勃起薬に劣らない優れもの、ヒムコリンについて学ぼう!

ヒムコリンが天然素材の勃起促進ジェルな訳

天然素材の勃起を促すジェルと聞いて、半信半疑の人もいるはずです。ヒムコリンは、アユールヴェーダ療法に基づいてインドで製造されています。

性行為前に、陰茎部分にマッサージしながら塗り込んでいくことで、陰茎内の海綿体に外側より成分を吸収させていきます。*亀頭は避けます

塗布してから数分で効果を感じ始めることができ、即効性があります。

勃起力を復活させ、硬度を増大させます。副作用の心配もなく、性行為と食事のタイミングも気にしなくても良い勃起促進ジェルです。またヒムコリンは、早漏の方にも効果が期待できるといわれています。

 

ヒムコリンの成分

ジャコウアオイ

インドから古くから媚薬として利用されていた、アオイ科の植物です。勃起力を向上させ、性欲を高める効果があります。別名「ムスクマロウ」と呼ばれています。

強壮作用や催淫作用の他に、鎮痛作用と抗ストレス作用も期待できる成分です。

性欲を強く刺激し、血液の循環をよくする働きもあります。

 

スタッフツリークライミング

勃起力に必要な、ペニスの血行をよくする作用があります。陰茎の血流の流れを活発にし、陰茎の感受性神経を刺激する作用があります。

 

この他にもヒムコリンには、ラタカスチュリ・アーモンド・ニルゲンディなど他、6種類の天然成分が配合されています。

 

そしていよいよヒムコリンを・・・

セックスの前に陰茎部分に塗り込んでいきます。ヒムコリンの持続時間は、3時間が平均とされています。

ヒムコリンには、炎症作用はありませんが性病を防ぐ効果はありません。ヒムコリンを塗った後、コンドームを使用するのが良いとされます。

 

ところでヒムコリンの製造元であるヒマヤラ社とは?

高品質のアーユルヴェーダ薬品を製造する、世界的に有名なインドの会社です。

創業者はM.マナール氏で、4年の歳月をかけてヒマラヤ最初の薬剤である天然抗高血圧薬「セラピナ®」を開発しました。その後、科学者や薬草学者たちが、ハーブの研究を行なっており、現在では250種類ものハーブを使用し、様々なアーユルヴェーダーサプリメントを提供しています。

*アーユルヴェーダは中国医学とともに、世界三大伝統医療とされています。

コメントを残す