アメリカ国民のイメージ

アメリカでバイアグラのジェネリック医薬品が2017年12月から販売 開始

アメリカでバイアグラのジェネリック医薬品が2017年12月から遂に販売開始

アメリカでナイトライフに苦痛を感じている男性にとって喜ばしいニュースです。勃起薬バイアグラのジェネリック医薬品が2017年12月からアメリカの医薬品市場にて遂に販売が開始されました。

最初にジェネリック医薬品の販売を開始した製薬会社は、テバファーマスーティカルで、もう一社はバイアグラを製造しているファイザー製薬の子会社であるグリーンストーンです。バイアグラのジェネリックは、新薬の半額以下で販売されています。2018年からはさらに多くのジェネリック医薬品が販売されるので、1錠3ドルまで安くなっているお薬もあります。

高額なバイアグラがジェネリックの登場で安価に入手可能

バイアグラは勃起不全の治療薬として1998年に初めて市場に登場しました。バイアグラの他にもシアリス(有効成分 タダラフィル)とレビトラ(有効成分 バルデナフィル)といったED薬があります。これらのお薬は陰茎の血管を弛緩させ、血流を良くすることで効果を発揮するPDE-5阻害薬です。ファイザー製薬によると50mgまたは100mgのバイアグラの2017年時点での価格は1錠当たり61.54ドルとかなり高額です。グリーンストーンはジェネリック医薬品を1錠当たり30から35ドルで販売することになります。
これらの数値は製薬会社が請求している価格であり、顧客が支払う最終的な価格は様々な変数の影響を受け、変更されることになります。薬局が行う値上げや保険の有無、共同負担額の値上げなどが影響する見込みです。

アメリカではED治療薬を購入するためにカナダに行く人も

「お薬の価格は患者にとってとても大きな問題だ。保険会社が支払いをしなかったり、自己負担金が高くなれば、多くの患者はお薬を入手することができなくなる」とニューヨーク州ミネオラにあるウィンスロップ大学病院の泌尿器科科長であるアーロン・カッツ医師は述べています。
ワレン・ボロムバーグ医師はニューヨーク州マウント キスコにあるノーザン ウエスト チェスター病院の泌尿器科科長です。彼もED治療薬の価格が高すぎることが問題になっていると同意見でした。

メディケアに加入している年配の男性は新薬の勃起薬を買う際、1錠当たり50ドルも支払うことがあると、ボロムバーグ医師は述べました。
バイアグラのジェネリック医薬品は多くの男性にとって大きなメリットをもたらす存在になります。ED薬の新薬は一般的な保険会社では適応していなかったり、実質的には自己負担であったり、1月当たりに保障される錠数に制限があるのが現状です。
この状況はアメリカで多くの男性をインターネットでのお薬の通販や、カナダでED治療薬を購入することに駆り立てています。

ファイザー製薬がバイアグラの割引サービスの提供へ

ファイザー製薬はバイアグラをより簡単に購入することができるように2018年1月から割引サービスを提供しています。現金支払いで有効な処方箋を提示した方には、通常価格の約50%割引でバイアグラを家まで配送するサービス(ファイザー・ダイレクト)を提供しています。ファイザー・ダイレクトは保険に加入することを必要としません。このプログラムでの錠剤1つ当たりの価格は30ドルから34ドルになります。
ファイザー製薬は保険に加入している人のためのプログラムも用意しています。指定の薬局で、バイアグラの処方箋の規格を満たしている顧客は、2018年の初頭から自己負担額が20ドルとなりました。

日本では個人輸入代行のサイトの通販でジェネリック医薬品が購入可能

日本では、現在バイアグラのジェネリック医薬品であるシルデナフィル錠は病院やクリニックなどで購入可能です。
しかし、レビトラやシアリスの特許は日本で満了していませんので、病院で処方してもらうにはとても高額になります。そんな時、日本では個人輸入代行サービスのネット通販をとおして海外からのジェネリック医薬品を購入することができます。
日本国内のアマゾン(Amazon)や楽天などのネット通販では、医薬品を購入することができません。医師の処方箋が必ず必要になります。

しかし、海外から医薬品を輸入することは処方箋なしでも合法として認められています。
インドでは独自の特許法の元でジェネリック医薬品を製造販売しているので、特許が満了していないシアリスやレビトラのジェネリック医薬品も販売されています。インドのジェネリック医薬品は欧米にも輸出されているほど高品質のものが多く生産されています。
個人輸入をされる際には、信頼できる個人輸入代行業者のサイトを利用する必要があります。中にはバイアグラの偽造品を販売する悪徳業者も存在するからです。
信頼できる個人輸入代行業者を選ぶポイントは、100%正規品を保証しているか、日本語のカスタマーサービスがあるか、クレジットカード決済が可能か、日本法人であるか、公式な成分鑑定書がアップロードされているかなどのポイントがあります。

メディゾンストアーでは、お客様に安心して個人輸入代行をご利用していただけるように、薬事法遵守してサービスを提供しております。

メディゾンストアーでED治療薬の個人輸入代行はこちらから

ED薬を服用する際の注意点

お薬を服用することが勃起不全における唯一の治療法ではありません。まず初めにするべきことは医師から適切な検査を受けることです。若い男性の場合は特に勃起不全が心疾患の初期症状である可能性があるので、注意が必要です。
アメリカでは糖尿病が勃起不全の最も一般的な原因であり、健康状態を維持することが、EDを治療するためにも大切になります。
他のお薬とお同様に、ED治療薬にも副作用があります。頭痛、顔のほてりなどが一般的であり、ごく稀に吐き気、めまい、一時的な視覚の喪失などが報告されています。
過去6か月で心臓発作があった方、心臓病でニトログリセリンを服用している方、HIV感染者でプロテアーゼ阻害剤を服用している方はED治療薬を服用することができません。

以上の点に注意して、ED治療薬をご服用ください。

参考記事
https://www.cbsnews.com/news/generic-viagra-two-versions-of-sildenafil-hit-the-market-today/

コメントを残す