商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

バイアグラ


¥6,380 ~


バイアグラは、1998年より世界で初めて発売された男性のED(勃起不全)の症状を治療するためにファイザー製薬より発売されるようになったED治療薬です。
バイアグラはPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害薬というクラスに属する医薬品であり、陰茎の血管の壁を緩ませて血管を拡張させながら血流の流れを促進させることで勃起を得ることができるようにサポートします。

1錠あたりの最低価格: 1,428円(100mg / 24錠)

生産国 : トルコ

出荷国 : シンガポール


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
100mg 28 ¥39,9801428 円
-
+
spinner
100mg 24 ¥34,9801457 円
-
+
spinner
100mg 20 ¥29,9601498 円
-
+
spinner
100mg 16 ¥23,9701498 円
-
+
spinner
100mg 12 ¥17,9801498 円
-
+
spinner
100mg 8 ¥12,8801610 円
-
+
spinner
100mg4 ¥6,8801720 円
-
+
spinner
50mg 28 ¥38,8901389 円
-
+
spinner
50mg 24 ¥33,4681394 円
-
+
spinner
50mg 20 ¥28,8901444 円
-
+
spinner
50mg 16 ¥23,1801449 円
-
+
spinner
50mg 12 ¥18,2901524 円
-
+
spinner
50mg 8 ¥11,9801497 円
-
+
spinner
50mg4 ¥6,3801595 円
-
+
spinner

1. 商品説明

主要有効成分:シルデナフィルクエン酸塩の働き

バイアグラは、1998年より世界で初めて発売された男性のED(勃起不全)の症状を治療するためにファイザー製薬より発売されるようになったED治療薬です。

バイアグラはPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害薬というクラスに属する医薬品であり、陰茎の血管の壁を緩ませて血管を拡張させながら血流の流れを促進させることで勃起を得ることができるようにサポートします。また、勃起が萎える時に体内で放出される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を阻害し、勃起を長持ちさせることができるようにサポートします。ファイザー製薬の調査結果ではバイアグラを服用すると5人のうちの4人の方が性行為をするために十分な強い勃起力を維持することができたという結果が出ています。

ED治療薬が発売される以前は、男性の勃起不全の症状にはこれといった解決策はなく、一人で悩んでいた男性が多い状況がありましたが、バイアグラが発売されたことで、ED(勃起不全)という症状が認知されるようになった上に、お薬を服用するだけで簡単にEDを治療することができるようになり、多くの男性に素晴らしい体験をもたらしてきました。青いひし形の錠剤がトレードマークとなり当時は「夢の薬」と呼ばれ、世界中の男性たちに親しまれています。

バイアグラは、もともとは狭心症の薬として開発されていましたが、思ったような効果をもたらすことができずに研究者たちが商品化を諦めていました。そんな中、臨床試験に参加した被験者の中から勃起不全が改善されたことを報告したことから、方向転換してED治療薬として開発、発売されるようになりました。偶然のできごとからの産物ですが、バイアグラは以来、ED治療薬の代名詞的な存在となり、2016年12月には2500万人以上の世界の男性がバイアグラの処方を受けたというデータがファイザー製薬の調査から発表されています。バイアグラを服用している男性のうちたくさんの方々は処方を受けるのではなくオンラインでバイアグラを購入しているため、実際にはどれほどたくさんの方がバイアグラを服用しているのかを未知数です。

バイアグラはイギリスのファイザー製薬の研究者たちの間で研究開発され、アメリカのファイザー製薬より販売されるようになりました。発売から10年後の2008年には19.9億円以上の収益をファイザー製薬にもたらし、現在まで世界中の男性に愛用されています。

2. 効果効能

性的刺激を受けた後、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは陰茎の血管の壁を弛緩させることで血流を増加させ、勃起を引き起こすサポートをします。ペニスの勃起は、陰茎が血液で充満されることによって引き起こされます。この作用は、陰茎に血液を供給する血管である動脈が血液の供給を増加させ、陰茎から血液を運んでいる血管である静脈が血液の除去を減少させるときに起こります。

