商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:

フリバン (Fliban)


¥3,980 ~


女性の性的欲求低下障害(HSDD)の改善を目的とした治療薬のフリバンは、2015年に米FDA(米食品医薬品局)で承認された、アディのジェネリック医薬品です。
有効成分としてアディーと同じくフリバンセリンを100mg含有します。

フリバンの有効成分であるフリバンセリンは、性的欲求低下障害治療薬として脳の神経伝達物質に働きかけ、性的欲求に対して作用する新しいタイプの医薬品になります。

心地よい性行為を行うことで、女性ホルモンが増えるという報告もあります。女性ホルモンは、女性らしさが増すホルモンとしても知られており、自然であれば積極的に増加させていきたいホルモンなのです。

セックスに興味がない・性行為痛がある・性行為で喜びを感じたことがない・満足する性行為を経験したことがないといった悩みを抱えている女性の悩みをフリバンが解決してくれます。

アディジェネリックのフリバンは、服用することで性衝動が沸き起こってきますので、再びより良いライフスタイルを送ることができるといった点から、若い女性から閉経までの女性に広く愛されています。

1錠あたりの最低価格: 678円(100mg / 28錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
100mg 28 ¥18,980678 円
-
+
spinner
100mg 16 ¥14,329896 円
-
+
spinner
100mg4 ¥3,980995 円
-
+
spinner

1. 商品説明

女性の性的欲求低下障害(HSDD)の改善を目的とした治療薬のフリバンは、2015年に米FDA(米食品医薬品局)で承認された、アディのジェネリック医薬品です。
有効成分としてアディーと同じくフリバンセリンを100mg含有します。

性的欲求機能低下障害(HSDD)は、加齢やストレス、疲労、対人関係、など過度の精神的ストレスが原因で脳内で性欲に関わる、ノンアドレナリンとドーパミンが少ないことが原因で引き起こされる性欲が減退する症状です。

女性用バイアグラと呼ばれている治療薬は主に、性器を潤いを向上させたり、男性用のバイアグラと同じ成分を使うことで局部への血流を増加させ、性行為をサポートするものでしたが、フリバンの有効成分であるフリバンセリンは、性的欲求低下障害治療薬として脳の神経伝達物質に働きかけ、性的欲求に対して作用する新しいタイプの医薬品になります。

特に日本人女性の場合は、性欲が欧米人と比べ少なく、膣内でオーガズムに達した経験がない方が生涯を通してなかったという女性が多く、 「膣内でオーガズムに達するパーセンテージ」といった調べでも、下から2番目という悲しい結果が出ています。
これは、オーガズムの経験がない=性行為に対しての欲がない ともみられています。
この状態がさらに、加齢と共に悪化していき、生涯を通して性的快楽を味わった経験がないという結果を招いてしまいます。

これに反して、実際に「女性用の精力増強剤等を使用してみたいか?」というアンケートでは、実に78%の女性がイエスと答えているのです。

セックスに興味がない・性行為痛がある・性行為で喜びを感じたことがない・満足する性行為を経験したことがないといった悩みを抱えている女性の悩みをフリバンが解決してくれます。

女性性機能障害を招きやすい危険因子として、

  • 憂鬱
  • 心血管障害
  • 神経疾
  • 肝・腎機能低下
  • 抗鬱薬や血圧低下薬などの薬剤
  • 感情的または精神的ストレス

などがあげられています。
これらの症状が起きる要として、ホルモンバランスや出産、閉経などの他、癌や糖尿病などの病気が原因が性欲が起こらない場合もあり、症状鬱や、長期間のストレス、性的虐待の経験などの精神的問題が関連している場合も多くみられています。
快楽物質と呼ばれるドーパミンが多く分泌される事で快感度や意欲が高まり、性的欲求低下障害に効果を発揮します。スキンシップのみでなく、性生活を向上させることは夫婦間、カップルの間では必要不可欠になってきます。実際に、性生活が充実しているカップルは年齢に関係なくライフスタイルも充実しています。

2. 効果効能

有効成分フリバンセリンの働き

有効成分フリバンセリンの働きで、女性の性機能障害を改善させていきます。

女性の制欲については、生理学、感情、経験、信条、ライフスタイルやパートナーとの関係などが複雑に相互作用を起こし、女性の性欲の増減を左右します。これらのいずれかに問題が出てきてしまった場合、性欲や興奮、性的な満足感に様々な影響を及ぼします。

フリバンの有効成分であるフリバンセリンは、脳の神経伝達物質に働きかけて性欲を上げるものとなります。フリバンセリンには脳内の神経伝達物質であるドーパミン、ノルアドレナリン(米国ではノルエピネフリン)、セロトニンのバランスを変化させ効果があります。

快楽物質と呼ばれるドーパミンが多く分泌される事で快感度や意欲が高まり、性的欲求低下障害に効果を発揮します。

女性の性機能障害の主な症状として、

  • 性欲の低下
    般的に女性性機能障害は、性欲の低下が主な原因とされています。性行為に対する意識や関心の低下も含まれます。
  • 性的興奮が起きない
    性欲が正常であったとしても、性行為中に興味や興奮を維持することができないことを指します。
  • オーガズム障害
    十分な性的興奮や性的刺激を受けてもオーガズムに達することができない症状を指します。
  • 性行為痛
    性行為中の性的刺激や挿入時に痛みが出てしまう症状です。

これらの症状が起きる要因として、ホルモンバランスや出産、閉経などの他、癌や糖尿病などの病気が原因が性欲が起こらない場合もあり、症状鬱や、長期間のストレス、などの精神的問題が関連している場合も多くみられています。

心地よい性行為を行うことで、女性ホルモンが増えるという報告もあります。女性ホルモンは、女性らしさが増すホルモンとしても知られており、自然であれば積極的に増加させて
いきたいホルモンなのです。

アディジェネリックのフリバンは、服用することで性衝動が沸き起こってきますので、再びより良いライフスタイルを送ることができるといった点から、若い女性から閉経までの女性に広く愛されています。

3. 服用方法

1) 服用のタイミング

毎日継続して、就寝前に水またはぬるま湯で服用します。

2) 服用用量

1回につき1錠まで。

3) 効果持続時間

継続して服用する事で効果を発揮するお薬です。服用を中止すれば、効果も止まります。
一時的に服用して、効果を発揮するお薬ではありません。

4. 副作用

個人差はありますが、下記の症状は神経伝達物質のバランスが変化することによって出てしまう症状です。これらの症状が強く出てしまった場合は、受診しましょう。

  • 吐き気
  • 眠気
  • めまい
  • 便秘

5. 使用上の注意

  • フリバンの服用中にアルコールを飲むと副作用を悪化させてしまう恐れがあります。
  • パートナーとの関係性で性行為を行えないなどの場合、フリバンが効果を発揮できない可能性があります。
  • フリバンは脳に作用する医薬品です。他に薬を服用している場合、必ず医師に相談してから使用しましょう。

1) 持病のある方

下記に当てはまる症状をお持ちの方は、医師と必ず相談してから服用しましょう。

  • 妊婦または妊娠を予定している方
  • 精神障害
  • 肝臓・胆のう・膵臓があまり健康でない

2)オリジョン の併用禁忌薬および併用注意薬

持病があり、常用薬がある場合はオリジョン服用前に医師と相談してください。

  • 精神疾患治療薬 など

併用注意薬

  • 避妊ピル
    ホルモン剤である避妊薬(ピル)を服用中の方の服用も副作用が出やすい傾向にありますので、ご使用はお控えください。

レビュー

レビューはまだありません。

“フリバン (Fliban)” の口コミを投稿します