Eating at the table

スーパータダライズと食事の関連

スーパータダライズは食事の影響を受けにくい

シアリスのジェネリック医薬品であるスーパータダライズは、ED治療薬の中でも食事の影響を受けにくいとされています。空腹時に服用するのが一番効果が得られるとされていますが、食後に服用したとしても効果を感じることができます。

 

脂っこい食事はNG

スーパータダライズを食後に服用する場合、脂っこい食事は避ける必要があります。これらの後に服用した場合は、効果が出るのが遅くなる、効果が半減する、などのデメリットとなってしまう可能性があります。

スーパータダライズの服用前の食事は、目安として800カロリー以内にするのがいいとされています。以下は一般的な食事のカロリーです。

 

  • 生姜焼き定食 906キロカロリー
  • さば味噌煮定食 755キロカロリー
  • カツ丼 1,020キロカロリー
  • 鉄火丼 620キロカロリー
  • ざるそば 282キロカロリー
  • ハンバーグセット 930キロカロリー
  • オムライス 860キロカロリー
  • トマトソースパスタ 582キロカロリー
  • カプリチョーザ 806キロカロリー
  • かた焼きそば 900キロカロリー
  • てりやきバーガー 480キロカロリー

 

お肉を含んだ料理は800キロカロリーを簡単に超えてしまうため、スーパータダライズの服用前には避けるべきです。

魚をメインとした食事であれば、800キロカロリー以内に収まっていることがほとんどですので、スーパータダライズの服用前であれば和食などのあっさりした食事がおすすめです。

また、パスタも意外とカロリーが低いものが多いので、彼女とのデートであればイタリアンもいいかもしれません。

上記のようにメインディッシュだけで、500キロカロリーを超えてしまうものがほとんどです。スーパータダライズを服用するのであれば、カロリーの高いジュースやデザートは避けるようにしましょう。

コメントを残す