正常な状態では、性的刺激は陰茎の一酸化窒素の産生および放出をもたらします。一酸化窒素は、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の産生を引き起こすグアニル酸シクラーゼ酵素を活性化します。血管が拡張し、ペニスから供給され、除去される血液の量に影響を与えることによって、主に勃起を引き起こす役割をする成分はこの環状グアノシン一リン酸(cGMP)になります。

バイアグラはPDE5阻害薬と呼ばれる医薬品のクラスに属する薬です。PDE5阻害薬は、cGMPを破壊して勃起を萎えさせてしまうホスホジエステラーゼ-5(PDE5)と呼ばれる酵素を阻害します。ED(勃起不全)を患っている男性は、何かしらの理由でこのホスホジエステラーゼ-5(PDE5)が性行為を行っている最中に放出されてしまうことがあります。PDE5阻害薬は、勃起の状態を萎えさせてしまうことに繋がるcGMPの破壊を防止し、cGMPを体内に蓄積させることで、より長く勃起を持続させることを可能にさせます。

バイアグラを服用して、これまでに「勃起力が不足していた」、「中折れをしてしまっていた」、「途中で抜けてしまった」、「立ちがわるいので自信を持つことが出来なかった」、などという悩みを抱えていた男性たちが次々と自信を回復して夜の営みを再び楽しむことができるようになっています。

3. 服用方法

1) 服用のタイミング

バイアグラを性行為のおよそ1時間ほど前に服用してください。

バイアグラは空腹で服用することが推奨されています。
食事の後にバイアグラを服用すると効果が半減してしまい期待した効果が得られませんので、ご注意ください。

バイアグラを食事の後に服用する場合は、少なくとも2時間以上空けてください。その場合の食事はあっさりとした日本食などのメニューを腹7部目に抑えて食事をするようにしてください。中華料理、フランス料理、天ぷら、とんかつなどの油分の多い食事は2時間後も胃に油膜を残す可能性がありますので避けてください。

バイアグラを食前に服用する場合は、少なくても30分前、できれば1時間ほど前に服用して食事をしてください。一度有効成分が体内に吸収されれば、食事をしても問題ありません。その場合は、効果持続時間に注意して性行為を服用してから4時間以内に行うようにしてください。バイアグラの効果持続時間は4〜5時間ほどとなっております。

2) 服用用量

バイアグラが日本の医療機関で承認を受けている有効成分シルデナフィルの用量は25mgと50mgになります。

100mgは日本では承認されていない用量であり、大きな体格の外国人に合わせて海外で販売されている用量です。

50mgや100mgを購入した場合は、ピルカッターなどと利用して半分か4分の1に切ってから服用すると良いでしょう。

バイアグラを初めて服用する場合は25mgから服用することが推奨されています。

自らの体質に合った用量を確かめるためにも、バイアグラを服用する前に医師に相談してから服用するようにしてください。
その際には、現在服用している薬やサプリメント、これまでの病歴や現在治療中の症状があれば全て話すようにしてください。

3) 効果持続時間

バイアグラの効果持続時間は4〜5時間ほどとされています。

バイアグラを服用してから30分ほどで効果が表れ始めます。
服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。

特に高い効果を感じることができるのは3時間までです。

バイアグラの服用量は、効果時間の長さに影響を与えます。
最小用量の25mgは、最大用量の100mgほど長く持続しませんが、持続時間を長くするためにより多い用量の薬を服用することは安全でない可能性が高いので、自らの判断で用量を増やすことは避けてください。

通常人は年齢が上がるにつれて代謝が遅くなるため、バイアグラの効果持続時間は、年齢が高くなるにつれて長く続く傾向があります。一般的に、65歳以上の方がより長い効果持続時間を体験することができます。

