商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

センフォースFM

在庫状況: 在庫切れ


¥2,800 ~


センフォースFMは女性の膣周辺への血流を増加させることで、膣とクリトリスの感度を高め、セックスの間により興奮し気持ちよく感じることができるようサポートする女性用 性的不感症治療薬です。センフォースFMを服用すると感じやすくなるので、少しの性的刺激でも濡れやすくなり、クリトリスが敏感になり、性的により満足することができるようになります。不感症、絶頂不全、膣分泌液量の減少などでお悩みの女性たちに人気の商品です。

現在在庫切れです。

1錠あたりの最低価格: 252円(100mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド

出荷国 : シンガポール


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
100mg 30 ¥7,560252 円
100mg10 ¥2,800280 円

1. 商品の説明

センフォースFMは女性の膣周辺への血流を増加させることで、膣とクリトリスの感度を高め、セックスの間により興奮し気持ちよく感じることができるようサポートする女性用 性的不感症治療薬です。センフォースFMを服用すると感じやすくなるので、少しの性的刺激でも濡れやすくなり、クリトリスが敏感になり、性的により満足することができるようになります。不感症、オーガズム障害、膣分泌液量の減少、性的興奮障害などでお悩みの女性たちに人気の商品です。

センフォースFMには男性のED(勃起不全)を治療するための医薬品であるバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルが含まれており、女性の性機能障害を治療するために特別に配合されています。 有効成分シルデナフィルは膣周辺への血流を増加させ、膣内がより潤うように促進する作用をもたらします。

40歳前後の年齢のホルモン変化に起因して、女性は健康な性的関係の欠如を経験することがあります。また、セックスの際に濡れにくいために性交痛を感じてしまったり、ストレスなどでセックスを楽しめなくなったり、もともとオーガズムを感じにくい体質であったり、夫婦間のマンネリ化からの不感症を患っているなど、女性の悩みは様々です。センフォースFMはこのようなセックスに関わる悩みを抱えている多くの女性達に素晴らしい効果を与えています。

年齢が上がり徐々に体力が低下するにつれて、または、ストレスなどを感じたりしていると、ホルモンのバランスが崩れたりして、性的に興奮しにくくなったり、感じにくくなったり、濡れにくくなったりするものです。そのような時に、センフォースFMは、性行為をより楽しむことができるようにサポートする力強い味方になります。

センフォースFMを製造販売しているセンチュリオン・ラボラトリーズ社は2006年にインドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに本社を置き設立され、以来急成長を遂げている製薬会社です。

2. 効果効能

センフォースFMは特に女性のために開発された、有効成分シルデナフィルを含む女性用 不感症治療薬です。センフォースFMは、膣領域の血流を増加させることによって、膣内に潤いをもたらし、女性性器とクリトリスが感じやすくなるので、セックスがより気持ちよく感じることができるようにサポートします。

センフォースFMは服用してから30〜45分ほどで効果が表れはじめ、膣内での血液の流れや感受性を高めます。 センフォースFMは膣の中の自然な愛液を増やし、性的喜びを高める一方で、快楽を感じることができるように感じやすくするサポートをします。

センフォースFMがどのように機能するかについて完全に確立された研究はありませんが、特に抗うつ剤を服用している女性は、センフォースFMが非常に効果的だと感じるとされています。

3. 服用方法

1) 服用のタイミング

センフォースFMを性行為のおよそ1時間ほど前に服用してください。

センフォースFMは空腹で服用することが推奨されています。
食事の後にセンフォースFMを服用すると効果が半減してしまい期待した効果が得られませんので、ご注意ください。

センフォースFMを食事の後に服用する場合は、少なくとも2時間以上空けてください。その場合の食事はあっさりとした日本食などのメニューを腹7部目に抑えて食事をするようにしてください。中華料理、フランス料理、天ぷら、とんかつなどの油分の多い食事は2時間後も胃に油膜を残す可能性がありますので避けてください。

センフォースFMを食前に服用する場合は、少なくても30分前、できれば1時間ほど前に服用して食事をしてください。一度有効成分が体内に吸収されれば、食事をしても問題ありません。その場合は、効果持続時間に注意して性行為を服用してから4時間以内に行うようにしてください。センフォースFMの効果持続時間は4〜5時間ほどとなっております。

