worried man sitting on the bed side

日本人男性の4人に1人は勃起不全: 勃起薬(ED治療薬)の基本情報

勃起不全に悩む男性は日本人男性の4人に1人

いつものようにベッドに入ったのに、セックスで思ったようにパートナーに愛情を伝えられないと感じたら、もしかしたら、あなたもED(勃起不全)を患っている可能性があります。
勃起不全とはED(Erectile Dysfunction)と呼ばれ、勃起機能が低下する症状です。勃起不全には、まったく勃起しないという重症な症状から、勃起に時間がかかってしまう、勃起してもすぐに萎えてしまう、勃起はするけと硬さが足りない、中折れしていまうなどの中軽度の症状があります。勃起不全は加齢と共に発症することが多くありますが、生活習慣の乱れやストレスなどの心理的要因から、近年では若い男性にも多くみらるようになりました。ある統計によると、日本人男性の4人に1人が勃起不全を患っているとされています。

 

勃起薬(ED治療薬)を服用してEDを改善することができる

勃起薬(ED治療薬)とは、勃起不全の症状を改善するために男性がセックスの前に服用することができるお薬です。代表的なお薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。
これらの勃起薬はPDE5(ホスホジエステラーゼ5阻害薬)という医薬品のクラスに属するお薬です。PDE5(ホスホジエステラーゼ5)は性交が終わり勃起が萎える時に体内で分泌される酵素です。勃起不全の男性は何らかの理由でPDE5がセックスしている途中に放出されていることがあります。また、PDE5を阻害すると、陰茎やその他の身体の特定の器官の血管を拡張するため、強い勃起を得ることが可能になります。
しかし、勃起薬は媚薬ではないので、性的刺激がないと効果をもたらしません。

 

勃起薬以外の治療法

勃起不全の治療法には、上記のようは勃起薬以外にも陰茎海綿体注射という治療法があります。これは男性器に直接注射を打って薬物を注入します。勃起薬で改善がみられなかったという男性でも、8割以上が効果を得ることができている有効性の高い治療法です。しかし、男性器に注射を打つことに対して抵抗のある男性が多く、最終的な手段として選ばれることがほとんどです。
注射も効果が見られない場合は、陰茎プロステーシス手術を行うことができます。
このような方法に比べると、ED治療薬を服用することは簡単で、手軽にEDを改善することができる方法です。ED治療薬の服用を決めたら、まずはクリニックが病院を受診して、医師に相談するようにしてください。

 

勃起薬(ED治療薬)の種類

勃起薬として、シルデナフィルを有効成分とするバイアグラが1998年に世界で初めて開発されアメリカで承認されました。
バルデナフィルを有効成分とするレビトラは2003年に欧米で承認された2番目に誕生したED薬です。バイアグラよりも即効性があり、食事の影響を受けにくいことから人気を得ました。
3番目に誕生したED治療薬はタダラフィルを有効成分とするシアリスです。24〜36時間もの長時間効果が持続することからウィークエンドピルとして親しまれているお薬です。これらのお薬は新薬で、後発医薬品であるジェネリック医薬品も販売されています。日本では2020年現在、バイアグラのジェネリック医薬品であるシルデナフィル錠のみが病院で処方されています。
レビトラとシアリスのジェネリック医薬品は、海外では販売されていますが、日本ではまだ承認されていません。
海外からのジェネリック医薬品の購入をご希望の方は、日本国内からでも個人輸入代行サービスの通販サイトを利用すると、国内のオンラインショッピングで購入しているように簡単にご注文することができます。その際には、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶようにしてください。

コメントを残す