バイアグラを服用してから次のバイアグラを服用するまでに24時間以上の間隔を空けてください。1日に1錠以上は服用しないでください。

4. 副作用

1) 一般的な副作用

バイアグラの一般的な副作用は以下のようなものがあります。

・頭痛
・ほてり
・胃の不調
・色覚の変化などの視界以上(青色の色合いを帯びたようになる)
・視界がぼやける
・鼻づまり
・鼻水
・背中の痛み
・筋肉痛
・吐き気
・めまい
・発疹  等

2) 稀に出る重篤な副作用

・勃起持続症
勃起が4時間以上続く場合は、すぐに医師に相談してください。
すぐに治療しないと、陰茎に永久に損傷を与える可能性があります。

・突然の視力喪失
一方または両方の眼の突然の視力喪失は、深刻な眼の問題の徴候であり、非動脈前虚血性視神経症(NAION)である可能性があります。 すぐに医師に相談してください

・突然の聴力低下または難聴
一部の人々は聴力低下、耳鳴り、めまいを経験することがあります。

これらの症状が出た場合は、すぐに医師に連絡してください

5. 使用上の注意

1) 持病のある方

○ アレルギー体質の方

シルデナフィルを服用する前に、アレルギー体質の方は医師または薬剤師に相談してください。バイアグラには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。

以下のような症状を患っていたり、患った経験のある方は、バイアグラを服用する前に、医師または薬剤師に相談してください。

○ 心臓の疾患
・過去6ヶ月以内の心臓発作
・生命を脅かす不規則な心拍
・胸痛、狭心症
・心不全など

○ 腎臓病

○ 肝臓病

○ 高血圧または低血圧

○ 体水分の重度な減少(脱水症状)

○ 陰茎の疾患
・陰茎湾曲
・陰茎硬化症(ペロニー病)など

○ 長期勃起症の病歴

○ 鎌状赤血球貧血

○ 白血病

○ 多発性骨髄腫

○ 眼の疾患
・色素性網膜炎
・突然の視力低下(NAIONなど)

バイアグラは通常、女性には使用されていません。
女性の方はラブグラやセンフォースFMなど女性用に作られたシルデナフィル錠を服用することを推奨します。

2) バイアグラの併用禁忌薬

服用する前に、使用しているすべての製品(処方薬、市販のお薬、ハーブ薬品、サプリメントを含む)について医師または薬剤師にご相談ください。

○ 硝酸薬

○ リオシグアト(アデムパス)などグアニル酸シクラーゼ刺激剤

○ アルファ遮断薬(高血圧治療薬、排尿障害治療薬、前立肥大症治療薬)

アルファ遮断薬とバイアグラの併用は、血圧の低下または失神を招く可能性がありますので併用は避けて医師に相談してください。

・テラゾシン(商品名:バソメット錠)
・タムスロシン塩酸錠
・ドキサゾシンメシル酸塩錠
・プラゾシン(商品名:ミニプレス)
・アルフゾシン
・デュタステリド
・シロドシン(商品名:ユーリフ)

○ HIVプロテアーゼ阻害薬

・リトナビル(商品名:ノービア、カレトラ、ヴィキラックス)
・インジナビル(商品名:クリキシバン)
・サキナビル(商品名:インビラーゼ)
・アタザナビル(商品名:レイアタッツ)

○ 経口抗真菌薬

・ケトコナゾール
・イトラコナゾール
・クラリスロマイシン
・テリトロマイシン
・エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)

○ 高血圧治療薬

○ ED治療薬

シルデナフィルまたは他のPDE5阻害薬を含む治療

・シルデナフィル錠
・レビトラ(有効成分:バルデナフィル)
・シアリス(有効成分:タダラフィル)

3)グレープフルーツとそのジュース

グレープフルーツの中に含まれているフラノクマリン酸という成分は、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが体外に代謝されることを阻害するので、副作用が強く出ることがあります。バイアグラや他のPDE5阻害薬を服用する時はグレープフルーツやそのジュースと一緒に服用しないでください。

レビュー

レビューはまだありません。

“バイアグラ” の口コミを投稿します