2) 服用用量

シルデナフィルが日本の医療機関で承認を受けている有効成分シルデナフィルの用量は25mgと50mgになります。

シルデナフィル100mgは日本では承認されていない用量であり、大きな体格の外国人に合わせて海外で販売されている用量です。

シルデナフィルを初めて服用する場合は25mgから服用することが推奨されています。

センフォースFM100mgを購入した場合は、必ずピルカッターなどと利用して半分か4分の1に切ってから服用してください。

自らの体質に合った用量を確かめるためにも、センフォースFMを服用する前に医師に相談してから服用するようにしてください。
その際には、現在服用している薬やサプリメント、これまでの病歴や現在治療中の症状があれば全て話すようにしてください。

3) 効果持続時間

シルデナフィル50mg(センフォースFM100mg半分)の効果持続時間は4〜5時間ほどとされています。

センフォースFMを服用してから30分ほどで効果が表れ始めます。
服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。

特に高い効果を感じることができるのは3時間までです。

センフォースFMの服用量は、効果時間の長さに影響を与えます。
最小用量の25mgは、最大用量の100mgほど長く持続しませんが、持続時間を長くするためにより多い用量の薬を服用することは安全でない可能性が高いので、自らの判断で用量を増やすことは避けてください。

通常人は年齢が上がるにつれて代謝が遅くなるため、センフォースFMの効果持続時間は、年齢が高くなるにつれて長く続く傾向があります。一般的に、65歳以上の方がより長い効果持続時間を体験することができます。

センフォースFMを服用してから次のセンフォースFMを服用するまでに24時間以上の間隔を開けてください。
1日に1錠以上は服用しないでください。

4. 副作用

1) 一般的な副作用

センフォースFMの一般的な副作用は以下のようなものがあります。

・頭痛
・ほてり
・胃の不調
・色覚の変化などの視界異常(青色の色合いを帯びたようになる)
・視界がぼやける
・鼻づまり
・鼻水
・背中の痛み
・筋肉痛
・吐き気
・めまい
・発疹  等

2)稀に出る重篤な副作用

・突然の視力喪失
一方または両方の眼の突然の視力喪失は、深刻な眼の問題の徴候であり、非動脈前虚血性視神経症(NAION)である可能性があります。 すぐに医師に相談してください

・突然の聴力低下または難聴
一部の人々は聴力低下、耳鳴り、めまいを経験することがあります。
これらの症状が出た場合は、すぐに医師に連絡してください

5. 使用上の注意

1) 持病のある方

○ アレルギー体質の方

シルデナフィルを服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。センフォースFMには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

以下のような症状を患っていたり、患った経験のある方は、センフォースFMを服用する前に、医師または薬剤師に相談してください。

○ 心臓の疾患
・過去6ヶ月以内の心臓発作
・生命を脅かす不規則な心拍
・胸痛、狭心症
・心不全など

○ 腎臓病

○ 肝臓病

○ 高血圧または低血圧

○ 体水分の重度な減少(脱水症状)

○ 鎌状赤血球貧血

○ 白血病

○ 多発性骨髄腫

○ 眼の疾患
・色素性網膜炎
・突然の視力低下(NAIONなど)

2)センフォースFMの併用禁忌薬および併用注意薬

服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

○ 硝酸薬

○ リオシグアト(アデムパス)などグアニル酸シクラーゼ刺激剤

○ アルファ遮断薬(高血圧治療薬、排尿障害治療薬、前立肥大症治療薬)

アルファ遮断薬とセンフォースFMの併用は、血圧の低下または失神を招く可能性がありますので併用は避けて医師に相談してください。

・テラゾシン(商品名:バソメット錠)
・タムスロシン塩酸錠
・ドキサゾシンメシル酸塩錠
・プラゾシン(商品名:ミニプレス)
・アルフゾシン
・デュタステリド
・シロドシン(商品名:ユーリフ)

○ HIVプロテアーゼ阻害薬

・リトナビル(商品名:ノービア、カレトラ、ヴィキラックス)
・インジナビル(商品名:クリキシバン)
・サキナビル(商品名:インビラーゼ)
・アタザナビル(商品名:レイアタッツ)

○ 経口抗真菌薬

・ケトコナゾール
・イトラコナゾール
・クラリスロマイシン
・テリトロマイシン
・エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)

○ 高血圧治療薬

○ ED治療薬

シルデナフィルまたは他のPDE5阻害薬を含む治療薬

・シルデナフィル錠
・レビトラ(有効成分:バルデナフィル)
・シアリス(有効成分:タダラフィル)

3)グレープフルーツを避ける

グレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分は、有効成分シルデナフィルが体外に代謝されることを阻害するために、副作用が強く出過ぎるなどの症状が出ることがあります。
グレープフルーツとそのジュース、その他レモンを除く柑橘系のフルーツとそのジュースは避けるようにしてください。

レビュー

レビューはまだありません。

“センフォースFM” の口コミを投稿します