シアリスのジェネリック、メガリスを易しく紹介!

シアリスは、バイアグラ、レビトラに続いて3番目に開発された勃起不全の治療薬です。シアリスは他の治療薬に比べて副作用が出にくいという特徴があり、効果持続時間が36時間と長いことを特徴としています。

そんなシアリスには数多くのジェネリック医薬品が誕生しており、その1つにメガリスがあります。この記事では、メガリスの概要や注意点についてご紹介します。

 

メガリスとは?

メガリスはED治療薬の一つで、性行為時に勃起が起こりにくい、または全く起こらない、という人向けに開発されたお薬です。この治療薬を服用すると、有効成分が血管の筋肉の収縮を和らげ、血液の流れを促します。それにより陰茎に血液が流れ込みやすくなり、勃起が起こりやすくなるのです。

 

ジェネリック医薬品としてのメガリス

メガリスは、ED治療薬の先発薬シアリスのジェネリックとして、インドの大手製薬会社マクローズ社により開発、販売されています。ジェネリックとして、シアリスと同様の効果があります。

 

具体的には、長時間の勃起をサポートする効果です。シアリス以外のED治療薬、バイアグラやレビトラは、基本的に効果は長くは続きませんが、その点メガリスは効果が最長で36時間程度継続します。そのため、短期の旅行などで、複数回の性行為が予想されるような場合にはぴったりのED治療薬といえます。

 

有効成分タダラフィルの配合量によって10mgと20mgが販売されています。20mgの方が効果は高いですが、初めてメガリスを試す人は10mgから試してみることをお勧めします。というのも、20mgだと効果が強く出すぎてしまう人がいるからです。まずは10mgを試し、「もう少し強めがいい」と思った場合に20mgを試すようにしましょう。

 

メガリスの副作用

医薬品ですので、副作用が報告されています。典型的なのが、めまい、立ちくらみ、背中の痛み、一時的な聴覚異常・視覚異常、吐き気、発汗、呼吸の乱れ、胸焼けなどです。

 

どれも軽度の症状で収まることがほとんどですが、もしこれらが長時間続いたり、悪化するようなことがあった場合には、直ちに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

メガリスの注意点

メガリスはインドのジェネリック医薬品ですが、あくまでインドの法律に沿って製造されているだけであり、日本では未承認薬として扱われます。だからといって日本国内で使用するのは違法だとか、グレーゾーンだとかにはなりません。しかし、信頼できる業者から本物を入手することが、他のED治療薬やそのジェネリック薬よりも重要なことになるのです。販売業者の中には粗悪品や偽造品を安く大量に売っているところもあります。購入する場合は、念入りにリサーチをして、信頼できる業者から購入をするようにしましょう。

 

シアリスのジェネリック、メガリス

インドの大手製薬会社マクローズ社により開発、販売されているメガリスは、血管の筋肉の収縮をやわらげ血流を促進することで勃起を起こりやすくするお薬です。

メガリスにはめまいや発汗などの副作用がありますが、いずれも軽度の症状で収まることがほとんどで、安心して服用することができます。メガリスを購入する際には、信頼できる業者を選び、偽物を購入しないようにしましょう。

コメントを残す