ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

1. ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、別名では「後発医薬品」とも呼ばれているお薬で、「新薬」と同等の有効成分と安全性が確認されていながら安価で購入することができるお薬です。

ジェネリック医薬品の「ジェネリック」は英語ではGenericと表記し、「一般的な」、「総称的な」という意味の言葉です。

新薬「ブランド医薬品」とも呼ばれており、新しい化学構造式を有する有効成分を含み、まだ開発されてない新しい治療効果をもたらすために、先進国の製薬会社が10〜17年ほどの長年の開発年月と数百億円以上の莫大な開発費用を投じて発売されるようになる医薬品です。販売されるようになった後は、新薬の医薬品名と効用がセットでその薬のブランドのようになり人々に知れ渡るようになります。このような理由のために、どうしても新薬の販売価格は高額になってしまいます。

ジェネリック医薬品は、通常新薬のおよそ10〜20年の特許期間が過ぎた後に、新薬の製薬会社が製造方法などの情報を公開してから、その情報とあらかじめ確かめられた有効成分の効能と安全性を元に開発される医薬品ですので、開発期間もおよそ3年と、はるかに短い期間と安い開発費用で発売されるようになる医薬品です。

ジェネリック医薬品は、新薬と同等の効用と安全性を有していることを公的機関の厳しい検査と試験にクリアしていないと発売することが可能にならない医薬品です。そのため、ジェネリック医薬品は安価な値段で新薬と同等の効用を得ることができる医薬品です。
ジェネリック医薬品の価格は新薬のおよそ3割〜7割ほどとなっています。

ジェネリック医薬品は、法律上、新薬と全く同じ色や形、添加物を使用することは許されていないので、色や形を変えてあったり、飲みやすく風味がつけてあったりと工夫されていることがあります。含まれている有効成分は同じですが、添加物が異なることから、効果の出方で微妙な違いはあることもあるようです。しかし、このような微妙な違いは薬の効果を左右するほどのものではありません。

欧米ではジェネリック医薬品が日本よりもはるかに多く普及されています。イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ諸国は普及率がおよそ70%となっており、アメリカではおよそ90%ほどとなっています。

アメリカでは日本のような公的な保険制度はなく、保険に加入していない多くの人々は医薬品の費用をほとんど自費で支払う必要があります。このような背景の国ではジェネリック医薬品の需要が特に高くなり、ジェネリック医薬品があることでそれまでには医薬品を経済的な理由で服用することが出来なかった庶民が医薬品を服用することができるようになるほど重要な存在になっています。

ヨーロッパ諸国では政府の保険制度が日本より確立されており、国が負担する必要がある医療費も高額になります。そのため、公的な医療機関で処方される医薬品のほとんどがジェネリック医薬品となっております。

日本でも、年々増え続けている国の医療費の節減のために政府がジェネリック医薬品の普及を推進しています。日本でジェネリック医薬品を選択すると国の医療費節減に貢献することができます。

2. ジェネリック医薬品とインド

近年、日本では個人輸入代行サービスをとおしてインドのジェネリック医薬品を購入する人が増加しています。インドは世界的にも知られている高度な技術を有した医薬品大国です。人気の理由はインドで製造販売されているジェネリック医薬品は日本で販売されているジェネリック医薬品よりも更に安価であるという理由と、まだ先進国で開発販売されていないジェネリック医薬品も販売されているということが理由にあります。

インドの特許法は日本や他の先進国の特許法と異なり、医薬品の2つの特許である「物質特許」と「製法特許」のうちの「物質特許」を認めていません。このことは、新薬と同じ有効成分を用いたとしても、製造方法を変えて製造すればジェネリック医薬品を開発することができることを意味します。このため、先進国ではまだ手に入らないジェネリック医薬品も、インドでは開発販売されています。

国際特許法に準じないインドの医薬品の特許法は先進国の製薬会社にも問題視されていますが、インドで製造されている医薬品は新薬が手に届かない発展途上国の医療を支えている重要なライフラインとなっている現実があります。このような事情もあり、先進国の製薬会社たちはインドのジェネリック医薬品を大目に見ています。

インドのジェネリック医薬品は国際的人道機関である「国境なき医師団」も使用しており、世界の人々の命を救い、伝染病や感染症を治療するために活躍しています。

ジェネリック医薬品の需要が特に高いアメリカは、インドのジェネリック医薬品を多く輸入しており、厳しい承認基準があることで有名なアメリカのFDA(米国食品医薬品局)もインドの製薬会社の工場や製造施設などを厳しく視察した上で、医薬品会社たちを承認しています。

3. ジェネリック医薬品を利用した節約方法

インドのジェネリック医薬品を使用することで、新薬を服用することに比べて大幅に経済的節約をすることができます。医療保険が適応されないために高額な医薬品や頻繁に服用する必要がある医薬品を、より低コストで購入することができるので、日本でも人気が年々高まっています。

インドのジェネリック医薬品が日本で広まり始めてから10年以上になろうとしています。多くの人々が体験とおして、お手頃な値段で素晴らしい効果を実感しています。

保険が適応されないために高額な医薬品の服用を諦めている方も、お探しになっている医薬品の有効成分名を検索すると、ジェネリック医薬品が製造されていたら、医薬品名を見つけることが出来ます。

