商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ: ,

オーピル (O pill)


¥1,169 ~


オーピルは、ノルレボ錠の中でもポスティノール錠と呼ばれている黄体ホルモン製剤で、ユニバーサル社より販売されているノルレボ錠のジェネリック事後避妊薬です。
事後避妊薬は、緊急避妊薬、事後ピル、緊急避妊ピル、アフターピル、モーニンングアフターピルなどと呼ばれることもあります。

排卵日前にオーピルを服用した場合、その後の排卵が5~7日間ほど抑制され、膣内に侵入した精子がその間に受精能力を失うことで妊娠の可能性を低下させます。
排卵後にオーピルを服用すると、卵子が精子と受精してもレボノルゲストレルの作用によって子宮内膜の増殖が抑えられ、受精卵が着床しにくい環境を作るため、妊娠しにくくさせます。

「性行為事故」の予防としては、事後避妊薬を病院で処方してもらうことはできません。
望まない妊娠を阻止する措置を取るということは、大人の女性として正しい選択でもあります。

1錠あたりの最低価格: 335円(1.5mg / 10錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり数量
1.5mg 10 ¥3,349335 円
-
+
spinner
1.5mg 5 ¥2,549510 円
-
+
spinner
1.5mg 3 ¥2,019673 円
-
+
spinner
1.5mg1 ¥1,1691169 円
-
+
spinner

1. 商品説明

オーピルは、ノルレボ錠の中でもポスティノール錠と呼ばれている黄体ホルモン製剤で、ユニバーサル社より販売されているノルレボ錠のジェネリック事後避妊薬です。
事後避妊薬は、緊急避妊薬、事後ピル、緊急避妊ピル、アフターピル、モーニンングアフターピルなどと呼ばれることもあります。

ポスティノール錠の有効成分はレボノルゲストレルで、強制的に排卵を遅らせ受精を防ぐ作用があります。受精卵の着床防止作用がありますので、高い避妊効果を得ることができます。

オーピルのような事後避妊薬は、月経周期のどの時点で服用されたかで、その作用が異なります。

排卵日前にオーピルを服用した場合、その後の排卵が5~7日間ほど抑制され、膣内に侵入した精子がその間に受精能力を失うことで妊娠の可能性を低下させます。
排卵後にオーピルを服用すると、卵子が精子と受精してもレボノルゲストレルの作用によって子宮内膜の増殖が抑えられ、受精卵が着床しにくい環境を作るため、妊娠しにくくさせます。

人間の性行為は、子作りのためだけのものでなく、愛情表現やスキンシップとしても行われるため、望まない妊娠をしてしまう可能性が高いのです。

● 危険日との認識はあったが、避妊をするタイミングを見逃してしまった
● 何もわからないで性行為をしてしまった
● コンドーム使用の性行為の失敗

など、人それぞれ状況は違います。残念ながら「性行為事故」の予防としては、事後避妊薬を病院で処方してもらうことはできません。

オーピルは、妊娠を望まない女性が、避妊を失敗してしまったり、性行為を強要されたりなどしてしまった時に性行後72時間以内に服用すれば、高い確率で妊娠を防ぐことができるお薬です。

緊急避妊法の認知度は高く、厚労省の2010年日本人性意識調査によれば、16~49歳の女性の35%が知っており、人口換算で60万人の使用経験があるそうです。
また、日本の中絶手術件数は2009年度で約22万件と多く、今回の承認薬の周知により、望まない中絶をいかに減らすか教育の役割も重要になるとされています。

望まない妊娠を阻止する措置を取るということは、大人の女性として正しい選択でもあります。

2. 効果効能

有効成分レボノルゲストレルの働き

オーピルには、黄体ホルモン(プロゲストゲン)を有効成分としています。
女性ホルモンを制御することで妊娠をコントロールし、排卵が起こる直前にはホルモンが大量分泌されるため、黄体ホルモンを投薬することでホルモンが抑えられ排卵時期を遅らせることができます。レボノルゲストレルは、排卵を抑えることで受精を避け、更に受精卵の着床を阻害する働きや、受精阻害作用があり、妊娠を避けることができます。

