薬の個人輸入について

薬の個人輸入について

正規薬の問題点

普段、あなたはどうやって薬を入手しますか?

多くの方はコンビニで、薬局で処方箋を受け取るのでないでしょうか?

これらの治療薬は全て、厚生労働省に認可された治療薬です。これらの治療薬は、国によって成分や効果がしっかりとチェックされたお薬なので、安全性と信頼性が高いお薬と言えます。

しかしこのような正規薬が完璧かというと、そうではありません。例えば、世界には数多くの治療薬があり、今この瞬間にもより高い効果を持つ新薬が開発されています。しかし、その全てが正規薬として日本国内に流通していたり、または発売後すぐに入手可能になるわけではありません。

これは、日本国内での流通の前に、厚生労働省の審査を受ける必要があるからです。このプロセスは非常に長い時間がかかり、そしてまた厚生労働省が認可しない治療薬も多いのが実状です。

自分の症状に効く薬がすでに開発されているのに、それが日本国内では正規ルートで入手できない」という現状に困っている人がたくさんいます。

ジェネリック薬がすでに販売されているのに、日本では認可されていないために、先発薬に高いお金を支払わないといけない」という人も多々いるのです。

このようなギャップを埋める方法があります。それが薬の個人輸入です。

薬の個人輸入とは何か?

薬の個人輸入とは、読んで字のごとく海外から薬を輸入する方法です。海外には、より高い効果が認められているにも関わらず、日本ではまだ認可、販売のされていない薬がたくさんあります。このような薬を、日本国内にいながらにして入手する方法が薬の個人輸入です。

治療薬の安全性を疑問に思う方もいると思います。しかし、「海外で製造されている薬」イコール「危険」というのは少々短絡的な考え方です。あくまでも日本の厚生労働省に認可されていないというだけであって、治療薬自体はその製造国のガイドラインに沿って製造されているので、安全性に問題があるとは必ずしも言い切れません。

また、「輸入の料金がかかって高くつくのでは?」と思う人もいると思います。確かに、海外から日本に輸入する時には輸送量などのコストがかかります。また「日本語しか話せないし、海外の商慣習も知らないから、支払い等が心配」という人もいると思います。しかし、ここがポイントなのです。

つまり、このように海外から日本では未認可の薬を輸入して、国内の個人に販売するサービスをしている企業があるのです。このようなビジネスを「薬の個人輸入代行ビジネス」と呼び、海外から薬を一括で購入、輸入することでコストを下げ、それを日本国内の顧客に転送するサービスなのです。

このような薬の個人輸入代行ビジネスは、特に勃起不全に効くED薬、例えばバイアグラやシアリスなどでよく使われています。性のお悩みは非常にプライベートなことなので、医者に行くことをためらう人はたくさんいます。このような人たちが、薬の個人輸入代行のサービス使って、お薬を入手しているのです。

気をつけるべきこと

このようにメリットばかりに思える薬の個人輸入ですが、気をつけるべき点もあります。典型的なのが偽造薬です。これは本物の治療薬のような外見ながら、効果があまりない、または全くない、というものです。また、製造過程で安全ではない成分が使われている場合もあります。このような問題はあらかじめ避けるのは難しい問題です。

この問題を100%避けるのは不可能ですが、利用する薬の個人輸入代行業者の名前をインターネットで調べて、利用者の声やレビューを探してみましょう。ほとんどの、輸入代行業者はこのサービスをビジネスとして行なっているので、品質の確かではない薬を売っている場合は、ビジネスとしてやっていけません。

レビューを見て、高い評価を得ている業者を探して利用するようにすれば、このような問題を避けることができるでしょう。

コメントを残す