Medizonでは、インドの製薬会社の中からFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けた工場を有する製薬会社など、優れた技術と厳しい検査基準をクリアした製薬会社の製品を厳選して取り扱っております。100%純正規品のみを確実な配達方法により迅速にお届けしています。

是非、この機会に一度インドのジェネリック医薬品をお試しになられてはいかかでしょうか?きっと素晴らしい効果を低コストで体験することにご満足していただけると思います。

4. ジェネリック医薬品を服用する際のポイント

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含み、同等の効果と安全性をもたらす医薬品です。新薬のジェネリック医薬品を検索するためには、新薬の名前、または有効成分名を検索するとジェネリック医薬品を探し出すことが出来ます。

次の項目からはジェネリック医薬品を、個人輸入代行で購入する際に知っておいた方が良いポイントを順を追って見ていきます。

ポイント1:用量をしっかりと確認する

ジェネリック医薬品を購入する際に注意するべきポイントは有効成分の用量になります。ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含んでいますが、有効成分が含まれている用量は新薬と異なることがあります。ジェネリック医薬品は外国人の体型を基準に作られているために、有効成分の用量が日本で認可されている基準の用量よりも多い薬が多数、流通しています。

個人輸入代行でジェネリック医薬品を購入する際は、日本の医療機関で認可されている有効成分の用量を確認して、購入するようにしましょう

日本の規定の用量よりも多い用量を購入する際には、ピルカッターなどを利用して半分か4分の1などに切ってから服用することも出来ます。

用量をうっかり確認しないで服用してしまうと、適量よりも多い用量を服用することになるので副作用が強く出てしまったりなどの影響がでてしまいます。

また、個人輸入代行をとおして購入するお薬でも、初めて服用する際には必ず医師に有効成分の用量など、服用方法をよく相談し、指示に従い服用するようにしてください。

ポイント2:製薬会社で選ぶ

インドには欧米にも医薬品を多く輸出している多国籍製薬会社があります。これらの製薬会社は、アメリカの承認が厳しいことで有名なFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けた医薬品を製造している製薬会社や、工場を視察され承認を受けた施設を有する製薬会社でもあります。

メディゾンストアーが取り扱うジェネリック医薬品は、上記のような多国籍製薬会社や、先進国にも輸出を多数している信頼できる製薬会社を社員が厳選して取り扱っておりますので、安心してどの製品もお選びいただくことが出来ます。

各製品の説明欄に製薬会社の説明が書いていますのでご参照ください。

ポイント3:服用タイプで選ぶ

ジェネリック医薬品新薬を飲みやすくしたタイプのお薬も多く販売されています。新薬が錠剤タイプのみでしたら、ジェネリック医薬品は水無しで服用できる噛んで服用するソフト・タブレットタイプのもの、より速効性のある舌下に置いて水なしで溶かして服用する舌下錠タイプのもの、水無しで服用できて携帯に便利なODフィルムタイプのもの、風味が加えられて服用しやすく工夫されたジェリータイプのものなど、たくさんの種類が取り揃えられています。

錠剤タイプの他に、様々なタイプのお薬を試してみて、自分に最もピッタリ合ったお薬をお選びいただけます。

ポイント4:医師に相談してから服用する

ジェネリック医薬品を個人輸入代行で購入する際でも、初めてそのお薬を服用する場合は、必ず医師に相談してから服用するようにしてください

医師に症状や服用している薬などをすべて報告した後、服用するべき用量と服用方法、副作用などを確認して服用するようにすると安全で良いでしょう。

一度このように医師に相談して服用すると、その後個人で服用する際にその指示に従って服用することが出来ますし、なんらかの症状が表れた場合もすぐに相談することが出来ます。

ポイント5:信頼できる個人輸入代行業者をとおして購入する

医薬品の個人輸入代行業者の中で、ニセモノを届けるなどの悪徳業者が摘発される事例が多発しています。

個人輸入代行業者の中でも、日本語でのカスタマーサービスがなかったり、クレジットカードが利用できなかったり、正規品を保証していない業者は避けた方が良いでしょう。

メディゾンストアーは国際基準を満たした製造工場から成分検査済みの正規医薬品のみをお客様に発送しております。当社スタッフは、お客様にお届けする医薬品が全て世界保健機関(WHO)の基準を満たした工場で生産されているか、直接現地へ足を運んで定期的に確認しております。

メディゾンストアーはそれぞれの医薬品について以下の2つの証明書を取得し、ホームページ上で公開しています。

1) 政府認証証明書

アメリカのFDA(米国食品医薬品局)など政府機関により当該工場で製造される輸出用当該医薬品の安全性・製品適格性が認められたことの証明書

2) 成分鑑定証明書

医薬品の有効成分が添付文書記載通りに含まれていることを鑑定した政府認証機関による証明書

*証明書翻訳担当:株式会社日本リンガサービス

5. まとめ

ジェネリック医薬品は、新薬と同等の効果と安全性をもたらしながら安価に購入することができる医薬品です。特に、インドのジェネリック医薬品は高品質であり、より安価で購入することができるために近年日本でも人気を呼んでいる医薬品です。個人輸入代行サービスを利用して上手にジェネリック医薬品を利用すれば、これまで経済的に購入することが出来なかった医薬品や、恥ずかしくて病院にいくことがためらわれるような時にでも、お手軽に購入することができます。

この機会に是非一度、ジェネリック医薬品をお試しになられてはいかがでしょうか。