商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

ピオモア


¥1,350 ~


ピアモアは高血糖を改善する作用のある糖尿病治療薬で、主に体内でのインスリン分泌量が低下するⅡ型糖尿病(遺伝、高カロリー、運動不足が原因)に対して広く利用されています。

1錠あたりの最低価格: 45円(15mg / 30錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
30mg30 ¥1,35045 円
-
+
spinner
15mg30 ¥4,500150 円
-
+
spinner

1.商品説明
主要有効成分:ピオグリタゾン

ピアモアはⅡ型糖尿病により、体内でインスリンが十分に分泌されない状態を改善します。また、インスリン不足で糖を分解できずに起こる症状を改善する効果もあります。

 

2.効果効能

ピアモアはインスリンの働きを高めることによって、血糖を下げる効果があります。糖尿病の治療に広く用いられています。

 

3.服用方法

1日1回1~2錠を水またはぬるま湯で服用してください。

 

4.服用のタイミング

食前、食後等の指定はございません。飲み忘れた場合は気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分を飲まないで、次の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

 

5.副作用

副作用に関してこの項目をよく読み、服用中に少しで異常を感じた場合には、直ちに服用を中止して医師に相談してください。

1) 一般的な副作用
主な副作用としては次のような症状が報告されています。このような症状が現れた場合には、服用を止め、直ちに担当の医師または薬剤師に相談してください。

•浮腫
•貧血
•発疹
•湿疹
•かゆみ
•体重増加
•糖尿病性黄斑浮腫の発症(視力低下など)または増悪

2) 重大な副作用
•心不全が増悪あるいは発症することがあるので、服用中は体調の変化に十分に注意を払い、浮腫、急激な体重増加、心不全症状・徴候(息切れ、動悸、心胸比増大、胸水等) がみられた場合には、服用を中止して、ループ利尿剤等を服用するなどの適切な処置を医師に要請してください。特に心不全発症のおそれがある心疾患の方が服用する際や、インスリンと併用する際には、心不全の徴候に注意をしてください。

•循環血漿量の増加によると見られる浮腫があらわれることがあるので、体調の変化に注意を払い、浮腫が認められた場合には、減量あるいは服用を中止するなど適切な処置を行ってください。これらの処置によっても症状が改善しない場合には、必要に応じてループ利尿剤(フロセミド 等)の服用等を医師に要請してください。 なお、女性やインスリン併用時、糖尿病性合併症発症例においては、浮腫の発現が多くみられており、ピオグリタゾン塩酸塩製剤を1日1回30mgから45mgに増量した後に浮腫が発現した例も多くみられています。これらの症例にあっては、浮腫の発現に特に留意してください。

•AST(GOT)、ALT(GPT)、AL-P 等の著しい上昇を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、 肝機能障害を有するなどの場合には定期的に肝機能検査を受けて、異常が認められた場合には、服用を中止するなど適切な処置を行なってください。

•他の糖尿病用薬との併用で、低血糖症状があらわれることがあります。低血糖症状が認められた場合には、本剤あるいは併用している糖尿病用薬を一時的に中止するか、もしくは減量するなどして慎重に服用をしてください。また、本剤の服用により低血糖症状が認められた場合、通常はショ糖を、α – グルコシダーゼ阻害剤との併用により低血糖症状が認められる場合にはブドウ糖の投与を、医師に要請してください。なお、低血糖症状はインスリン併用時に多くみられています。

•筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがあります。このような場合には服用を中止して、 適切な処置を医師に要請してください。

•間質性肺炎があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、 呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT、血清マーカー等の検査を受け、異常が認められた場合には、服用を中止して、 副腎皮質ホルモン剤の服用等の適切な処置を医師に要請してください。

•胃潰瘍が再燃した例が報告されています。

3) その他の注意すべき副作用
まれに下記のような症状があらわれ、かっこ内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合は、服用を止め、直ちに医師の診察を受けてください。

•むくみ、急激な体重増加、心不全症状(息切れ、動悸など)(心不全の初期症状の可能性があります。)
•むくみ、急激な体重増加(浮腫の初期症状の可能性があります。)
•全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる(肝機能障害・黄疸の初期症状の可能性があります。)
•脱力感、高度の空腹感、冷汗(低血糖症状の初期症状の可能性があります。)
•筋肉痛、脱力感、赤褐色尿(横紋筋融解症の初期症状の可能性があります。)

 

6. 使用上の注意

1)一般的な注意
•併用に注意が必要な治療薬があるので、他の治療薬を服用されている方は、使用前に医師にご相談ください。
•本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
•妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
•本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

2) 用法及び用量に関連する使用上の注意

•浮腫が比較的女性に多く報告されているので、女性が服用する場合は、浮腫の発現に注意して、1日1回15mg から服用を開始することが望ましいとされています。

•1日1回30mgから45mgに増量した後に浮腫が発現した例が多くみられているので、45mgに増量する場合には、浮腫の発現に特に留意してください。

•インスリンとの併用時においては、浮腫が多く報告されているので、1日1回15mgから服用を開始してください。増量する場合には浮腫、および心不全の症状・徴候に十分に注意しながら慎重に行ってください。また、1日量として 30mgを超えないようにしてください。

3) 高齢者の服用
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、1 日 1 回 15mg から服用を開始するなど、副作用発現に注意し、経過を十分に観察しながら慎重に服用してください。

4) 妊婦、産婦、授乳婦等の服用
•妊婦又は妊娠している可能性のある方は服用しないでください。妊娠中の服用に関する安全性は確立しておりません。ラットを使った器官形成期投与試験では、40mg/kg以上の群で胚・ 胎児死亡率の上昇、出生児の生存率の低値、またウサギを使った器官形成期投与試験では、160mg/kg群で親動物の死亡又は流産がそれぞれ1例、胚・胎児死亡率の上昇が報告されています。

•授乳中の方は服用するのを避け、やむを得ず服用する場合には授乳を中止してください。ラットを使った動物実験では、乳汁中への移行が報告されています。

5) 小児等の服用
小児等に対する安全性は確立していませんので、服用は控えてください(臨床実験等は行われていません)。

6) 禁忌
次の方は服用をしないようにしてください。

•心不全の方及び心不全の既往歴のある方
動物試験において循環血漿量の増加に伴う代償性の変化と考えられる心重量の増加がみられて、また臨床的にも、心不全を増悪あるいは発症したとの報告があります。

•重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1 型糖尿病の方
インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となります。

•重篤な肝機能障害のある方
本剤は主に肝臓で代謝されるため、蓄積するおそれがあります。

•重篤な腎機能障害のある方

•重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
インスリン注射による血糖管理が必要なので、ピアモアの服用は適切ではありません。

•本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

•妊婦又は妊娠している可能性のある方
上記4) を参照してください。

 

7.保管する際の注意点

•子供の手の届かないところに保管してください。
•直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ピオモア” の口コミを投稿します