、次に服用するまでの間隔が短い場合は、飲み忘れた分は飲まずに、その分は飛ばし、次に飲む時間に通常通りの1回分を飲んでください。2回分を一度に服用するのは避けてください。また誤って多く飲んだ場合には、医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で服用を中止しないでください。

飲み合わせについては、持続性顆粒(L)と胃腸薬(制酸剤)の同時服用は避けてください(2時間以上の間隔をあければ問題ありません)。

4.セファデックス 副作用

1) 主な副作用

副作用としては主に、発疹、じんましん、紅斑、かゆみ、発熱、関節痛、リンパ腺の腫れなどがこれまでに報告されています。このような症状に気づいた場合、担当の医師または薬剤師に直ちに相談してください。

また、まれに下記のような症状が現れることがあります。これらは()内に示した副作用の初期症状である可能性があり危険ですので、もしこのような症状が現れた場合には薬の服用を直ちにやめ、医師の診療を受けてください。

•呼吸困難、全身潮紅、浮腫
(ショック、アナフィラキシー様症状)
•尿量減少、手足や顔のむくみ、全身倦怠感
(急性腎不全)
•疲れやすい、全身倦怠感、動悸
(溶血性貧血)
•頻回な下痢、腹痛、血便
(偽膜性大腸炎)
•発熱、眼球結膜の充血、紅斑
(皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症)

2) その他の副作用

•過敏症注(15%以上又は頻度不明):発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱、リンパ腺腫脹、関節痛等
•血液注(10.1%未満):顆粒球減少、好酸球増多、血小板減少
•肝臓注(20.1%未満):黄疸、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇
•消化器(0.1~5%未満):悪心、嘔吐、軟便、腹痛、食欲不振、胃不快感等
•菌交代症(0.1%未満):口内炎、カンジダ症
•ビタミン欠乏症(0.1%未満):ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)
•その他(0.1%未満):頭痛、めまい、全身倦怠感

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状、もしくは異常を感じた場合には、医師または薬剤師に直ちに相談をしてください。

5.セファデックス 使用上の注意

1) 次のようなケースに該当する場合には、不測の自体が起きる場合がありますので、薬の服用前にかかりつけ医に相談をしてください。

•以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
•妊娠または授乳中。
•他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性があります。他に使用中の一般用医薬品や食品も含め注意をしてください。)

2) 次のような方は服用に際して注意が必要です。

•ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方。
•両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質の方がいる方。
•高度の腎障害のある方(血中濃度が持続するので、服用量を減らすか、服用間隔をあけて使用してください。)
•経口摂取の不良な方、または非経口栄養の方、全身状態の悪い方(ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行ってください。)
•高齢者(下記4)を参考にしてください。)

3) 禁忌

•禁忌
次の方は服用できません:本剤の成分によるショックの既往歴のある方

•原則禁忌
次の方は原則服用することができませんが、特に必要な場合には医師との相談の上で服用が可能となる事があります:本剤の成分又はセフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方

4) 高齢者の服用

高齢者は次の点に注意し、用量並びに服用間隔に留意し自分の状態をよく観察しながら慎重に服用をしてください。

•高齢者は生理機能が低下している事が多く副作用が発現しやすいことがあります。
•高齢者ではビタミンK欠乏による出血傾向があらわれることがあります。

5) 妊婦産婦、授乳、婦等の服用

妊婦又は妊娠している可能性のある方は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断できる場合にのみ服用してください(妊娠中の服用に関する安全性は確立していません。)

6.セファデックス 保管する際の注意点

アモキシシリンは乳幼児、小児の手の届かないところで保管してください。また光、高温、湿気を避けて保管してください(15~30°C の室温が適当です)。薬が残った場合には、保管はしないで廃棄してください。また記載された有効期限を過ぎたものは使用しないでください。

レビュー

レビューはまだありません。

“セファデックス(セファレキシン250mg・500mg)” の口コミを投稿します