5件の結果を表示中

  • View as:
  • 商品カテゴリ
  • Sort by:
¥1,480 ~

在庫状況:ストック有り

¥1,480 ~

アイピルは、ピラマル・ヘルスケア社(Piramal Healthcare)社が開発した事後避妊薬(アフターピル)です。アイピルの製造販売元は、インドに本社があるシプラ社(Cipla社)です。
ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるため、有効成分にはノルレボ錠と同じレボノルゲストレルが配合されています。

ノルレボでは服用回数が1回ですむことをはじめ、WHO世界保険機構でも推奨されている安全な緊急事後避妊薬としても知られている他、主成分であるレボノルゲストレルは、日本で2011年に認可された新しい緊急避妊薬の成分です。

「こんなはずではなかった」などとは思わずに、速やかに妊娠を回避することが大切です。

姙娠検査薬、アイキャン(i-can)とセットでお届けしています。

1錠あたりの最低価格: 498円(1.5mg / 10錠)

1錠 457 円~
¥1,169 ~

在庫状況:ストック有り

¥1,169 ~

オーピルは、ノルレボ錠の中でもポスティノール錠と呼ばれている黄体ホルモン製剤で、ユニバーサル社より販売されているノルレボ錠のジェネリック事後避妊薬です。
事後避妊薬は、緊急避妊薬、事後ピル、緊急避妊ピル、アフターピル、モーニンングアフターピルなどと呼ばれることもあります。

排卵日前にオーピルを服用した場合、その後の排卵が5~7日間ほど抑制され、膣内に侵入した精子がその間に受精能力を失うことで妊娠の可能性を低下させます。
排卵後にオーピルを服用すると、卵子が精子と受精してもレボノルゲストレルの作用によって子宮内膜の増殖が抑えられ、受精卵が着床しにくい環境を作るため、妊娠しにくくさせます。

「性行為事故」の予防としては、事後避妊薬を病院で処方してもらうことはできません。
望まない妊娠を阻止する措置を取るということは、大人の女性として正しい選択でもあります。

1錠あたりの最低価格: 335円(1.5mg / 10錠)

1錠 335 円~
¥1,500

在庫状況:ストック有り

¥1,500

ダイアン35は、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールという成分が配合されている、小柄なアジア人向けに開発・発売された低用量ピル(OC:oral contraceptives)です。

ダイアン35を、毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。低用量ピルにはコンドームよりも高い避妊効果があり、正しく服用すれば、ほぼ100%確実に避妊できます。

この低用量ピルに含まれているホルモンの働きにより、脳下垂体は「妊娠した」と感知します。実際には妊娠していなくても、体が勘違いを起こしている状態を作り上げます。この結果、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されます。卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。 ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と、感知し、再び卵巣を刺激して排卵を促します。

ダイアン35は低用量ピルの中でも配合している成分が低い方であるため、副作用などの影響を受けづらいとされています。
他の低用量ピルの服用で副作用がきつくて続けられなかった方でも、ダイアン35は無理なく使っていただける優しいピルです。

1錠あたりの最低価格: 71円(35μg / 21錠)

¥998 ~

在庫状況:ストック有り

¥998 ~

ポストフォンは、ノルレボ錠のジェネリック医薬品で、ノルレボ錠は事後避妊薬としてWHO(世界保健機構)よりエンシャルドラッグ(必須薬)としても指定されており、国際的にも標準的な緊急避妊方法として位置づけられています。有効成分は黄体ホルモンの「レボノルゲストレル」です。
モーニングアフターピル、緊急避妊薬、Emergency contraception、Plan B、など呼ばれ方は様々ですが、事後避妊薬と同じ意味を持ちます。

妊娠というのは、排卵→受精→受精卵の着床という3段階で成立します。ポストフォンは、排卵と受精卵の着床の両方を抑制する薬なので、受精後でも効果があります。

事後避妊薬は、正しく服用すれば98%の確率で妊娠を妨げるといわれています。
性行為後の服用が早いほど避妊率は高く、遅くなれば効果は落ちますので早めの服用が良いでしょう。

1錠あたりの最低価格: 432円(1.5mg / 10錠)

1錠 432 円~
¥2,430

在庫状況:ストック有り

¥2,430

ヤスミンはバイエル製薬が開発販売している、排卵を防止する新世代の超低用量避妊薬です。
ヤスミンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)である有効成分エチニルエストラジオールが0.03mgと黄体ホルモン(プロゲステロン)である有効成分ドロスピレノンが3mgの2つのホルモンが組み合わせられた低用量避妊用ピルです。毎日同じ時間に1錠を1回服用することで、一般的に非常に安全に妊娠を99%以上予防するとされています。
ヤスミンは子宮頸管粘液や子宮内膜に変化を引き起こし、精子が子宮に到達することをより困難にし、受精卵が子宮に付着することを防ぎます。
従来の低用量ピルよりも用量が少なく、卵胞ホルモンに加えて黄体ホルモンも含まれているために、それまでの副作用であったむくみや体重の増加などの副作用が軽減されています。

1錠あたりの最低価格: 116円(21錠)