薬の輸入は安くて、安全!

海外で生産されているお薬を輸入して服用するというと、その安全性に対して不安を覚える人も多いことでしょう。しかし、個人輸入代行サービスを提供しているサイト等では、しっかりとお薬の安全性を確認した上でお薬を提供しています。また、お薬を輸入すれば日本国内よりも安くお薬を購入することができます。

 

保証された品質

海外から輸入されているお薬のほとんどは、WHO(世界保健機関)の国際基準を満たした工場で製造されており、成分検査もしっかりと行われています。そのため、海外で製造されているものでも、日本のものに劣らない高品質なお薬を輸入することができます。

また、輸入代行会社の中には輸入するお薬が、政府認証証明書、成分鑑定証明書を取得していることを確認しているところもあります。

政府認証証明書とは、FDA(食品医薬品局)などの政府機関が、当該工場で製造される輸出用当該医薬品の安全性・製品適格性を認めていることの証明、成分鑑定証明書は、政府認証機関が医薬品の有効成分が添付文書記載通りであることを認めていることの証明です。これらの証明書を取得しているお薬であれば、国際基準を満たしているということができ、安心して服用することができます。

 

インドからのお薬を輸入

海外から輸入されているお薬のほとんどはインドで製造されています。これはインドでは独自の法律が設定されていることにより、特許が満了になる前から多数のジェネリック医薬品が製造されているからです。

そのため、インドからお薬を輸入すれば、新薬と同じ効果を持ったお薬をいち早く安い価格で購入することができるのです。それらには、早漏・勃起薬などがあり、スーパータダライズなど日本では製造されていないお薬が多く含まれます。

インドには、アジャンタファーマ社やサン・ファーマシューティカル・インダストリーズなど、世界各国にお薬を輸入している大手製薬会社があり、高品質なお薬を提供しています。そのため、個人輸入代行サービスなどを利用して気軽に海外のお薬を輸入したいという人は、インドのお薬を検討してみるのもいいでしょう。

 

海外からの医薬品個人輸入は安全で簡単お得

以上で見てきたとおり、インドからのジェネリック医薬品の個人輸入は高品質で安価なお薬を、日本から購入することができる良い方法です。

個人輸入代行サービスのサイトは多数存在しますが、業者を選ぶ際には、注意して信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

コメントを残す