● 受精の阻止

黄体ホルモンを、通常以上に働かせることにより精子が卵子に受精するのを阻止します。

● 受精卵着床の阻止

レボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンは、体内で卵胞ホルモンを排卵を促進し、子宮内での繁殖を阻止する働きがあります。この作用で、子宮内膜への受精卵の着床を防ぐ役割を果たします。

排卵前なら、排卵を遅らせたり、排卵を止める効果があり、子宮頚管の粘液を変化させ、子宮内に侵入しようとする精子を阻止します。万が一排卵が起こった場合でも、オーピルが受精卵の子宮への着床を阻止する効果があります。

オーピルを服用することにより、体が「妊娠した」と錯覚を起こすことから妊娠を回避する仕組みとなっています。

3. 服用方法

オーピルは正しい飲み方をすれば、高い確率で避妊を成功させることができる緊急避妊薬です。

1) 服用のタイミング

妊娠の可能性のあるセックスをしてから24時間以内に服用すれば95%、72時間以内に服用すれば75%避妊することが可能となっています。120時間を超えてしまった場合、すでに受精卵が着床済みの可能性が高くなり、オーピルの効果があらわれない場合があります。
遅くとも性行為後、72時間以内に最初の1錠を服用し、その後12時間後以内に2回目を服用します。

2) 服用用量

性行為後1回につき最初の1錠、2回目の服用1錠まで。

3) 効果持続時間

オーピルは、緊急避妊薬により1回の性行為後、1回のみの服用で妊娠を回避します。

4. 副作用

オーピルの副作用は、服用による急激なホルモンバランスの変化で発生します。

● 消退出血
● 疲労感
● 腹痛
● 頭痛やイライラ
● 次回の生理が遅れる

オーピルは、急激に体内ホルモンのバランスを崩し無理矢理、子宮内膜を剥がすことで妊娠を回避することから、体にはとても負担はかかってしまいます。オーピルの副作用のなかで吐き気の次に多いのが頭痛です。この症状は急激なホルモンバランスの乱れによるものです。オーピル服用後、胸の張りが起こることがあります。これらの作用は、妊娠してしまった時(妊娠初期)と、とても似ている副作用がオーピルの効果としてあらわれます。避妊に失敗してしまったのか不安になりがちですが、妊娠初期の兆候は早くても生理予定日を過ぎてから現れはじめますので、生理予定日はしっかりと把握しておきましょう。

5. 使用上の注意

オーピルを服用したあとに嘔吐してしまった場合、服用後2時間以上経っていればオーピルは消化されている可能性がありますが、それ以前に吐いてしまった場合は、薬効が体外へ嘔吐物と一緒に体外に排出されている可能性がありますので、改めて服用する必要があります。

1) 持病のある方

下記に当てはまる症状をお持ちの方は、オーピルの服用はできません。

● 過去にレボノルゲストレル錠(ノルレボ)に含まれる成分で、過敏な反応を経験したことがある人
● 肝臓に重篤な障害のある人
● 既に妊娠している人
● 乳がんや子宮ガンの症状がある方

2)オーピルの併用禁忌薬および併用注意薬

持病があり、常用薬がある場合はオーピル服用前に医師と相談してください。

● HIV感染治療薬
● 抗けいれん剤
● フェノバタビタール
● リファブチン
● フェトイン
● リトナビル
● セイヨウオトギリソウ
● セントジョーンズワート

併用注意薬

● 女性ホルモン作用する成分が配合された、サプリメントや治療薬
女性ホルモンに作用してしまう医薬品との摂取は、効果が出ないだけではなく、副作用を引き起こしてしまう恐れがありますので、お控えください。

● ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。

レビュー

レビューはまだありません。

“オーピル (O pill)” の口コミを投稿します