バイアグラよりおすすめ?センフォースの概要を紹介

センフォースとは?

すでに多くの男性に使われている、ED治療薬の代名詞とも言えるバイアグラですが、ネックとなっているのはその価格です。一粒あたり1500円前後しますので、財布への負担が大きいことで悩んでいる人も多いと思います。

このコストの問題を解決するのが、バイアグラのジェネリック薬という選択肢です。ジェネリック薬とは後発薬とも呼ばれ、その名の通り先発薬の特許が切れた段階で発売されるお薬です。先発薬のノウハウをそのまま使えるので、開発コストや時間を大幅に短縮でき、また先発薬で蓄積されたデータも反映できるので、効能の面では先発薬にはない効果が加わっている場合があります。そして何より最大の特徴は価格の低さです。効能は同等、もしくは先発薬以上、そして価格は低い、ときたらジェネリック薬を選ばない理由はありません。

そしてバイアグラにもこのようなジェネリック薬があるのです。それがセンフォースと呼ばれるお薬です。

センフォースの特徴

センフォースには、バイアグラと同じように、有効成分としてシルデナフィルが含まれています。このシルデナフィルは、血液の流れを改善して勃起しやすい環境を整える働きがあります。あくまで「勃起しやすい環境を整える」という効果があるだけで「勃起そのものを自然に引き起こす」ということはありません。勃起が起きるには、性的刺激が必要なので、この点を忘れないようにしましょう。

商品ページはこちら

シルデナフィルの配合量

通常、日本で入手できるバイアグラのシルデナフィルの配合量は25mgか50mgです。これは身体の比較的小さい日本人に合わせたもので、海外では100mgのバイアグラが販売されています。基本的に他のバイアグラジェネリックであっても、シルデナフィルの配合量は100mgが上限となっています。

しかしセンフォースには、シルデナフィルの配合量が100mgを超えるもの、つまり120mg、150mg、200mgが存在しています。これはバイアグラにも他のジェネリック薬にも見られないセンフォースだけの特徴と言えます。

 

100mgを超えるセンフォースシルデナフィル 

さてここで、「そんなにシルデナフィルが必要なのか?」と疑問に思う方がいると思います。日本国内で承認されている上限は50mg、これはセンフォース200mgと比べると4分1です。身体への負担や、健康被害を心配する人がいても不思議ではありません。

健康に関してですが、センフォースはインドの製薬大手センチュリオン社が製造、販売をしているお薬です。センチュリオン社はセンフォース以外にも、男性機能に関するED薬を数多く製造している会社で、世界的な信頼を得ている会社です。これまで何か大きな健康被害を起こした、ということはセンチュリオン社にはありません。

100mgを超えるシルデナフィルですが、このような量のシルデナフィルを必要としている男性が実はいるのです。お薬というのは飲み続けていると身体が慣れてしまい、効果が出にくくなる場合があります。バイアグラも販売から20年以上が経過し、有効成分シルデナフィルに身体が慣れてしまい、100mgを服用しても効果を感じられなくなった、という男性が世界中にいます。シルデナフィルを100mg以上含むセンフォースは、まさにそのような男性にぴったりのお薬なのです。

 

バイアグラの効果を感じにくくなってきた、という方はぜひセンフォースを試してみましょう。

コメントを残す